アルメニア9日目 川沿い〜エレバンから南に33km地点 農道脇

 エレバンまでのルートで既に山岳地帯の核心部は越えたというか、むしろ1番厳しかったのアルメニア入国直後に出てきたメグリ峠だったので徐々に楽になってはいるのだ。

RIMG2858
 楽になった気がしない

 今日これから登る峠も標高でいったら1800mに満たない高さで大分マシ。にもかかわらず日を追うごとに大変な気がしてるのは疲労の蓄積の方が大きいからなのだろな。

RIMG2859
 まだこの国ほとんど登りと下りしか走ってない

RIMG2864
 そんなこと思いつつ走行開始

 首都も近づき徐々に交通量が増えてきたのが地味に嫌だ。アルメニアのドライバーはクラックション鳴らさないし紳士的な運転する人が多いのだけど、ごく稀に自分が神と勘違いしてるかのような運転するアホが出てくるのも事実なので。

RIMG2860
 側道が無い道だし気をつけねば

 北へと進んでいるので理屈では寒くなっていくはずなのだが、季節の巡りの方が早いのか気温の上昇に伴う発汗がすごい。フルパッキンでの上り坂において最大の難敵は「斜度」なのだけど、そこをクリアしてる場合は「暑さ」が次の課題になると私は思っている。

 長時間暑い中を登っていると発汗が多過ぎて足が吊ったりエネルギー切れでハンガーノック引き起こしたりと悪影響が出るのだが、外国の田舎は下手すると道中全然補給できる場所がなかったりするのが怖い。アルメニアの場合水だけはどこにでもあるけど。

RIMG2868
 でも水や荷物増やすと重くて大変

 常に行動食や予備の食材は携行しているが、今日みたいな「そこまで大変じゃなさそうな峠」だとその辺の備えが疎かになりやすい。油断は禁物というが、どんな状況にも万全の状態で赴いてるワケじゃ無いからなぁ。

RIMG2865
 結局山頂まで午前中いっぱいかかった

 見立て通りそこまで厳しくはなかったのだが、この峠が嫌らしかったのはここからで下り坂に入って「あとは気楽なダウンヒルだ〜」というところからまさかの登り返しで隠れピークに登らせるパターンを2度もお出しされた。こういう坂は気持ちを入れ直す必要があるので見た目以上にしんどいんよ。

RIMG2867
 あ〜疲れた

RIMG2870
 よしよし今度こそちゃんとダウンヒルだな

RIMG2872
 飛び込みゲート?

 地図で見るとこの辺にごく小さなアゼルバイジャンの飛び地があったりして気になっていたが、その場所に気づくことすらなく一気に駆け下りてエラスフの町。アゼルバイジャン・トルコとの国境に近い町なのだけど、アルメニアはこの2カ国と国境を通してないので他国に近くて遠い町。

RIMG2876
 トルコとも仲悪い国なのは

RIMG2880
 主にこのアララト山が原因と聞いた

 アルメニアの最大手ビールがアララトビールであり、なんならこの辺はアララト県だと町の名前もアララトの町。そもそもキリスト教を国境としているアルメニアにおいて、ノアの箱舟の物語で舞台となったとされるアララト山は領地以上に精神的にも重要な山だったのだろう。

RIMG2877
 今はトルコ領なんですよこれが

 そうすると「トルコ憎し」の感情が強い国なのだろうということが想像できる。西はトルコ、東は数ヶ月前にナゴルノカラバフを侵略したアゼルバイジャンとなかなか受難の多い国だ。

RIMG2881
 ここで一気に平坦路に変わった

 アララトの町から少々離れた場所に修道院があるそうなので寄り道してみようかとローカル道へ。この道が本当にローカルで言ってしまえば単なる農道だった。トラクターの轍あとを乗り越えながら進むガタガタ未舗装路って久しぶりだな。

RIMG2883
 この辺で終了しても良かったけど

RIMG2886
 もうちょっとだけ進んだ

 身体ベトベトだったので水場を探してフラフラ進み、修道院の手前まで来たところに上手いことレストエリアを発見する。中にいた宴会してるグループにここでキャンプしても良いのか?と確認したら「ノープロブレム!」と元気よく答えられたので一緒になってウォッカ飲まされつつ食事してた。

RIMG2889
 してたのだけど

 最後になって「ここではキャンプできないから他の場所行け」って言ってくるのは勘弁してほしい。仕方ないので自転車押して近くの農地へと入り込み、小高い丘の上にテント張って終了とした。もうお腹いっぱいだったのと飲み過ぎてフラフラのためそのままダウン。

RIMG2890
 疲れた 

 アルメニアではこんな感じにパーティ参加させてもらえること多くて嬉しいのだけど、毎回「おいおい」となる出来事が起きてる気もするな。難しい。

 2024年4月29日(月) 走行距離77km 累計150248km