アルメニア10日目 農道脇〜アルメニア首都 エレバンの町

 厳しい山岳地帯が続いたが、ここから首都エレバンまでは平坦基調の楽な道が続く。つまり今日は既にウィニングランの気分であり実に気楽。

RIMG2892
 とりあえず目を覚まして

RIMG2891
 朝食で昨日食べなかったヒンカリを頂く

 正確にはジョージアの国民食として人気の食べ物らしいがアルメニアでも普通に販売されてたので試してみた次第。作り方も知らなかったので半分は茹でヒンカリに、もう半分は揚げヒンカリにして食す。個人的には揚げたほうが好きな味だった。

RIMG2894
 そんな感じで最寄りの修道院へ

 ここホル・ヴィラップ修道院には既に朝から多くの車両が並んでおり人気が高いことを思わせる。昨日地図眺めてて思い立ったから寄ってみた・・・という私みたいな人間でも立ち寄りやすい立地なのが要因か。

RIMG2896
 そんなレベルなので何にも情報調べてない

RIMG2898
 やたら鳩が多い建物だなと思っていたら普通に鶏小屋が

 小高い丘の中腹に建てられている修道院で、山頂にはアルメニアの国旗が掲げられそこからアララト山がよく見える。アルメニア人がどのような気持ちでここから山を眺めているのかと想像すると複雑な気持ちになるが、皆さん山をバックにポーズ決めて楽しそうだな。

RIMG2900
 そんなナショナリズム強い人ばかりじゃないか

RIMG2901
 まぁ観光地だし 

 見学終えて本格的な走行開始。これまで走ってた国道2号線は幹線道路で交通量が増えた割に側道がなく危ないので、並行して伸びてるH8号線という道路で進むことに。

RIMG2904
 町中での走行だけどそれでもこちらの方が安全

RIMG2908
 これはワクワクするアーチだ 

 平坦路の走行だと歌ったものの、実際には緩やかな上り坂が続く道。これまでのアルメニアの道と比較すれば坂など無いも同然の楽な行程ではあるが、首都に入って交通量は激増したし充分な余裕を持って行動したい。

RIMG2910
 早いとこ宿にチェックインしてしまおう

RIMG2911
 この近くがエレバンの中心部かな?

 予約していた宿がまさかの階段使った上にある立地で無茶苦茶苦労した。民家の中にある普通の1軒家を宿泊施設に流用しているタイプの宿で、宿泊客の7割がロシア人という極端な構成。そういやセルビアとかでもこんな感じの宿に泊まったな。

RIMG2913
 オーブン使えたので夕食はオーブン料理で済ます

 他に日本人の宿泊客が複数いたのだが、典型的な猥談オヤジで助平話を永遠としていた。それは別に構わないのだが、そのオッさんが私と同じ歳だったことに衝撃。

 とにかく疲れているのでエレバンではしっかり休息取りたいと思う。休むことも大事な旅行の一部です。

 2024年4月30日(火) 走行距離46km 累計150294km