インド3日目 デリーの町

 明らかに空気が悪いと感じる巨大都市デリー。3日目にしてもう喉の奥にが違和感というかイガイガしており排ガス強すぎるのが原因では!?と思っている。

 昨日丸1日かけてsimカードの入手に失敗してるため延泊申請して再チャレンジ。馬鹿らしいという気持ちがある反面、ここ数日の狂ったような気温も今日を境に落ち着き始めるとのことで、ヤバいタイミングを外して走行できるという意味で正解だったのだ!・・・と思いたい。

RIMG3428
 それでも外出時の気温38度超えてたが

 これで「あ、今日はちょっと凌ぎやすい」と感じる程度に身体は順化してきている模様。ニュースだと昨日デリーの一部で最高気温49.9度を記録したとか出ており本当に意味わからん暑さのインド。

 炎天下を歩いて昨日訪れたAirtelショップへ入店す。言われた通りに2人分の電話番号を持ってきた私に対し店員は「インドのIDが無いと手続きできないわ」とか言い出しおった。面倒臭いから適当なこと言ってるんだろうなぁと思う。そうでなければ昨日宿で出会ったイタリア人サイクリストはどうやってsimカード入手したんだよ!・・・という理屈。

 こうした自分のキャパを超えて対応できないとか調べるの面倒臭い要件を、その場凌ぎの適当なこと言って誤魔化すというのは途上国でよくある光景。私はアフリカで散々このパターン体験してるし「インドという国はその程度」と思ってる節があるのでそこまで怒りはしないのだけど、とはいえ困りはしているぞ。

RIMG3430
 ということで

 インドの電話会社で第2のシェアを持っているVodafoneのショップへ行ってみることにした。個人的に電話会社は何処でも構わないのだが、近くにあるショップがAirtelしかなかったので。直線距離で5kmの距離にあるVodafoneショップまで歩いて行くのは流石にキツい。

RIMG3436
 気温45度だし道路は危ないし

 ということで宿に戻ってロシナンテ号を引っ張り出し日中のデリーを走行する。こんな環境だけどインドは私の他にも多くの地元民が自転車や3輪車使って町中移動しており、自転車自体は割と真っ当な移動方法として認知されてる印象だ。

RIMG3434
 どちらにしてもクラクッション地獄だけど

 例えばジョージアの100倍くらいクラックション鳴らしまくるインドだけど、このレベルになると本来用途ではなくあらゆる事象に対してクラックション鳴らしており、自転車に対してのみ邪魔だからどけ!みたいな車両がいるわけでもない。

 要するに全方面へ自分勝手に無茶苦茶やってるだけであり、私もそれが分かるからかあんまりドライバーとかに対して腹立つことはないのが不思議だ。インド人ドライバーに怒っても無駄だと気持ち割り切れているのかもしれない。

RIMG3432
 ということで暑い中来てみると

 何でAirtelの看板が掲げてあるんだよ・・・。近くの人に聞いてみたところ、ここのVodafoneショップが潰れてその後にAirtelショップが入ったんだ!とのこと。

 もう何もかも忘れて引き返そうとも思ったが、せっかく来たのでとりあえず入店しsimカード契約できないか聞いてみる。すると言われたのが「パスポートとワンタイムパスワードを受け取る電話番号があれば契約できるよ」とのこと。本当にインドは・・・

 昨日電話番号と共にWhatsApp(海外版LINEみたいなアプリ)の連絡先交換していたニコロに協力してもらい、店員が打ち込んでくれたデータを元にして1時間後には契約完了した。上手くいったからこれ以上文句言いませんよ私。

RIMG3435
 あ〜疲れた

 戻った宿の本棚に地球の歩き方があったのでパラパラ読んでみたのだが、デリーの観光特集ページとかあって驚いた。こんな暑くて臭くて汚い町にそんな観光需要があるのかと。酷いこと言うね。

 自転車で来るべきじゃない町ではある

RIMG3438
 食堂普通に水が置かれてるのだけど未だ警戒して飲んでない

RIMG3437
 その割に屋台ジュース飲んでるのだけど 

 昨夜ラダックまでバス使って移動して行ったニコロは実に賢いサイクリストだと思う。私は賢くないので明日よりまずデリー脱出するところからスタートです。

 2024年5月30日(木) 走行距離13km 累計151240km