ソーラーフロンティアの軌跡

ソーラーフロンティアの軌跡

太陽光発電を設置するまでの軌跡。日々の発電量。月々の電気代などなど。 平成23年4月14日木曜日 発電開始。

システム設定 真東3.06KW・真西3.06KW
設置レイアウト SC85-RT-A 真東36枚・真西36枚
屋根の形状 切り妻
オール電化 ダイキン工業のエコキュート使用
太陽光発電について少し勉強してみると、ちょっと面白かったのと、ソーラーフロンティアのパネルを設置している家が少なく、それゆえにソーラーフロンティアのブログも少なかったので始めようと思い、ブログを始めました。
ソーラーフロンティアを設置して20年後に、これでよかったと思えるように。

その後

余剰電力配線にすれば、もしかしたらと考えていましたが、問い合わせをして確認すると、駄目でした。

とにかく、分譲案件は厳しく取り締まっています。


21円案件について

締め切りは過ぎましたが、21円案件はどれくらいの認定が降りるのかなと思います。

今後がどのように再生エネルギーが動くか。

迷走中の感じが受けますので、冷静に対応できるように勉強が必要かと思います。

業者いわく来年度が最終ではないかと思っているようです。

以前も書きましたが、部材がこれ以上下がることはないと判断されているので、新規で事業とされる方は来年度がラストイヤーになるようです。

融資なくキャッシュでされるのであれば、安い土地と好条件の日照であれば事業拡大は可能でしょう。

出来る人と出来ない人と差がはっきりと分かれると思います。

私自身21円案件は2件申請しており、認定が降りてほしいと思っていますので、祈るばかりです。

話変わって、みなさんに質問があるのですが、

余剰電力買取は10kw未満ですが、同一敷地内の野立てで太陽光を複数設置は可能だと思いますか?

例えば、1000㎡の土地にパネル15kwでパワコン9.9kwを一セットと考えて、それを7セット設置が可能か?

余剰電力買取は単価が高く10年で融資返済して、買取も終わりますが、その後は単価はわからないが、全部収入として入るわけなので、もし可能であれば結構採算の合う方法かと思っています。

業者の方に相談しても、考えたことはなかったと言われて答えは出ていないです。

この方法が可能であれば、面白いですがそれによってどの程度の規制が入るかどうかが、大問題です。

よければ、みなさんの考えを教えていただきたいと思います。

よろしくお願いします。

不備のメールが

不備のメールが届きました。

まず、祖父の土地に申請していた案件は、分譲案件とみなされ諦めました。

もう一つは不足資料を業者に持って行って、本日手渡しして認定は大丈夫と言っていただけました。

ですので、太陽光発電システムは27円一基と21円二基の三基の設置予定となりました。

来年度の話をしてきました。売電価格は、19円か18円。そして、太陽光発電システムの販売価格ですが、値段は下がるようですが、業者の利益幅を狭くするようです。

もう、太陽光発電システムの部材値が下がるのは難しいそうです。現状が底値らしいです。

世界を見ると、日本より中国や中東が太陽光発電に積極的なので、そこに供給しているので、無理に日本で販売する必要がない。そのため、値段を下げる必要がない。下がらない。

利益幅を下げる理由として、購入側に立つと、やはり融資して購入する場合が多いので、融資を受けやすいように、ある程度の利回りを確保する必要があるので、どうしても利回りを下げては販売できないそうです。

18円でも商売は出来ると言っていたので、安い土地が見つかれば面白いです。

あと、四国電力管内でみると出力抑制についてですが、太陽光の出力抑制ですが、5番目に該当するので、そんなに気にする必要がないと考えているようです。

あっても、5月が濃厚だと思いますが、一か月発電量がなかっても資金繰りがうまくいくのであれば、する価値があると考えます。

いろいろと考えながらすることが増えたので、楽しみです。

あと、予定の三基ですが、すべて違う業者なので、そのへんも楽しみです。また、そのスペックは確定すれば公表します。

2018年

新年あけましておめでとうございます。

久しぶりブログです。

ブログを更新していないのに、いつも数人の方が訪れて見ていただいているので、ビックリと感謝です。

去年は、21円案件を3件申請しました。ただ、経済産業省の受理がまだです。

あと、27円案件の変更届を出して受理してくれたのですが、パネル枚数に間違いがあったので、再度変更届を提出中です。

ですので、今年計4件が全て発電できればOKかと考えています。

あと、面白い申請方法があるのですが、詳細がわかっていません。一応その案件を紹介してもらえるようにお願いはしましたが、どうなるかはわかりません。

その面白い案件は、同じ番地に低圧が二基設置できる方法です。実際に可動しているので方法としては現状の法律に適合しているようです。

あと、来年度の売電価格は18円が濃厚らしいですが、19円ぐらいになってほしいです。

18円でもある企業は大丈夫と言っていましたが、当然利回りは下がるでしょう。しかし、大手企業は大丈夫でしょうが、中小企業は相当やり繰りが難しいかと思います。また、倒産が増えるような。

土地代金がどこまで下がるかによりますね。あと、連係費用もなんか高くなったような気がしています。

ただ、まだ太陽光の熱は下がることはないかと思います。18円案件でもいい土地といい太陽光発電システムが出てくれば、チャレンジはしたいと思っています。

ブログも少しですが、更新はしていこうと思っています。

本年もよろしくお願いいたします。

台風が来ました

本日は西日本は雨だったでしょう。風が強かったので、その中太陽光発電システムを見に行ってきました。

かなり風が強かったのですが、パネルが飛ばされることなく微動だにせず。竜巻以外は大丈夫だろうと確認が出来ました。

太陽光発電システムで怖いのが、雷・風・洪水と自然災害ですが、雷は回避は難しいかと思います。風・洪水は立地場所によって対応できます。

一号基・二号基と近隣に家がありますので、発電量については影の影響が出ますが、そのかわりに風の影響を弱めてくれるメリットがあると実感しました。

また、北風が長時間強く吹けばパネルに影響が出てくると思いますが、なかなかそんなことは起こらないだろうと思います。台風について今まではかなりナーバスに考えていましたが、今日実際に見るといろいろと実感したことが多かったので、今後に生かせればと思います。

やっぱり現場を見て確認することで、すっきりすることが多くあります。目で見て確認することの大事さを実感しました。
ケーズデンキ
TSUTAYA
好きな映画

ダークナイト [Blu-ray]

新品価格
¥1,609から
(2011/6/15 11:25時点)

livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
ご協力よろしくお願いします
人気ブログランキングへ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

日本村ブログ
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ