ソーラーフロンティアの軌跡

ソーラーフロンティアの軌跡

太陽光発電を設置するまでの軌跡。日々の発電量。月々の電気代などなど。 平成23年4月14日木曜日 発電開始。

システム設定 真東3.06KW・真西3.06KW
設置レイアウト SC85-RT-A 真東36枚・真西36枚
屋根の形状 切り妻
オール電化 ダイキン工業のエコキュート使用
太陽光発電について少し勉強してみると、ちょっと面白かったのと、ソーラーフロンティアのパネルを設置している家が少なく、それゆえにソーラーフロンティアのブログも少なかったので始めようと思い、ブログを始めました。
ソーラーフロンティアを設置して20年後に、これでよかったと思えるように。

消費税について

消費税ですが、太陽光については還付が大半を占めているのではないかと思います。

また、年間の売電収入が税込み1000万円以上であれば、課税事業者となり消費税を納めなければなりません。

そのため、法人を作られる方がおられます。

私も、順調にいけば、課税事業者になる可能性が出てきたので、どうすべきか悩みました。

知り合いの税理士さんに質問すると、即答で、「消費税払ったらいいやん。」と言われました。

即答だったので、課税事業者になれば、払っていこうと思います。ある手続きをすれば、3割ぐらいでいいそうです。

やはり、法人のデメリットが多いのが原因かと思いますが、人それぞれなので、私もいろいろ勉強しなければなりません。

還付の為に課税事業者でありますが、その後どうなるやら。

やっと 完成

こくふ














こくふ2















やっと完成しました。いろいろあった、三号基です。

すべては、ここから始まったと思います。元々は、32円案件でエコスタイルさんにお願いしましたが、申請が出来ておらず、27円で申請しました。一号基二号基の申請も同じくしました。その時に格安の太陽光システムだったのですが、土地のわりにあまりにも、小さいので、当時は過積載が出てきたころなので、どうしようか迷っていました。

過積載するかどうか。迷っていたところ、いろいろと規制が出てきたので、結局過積載対応のパワコンで過積載に変更しました。ぎりぎりでした。

76.8kwのパネルです。パワコンは46.4kwととなります。パワコンは元々、5.8kwを8台設置登録していましたが、過積載対応ではないので、5.5kw×2台 5.9kw×6台に変更しました。メーカーはパネルはCSUNソーラー、パワコンはデルタ電子です。

今現在エコスタイルさんはフェンスを無料で設置してくれるのですが、思っていた以上に、しっかりとしたフェンスなので、いい土地が見つかったら、エコスタイルさんにお願いしようと思っています。

ただ、なかなか土地がないので、困っています。18円も申請期限が決まったので、どうなるかわからないです。なんとか土地を見つけてみたいと思います。

台風ではなにもなく、ほっとしました。連系は今月末か来月のあたまかと思います。

やるしかないです。

現状は

現状は、いろいろと動いています。

というよりか、動いていたことが、いろいろと結果として表れてきています。

三号基は、24日予知設置予定、9月末連系予定となりました。また、五号基は、9月に農地転用が可能になり、10月には連系かと思います。

これで、現状の申請した太陽光の設置は完了です。

18円案件用の土地を探していますが、なかなかいい土地がありません。そのなか、土地付き太陽光を販売している業者を見つけることが出来たので、問い合わせをして資料を見ました。

納得出来ましたので、初の県外の野立て太陽光を購入する予定となっています。県外といっても高知県です。

来年の夏ごろが連系かと思われます。

税理士さんと話す機会があったので、いろいろと今後の話をしたのですが、そもそも野立て太陽光を投資物件と見た場合、表面利回りが10%という商品はそもそもないと言っていました。金持ちから言うと、もっと欲しい物件だと言うことです。ただ、不動産産業と比べると歴史が浅いので、まだ資金が流れてきていないだけであって、本格的に流れてきたら、野立て太陽光の値段はもっと上がる可能性があります。

去年までは不動産業界は、結構いいように言われていますが、銀行の融資が難しくなってきているなど、今年になってからは厳しい状況かと思います。その余ったお金が太陽光に流れる可能性はあるかと。

銀行さんも不動産融資が難しいので、太陽光融資が去年よりしやすいかもしれません。去年融資を断られた方でも、今年はいけるかもしれません。本当に担当者が替われば、時代が変われば融資の実行も変わります。

今年と来年が最後の動きどころだと思います。あとは、現金をためて、中古を購入するしかないかも。

第二種電気工事士の試験ですが、筆記は合格しましたが、実技は残念ながら、不合格でした。だた単に実技の練習が出来ないので悩みます。下期を受験しなくても、またいつかは受験して太陽光をいじれるようになりたいと考えています。

あと、四号基ですが、7月の発電量はシミュレーション値以上ですが、7月は天候が良かったので当たり前といえば当たり前です。ただ、業者から頂いたシミュレーション値はいい方の値なので、シミュレーション値に届かない場合が多々あると思います。まあ、年間での発電量がなんとかシミュレーション値-10%で収まってほしいと思います。どうしても影の影響が大きいので、今後は影の影響を最小限に抑えれる機器を購入して、設置出来ればと考えています。

今後は新規購入もほしいですが、維持管理も重要なので、いろいろな角度から情報を見ていきたいと思います。

まじか。

思わず、まじか、と思った記事です。
https://www.cnn.co.jp/usa/35123905.html

除草剤のラウンドアップに発がん性物質があって、癌を発症してしまったので、賠償責任裁判の記事です。

これが世界に認められると、今後の除草作業も大きな問題になるかもしれません。

また、蓄電池においても、http://shouene94.blog.fc2.com/blog-entry-802.html

この方のブログに書かれているように、価格に影響が出てきたりしています。

また、蓄電池は現状はリチウムイオン電池が主役ですが、実は燃料電池にも勝機があるかもとの記事もあります。http://diamond.jp/articles/-/174962

どうあれこうあれ、見守るしかないわけで、いいものをしっかり提供してくれる業者を見分けるのが、重要だと思います。

今回の豪雨で学ぶべきもの

http://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/oshirase/2018/07/300709.html

上記サイトにて、水没した太陽電池発電設備による感電防止についてのお願いが書いてあります。

この度の豪雨で、太陽光発電システムの弱点が出てきたと思います。

また、山の斜面に設置した太陽光システムが崩れ落ちた。と記事がありました。
https://www.kobe-np.co.jp/news/himeji/201807/0011442893.shtml

太陽光システムも無理に設置すれば、「何かが起こる」が実際になってしまった事例です。

太陽光発電システムのいいところは、土地の有効利用だと思います。なにも価値のない土地が、太陽光発電システムが設置できる場所であれば、価値が生まれて、売買され、発電ができる。

むやみに設置すれば、何かが起こる可能性があると言うことが、証明されたように思います。

ただ、これからいろいろと考えて、ルールを作ればいいことだと思います。太陽光発電システムはいいものだと思っていますので、少しずついろいろ修正していけばいいだけのこと。

私も発電事業者として、安全管理の勉強はしていかなければいけないと思った次第です。

あと、やっと五号基の認定が出ました。来月が農業委員会がありますので、提出して、10月頃に連係かと思われます。

あとは、出来れば信販で一基手に入ればと考えています。信販の理由は、繰り上げ返済が無料というメリットがありますので、これを利用したいと考えています。購入できればの話ですが。

土地探しもしています。どのように転ぶか。

ケーズデンキ
TSUTAYA
好きな映画

ダークナイト [Blu-ray]

新品価格
¥1,609から
(2011/6/15 11:25時点)

プロフィール

たまじろう

記事検索
QRコード
QRコード
ご協力よろしくお願いします
人気ブログランキングへ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

日本村ブログ
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ