マンボウの図書室

ちょくるという名義でポケモンのシングルをメインにやっています。 対戦オフなどで使用した構築記事などを書き留めていくブログです。 Twitter→@tL_Pc

初めまして

ちょくるという名義でポケモンバトルに関するブログを書かせていただいております。
当ブログでは主に、オフラインの大会(以下オフ)やレーティングバトルで使用した構築とその対戦結果(メイン)、ポケモンに関すること以外の雑記、身内ネタを少し盛り込んだクソ記事等を書いています。

また、私が主催するシングルバトルのオフ、「ちょくおふ」の管理ページも当ブログに記載しておりますので、興味を持たれた方は是非参加申請していただければと思います。



○私について○

Twitter→@tL_Pc

3値を知って本格的に対戦をするようになったのはBWからです。オフもこの頃から参加するようになりました。好きなポケモンはブログのタイトルにもあるようにママンボウが好きです。昔はしょっちゅう使っていましたが、世代が移るごとに環境に適さなくなってしまっているので、最近はかなり控えめに使用しています。
対戦ルールはシングルがメインですが、他のルールも全て一通りやっております。特に、2017年はWCSルールにも力を入れてやっていく方針です。


主な実績(オフ)

第29回シングル厨のつどいオフ ベスト16
第2回真皇杯関西予選1 ベスト8
第2回真皇杯北陸予選   ベスト8
harvest 4th ベスト8
harvest 6th 優勝
第9回関西シングルFESTA ベスト32 

他入賞多数



お恥ずかしいことにレーティングでの実績は皆無です。最高レートは、BWで1820、XYで2010、ORASで2070程度です。サンムーンではどのルールでも良いから上位を目指せるように頑張っていきたいです。


当記事を読んで、このブログに少しでも興味を持っていただけたら幸いです。



このオフの前の週にあった大阪のオフ、ジェネレーションオフとBattle Spot Singlesで惨敗し、サンムーンで残り参加できるオフがもうほとんどないことに気づき、本気で予選抜けを目指すべくレーティング最終シーズンへの調整も兼ねてJPNOPENに参加した。

元々の並び(BSS時点での並び)はバシャーモがバトンを採用したメガ枠、ギャラドスとカプ・コケコがそれぞれパルシェンとクレセリアだった。しかし、アシレーヌのような高火力の水タイプにまともに打点を持っているポケモンがおらず不利対面しただけで展開が圧倒的に苦しくなってしまうことや、相手の初手のカバルドン展開に対してもキチンとした解答を持っていなかったことから、これらの反省点を踏まえてかつ変更前のポケモンが役割を持つ相手のポケモンに薄くならないようにパーティを調整した結果、上の画像のような構築となった。

当日の結果は予選7-2で1位抜け、決勝トーナメント2回戦負けでベスト16であった。

目標とした予選抜けは達成できたが、所々怪しい立ち回りで勝利した対戦も多く、まだまだ課題は多く残っているのでさらなる調整が必要となっている。


以下個別解説
(メガシンカするポケモンはメガシンカ後の実数値で記載)




控えめ@アクZ
特性:ふゆう
167-×-110-194-111-150
悪の波動、挑発、羽休め、身代わり

カバルドン展開に対する駒①
元々はスカーフで採用していたが、このポケモンが上から攻撃できることによるメリットをあまり感じられなく、スカーフは持たせるなら他のポケモンに持たせた方が強いと考えた。他の型を探した結果、カラーさんが使用していた以下の記事に記載されているものにたどり着いた。

相手の展開を阻害できるのももちろんだが、アクZの火力がとにかく強力で、有利な対面で身代わりを押すだけで相手のポケモンをどれか一体倒せるほど一貫が取りやすく、型を想定されていても動かしやすいポケモンであると感じた。




陽気@メタグロスナイト
特性:クリアボディ→かたいツメ
175-184-170-×-130-171
アイアンヘッド、思念の頭突き、冷凍パンチ、バレットパンチ

構築の軸であり、相手のテテフやボーマンダ等を倒す枠。4つ目の技の枠に悩んだが、ミミッキュに少しでも隙を見せないためにバレットパンチを選択した。雷パンチや地震を撃ちたい場面も多いので、ここは要検討。思念の頭突きを切る選択肢も考えられるが、相手のテテフと対面した際に裏から出て来やすい炎や水ポケモンに対して圧力をかけやすいのと、フシギバナに対する遂行速度を速めたいという理由があって当日まで変えずに使用していた。




うっかりや@クサZ
特性:かそく
155-147-90-176-81-128
飛び膝蹴り、大文字、ソーラービーム、守る

改善前の並びとしての課題として
・相手の水ポケモンに対する打点が少ない
・ギルガルドに対する打点も少なく、バシャーモですらキングシールドの択が面倒になる
というものがあったのでそれを両方とも解消すべく、クサZを採用した両刀バシャーモに変更した。カバルドン展開に対する駒②
炎技の枠が微妙で、今回は負担をかけやすい大文字にしたが、大文字とオーバーヒートでは倒せるようになるポケモンが大きく変わる。しかし、オーバーヒートを撃ってCが下がった状態で水ポケモンに引かれて対面しては本末転倒である。火炎放射では命中安定はするものの相手のメガメタグロスを落とせなくなるので、ここの枠は慎重に検討しなければならない。
また、Sに補正をかけてないために1回の加速でメガゲンガーやコケコの上を取ることができない。するとこれらの特殊技の方が受けざるを得ない回数が多いので性格はうっかりやではなくおっとりの方が良いと感じた。




控えめ@拘り眼鏡
特性:サイコメイカー
159-×-116-176-136-135
サイコキネシス、ムーンフォース、シャドーボール、サイコショック

元々はメガバシャーモでバトンしてこのポケモンに繋いでスイープするための役割だったのだが、バシャーモの型を変更したのにも関わらずそのまま残してしまった。このポケモンにスカーフを持たせても良かったのだが、どうしても舞ったギャラドスを上から倒しに行きたかったので後述するコケコに持たせた。一応ポリゴン2などに対して出していくが、それ以外で一貫をとって倒していくことも出来ず、何よりも電気の一貫が酷いのでここの枠はおとなしく地面のポケモンに変えておくべきだった。




陽気@ギャラドスナイト
特性:いかく→かみくだく
171-207-129-×-150-146
滝登り、氷の牙、噛み砕く、龍の舞

相手の構築が水の一貫を水で切っている場合、バシャーモで相手の水ポケモンを突破してから、このポケモンで詰めていく。挑発、身代わり等の補助技を入れても良かったが、メインウェポンとなる滝登り、ボーマンダ等のドラゴンに打点を持てる氷の牙、2つ目のメインウェポンとしてギルガルドやクレセリア等を倒しやすい噛み砕く、どれも切りにくかったので全て採用した3W構成となった。




陽気@拘りスカーフ
特性:エレキメイカー
145-167-105-104-95-200
ワイルドボルト、ブレイブバード、蜻蛉帰り、ボルトチェンジ

相手にゲッコウガが見えたら大体初手に投げる。主にギャラドスを始めとする積みエースを止めに行くために物理のスカーフコケコを採用した。
一応相手の水ポケモンに対して打点を増やす駒としても採用しているのだが、持ち物が持ち物なだけに安定せず、水ポケモンの処理はほとんどバシャーモに任せっきりなので、ゲッコウガと積みアタッカーを止めに行くだけならもう少し良いポケモンが他にいるかもしれない。







今回オフに持って行く構築として強くメタを貼った部分もあったが、今後レートで使用していくにはまだ全然完成しきれていない気がするのでじっくり調整を重ねて煮詰めていきたい。

じゃぱんさんを始めとするJPNOPENの運営の皆様や、当日対戦していただいた方々、そしてこの記事を最後まで読んでいただいた方、本当にありがとうございました。
何かありましたら@tL_Pcまで。


(誰か形にしてくださいの意)

シングルでのトノルンパはORASのときから考えていた。優秀な技範囲に加え、7世代から追加されたZワザにより抜き性能、あるいはスイーパーとしての性能が上がり、さらに6世代で苦手としていたポケモンが減り(主にファイアロー)、水の一貫も取りやすさもまだそれなりにあるため選出率に伴う勝率も悪くはなかった。
しかし、それでもまだもとの数値の不足感が否めなく、カビゴンなどに数値で粘り負ける、波乗りでは足りずにハイドロポンプを撃たざるを得ない状況が多い、最速のスカーフサザンドラ以上のSを持つポケモンに雨下でも上をとられるなど、見た目上は有利でも苦しい展開になる対戦が多くレートで使用するにはかなり限界を感じた。
今後再び使用する上での課題を考えるならば
・別のポケモンのサポートによるルンパッパの抜き性能の上げる方法がないか
・少し耐久に振るなどして今よりも安定した別の配分や技構成がないか
この辺りを考えていくべきだろうか。


個別解説

図太い@しめったいわ
特性:あめふらし
197-×-139-110-121-90
熱湯、冷凍ビーム、滅びの歌、守る

バトン系統やオニゴーリ入り等に対して滅びを撃つためにピン選出をするときに、脱出ボタンが邪魔になるのを嫌ってしめったいわを持たせている。そもそもルンパッパ自体が、脱出ボタンから即繋いで圧力をかけるようなポケモンではないため、持ち物に関してはこっちで十分であると感じた。冷凍ビームの枠は毒々との選択に悩む。ガブリアスの遂行速度を早めたり、カイリューやボーマンダに対して隙を出来るだけ見せないために冷凍ビームを採用しているが、ポリゴン2への打点がパーティ全体で薄いのでBに振り切らず、B<Dを意識した調整にして毒々を採用した型も大いに考えられる。 



控えめ@ミズZ
特性:すいすい
155-×-91-156-120-122
ハイドロポンプ、ギガドレイン、冷凍ビーム、波乗り

技範囲の広さによる出しやすさを考えてルンパッパを採用した。上記でも述べたが、正直数値の足りなさが出過ぎてて珠を持たせたいところだが、それだと一撃で倒せるポケモンがかなり減ってしまう。スイーパーとして使うなら珠、相手のポケモンを1.5体ずつ倒すことを目標にするならZといったところだろうか。
また波乗りの枠を身代わりにするのも一考である。理由としては
・不意打ち、相手の耐久ポケモンが撃つ毒々やミラーコート等のすかし
・バシャーモの守るに合わせる
・死に出しのカバルドン対してほぼ安定する
といったものが挙げられる。ただし、波乗りを抜くと安定性が落ちるので、「もともと火力がなくてハイドロポンプを撃たざるを得ない場面が多いから、それなら身代わりを採用したほうがまだ便利」くらいの気持ちで採用を考えた方が良い。あとギガドレインはエナジーボールでいい。



陽気@こだわりスカーフ
145-167-105-104-95-200
ワイルドボルト、ブレイブバード、とんぼ返り、ボルトチェンジ

積み技なしでこちらの雨エースに対して上を取ってくるポケモン(スカーフゲッコウガなど)や、ゲンガーに牽制する駒。また相手の地面、特にカバルドンの交代に合わせてとんぼ返りを撃つことで確実に天候をとりつつ有利対面を作る動きももたらす。積みアタッカーにルンパッパが無理やり突破されるケースたまにあるため、速いスカーフ持ちは非常に重宝する。



意地っ張り@ゴーストZ
141-222-70-×-70-107 (ブレード時)
シャドークロー、聖なる剣、影うち、剣の舞

相手のバナ入りに対してコケコ+ギルガルドと出していく。相手の耐久を無理やり突破するために剣舞ゴーストZで採用。霊獣ランドロス等にも大きな打点が欲しいので特殊型での採用も考えられる。ナットレイに打点があるのがこのポケモンだけなので、舞うタイミングを見計らいつつ慎重に扱わなければならない。



慎重@ボーマンダナイト
特性:いかく
191-170-151-×-156-147 (メガ進化時)
捨て身タックル、地震、毒々、羽休め

フシギバナを見る枠を増やしたくて、メガ枠をボーマンダにした。ポリゴン2等に毒々を入れたいので、慎重の毒羽型で採用。あまり特筆することはないが、ナットレイが重いので炎技を仕込むくらいはしてもよかったかなと感じた。



意地っ張り@きあいのタスキ
特性:あついしぼう
185-200-100-×-81-132
氷のつぶて、地震、岩石封じ、ステルスロック

ここまでで電気の一貫が切れていなかったのと、水の通りが良いパーティにたいしてステルスロックを撒きたいと感じた時が多かったのでマンムーを採用した。以前にトノトプスを使った時と同じもので、性格も意地っ張りだが、前とは違い今ではシュカのみを持ったコケコが普通に存在するようになったため、陽気にしたほうが良いと感じた(岩石封じで削りを入れてからステルスロックを撒くという最低限の仕事をさせたい)。



雑感
当たり前だが水の通りが良い構築に対してはほぼ勝てる。ルンパッパの良いところは、相手の構築にレヒレ、スイクン等の水が入っていても積極的に出していけるところ。草相手にも、ブルルのような一撃で倒されるような打点があるポケモン以外には大体勝てる。タイマン性能はそれなりにあるため、11以上を取る動きはしやすい。
勝てないポケモンは、ポリゴン2やカビゴンなどの数値受け(クレセリアはゴリ押せるがトリルが面倒)、フシギバナ等の打点が乏しい草、死に出しのミミッキュなど。これらのポケモンに対してどう残りの4体で補完して行くかということも考えていきたい。

追記:QRを公開しますので使用したい方はご自由にどうぞ→https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-4167-994D

質問等は@tL_Pcまで。

このページのトップヘ