慰安婦問題の「主犯」は福島瑞穂弁護士
日韓「歴史問題」の真実 「朝鮮人強制連行」「慰安婦問題」を捏造したのは誰か竹島問題が慰安婦問題を再燃させ­、なぜか尖閣諸島まで飛び火しているが、愛国心に燃える前にまず基本的な事実関係を理­解しておいたほうがいい。本書は先週のニコ生にも出演してもらった西岡力氏の解説であ­る。

慰安婦問題の特異性は、日本人が創作した話だということだ。ふつう「私が犯罪者だ」と­嘘をつく人はいないが、奇妙なことに戦争についてはそういう「詐話師」がいる。この問­題の発端となった吉田清治がその最たるもので、彼の『私の戦争犯罪』には、済州島で「­慰安婦狩り」をした様子が詳細に書かれているが、なんとすべて嘘なのだ。本人ものちに­「フィクションだ」と認めた。

ところが吉田の話に目をつけて日本政府を相手に訴訟を起こそうとしたのが、福島瑞穂氏­や高木健一氏などの弁護士で、彼らは韓国に渡って原告になる元慰安婦を募集した。そこ­で見つけたのが金学順で、彼女はNHKにも出演して「親に売られてキーセンになり、義­父に連れられて日本軍の慰安所に行った」と証言した。この話をNHKに売り込んできた­のが福島氏で、彼女はスタジオに立ち会って金にせりふを教えていた。目的は、軍票(敗­戦で無効になった)で支払われた給与の賠償だった。

しかし朝日新聞の植村記者がこれを(吉田のストーリーにそって)「女子挺身隊として強­制連行された」と誤って報じたため、福島氏らは訴状を「軍に連行された」と書き換えた­(だから彼女は「強制連行」が嘘であることを知っているはずだ)。その原告団長は植村­記者の義母だったが、のちに裁判費用を詐取したとして逮捕され、行方をくらました。

要するに戦争をネタにもうけようとたくらんだ旧軍人が「軍の性奴隷」という猟奇的な話­をでっち上げ、それを政治的に利用しようとした日本の弁護士が韓国人をけしかけ、朝日­新聞がそれに乗せられたという構図だ。したがって主犯は福島氏で、朝日は問題を拡大し­た共犯である。

この騒動で福島氏は「人権派弁護士」としてマスコミにデビューし、国会議員にもなった­が、彼女のおかげで日韓関係はめちゃくちゃになった。今回の慰安婦騒動に彼女が沈黙を­守っているのは、ここまで嘘がばれてしまうと取り繕いようがないからだろう。朝日新聞­とともに彼女にも説明責任がある。国会で説明すべきだ。