パンク寸前に近い状況となっております
4月でこの状況ですと今年度は先が思いやられます

最も大切にしなければならないのは
目先の数字ではなく
過去に我々を成長させて下さった方々への対応です

質を落としたら弊社は弊社でなくなります

なんでも出来るところが逆にネックになるとは
思いもよりませんでした