ETE 開発日誌

仕事や趣味で開発したロボットや、製作状況をレポートします。

yamaguchi mini maker faire と 山口旅行

9月19日、20日とyamaguchi mini maker faireに出展してきました。

自分のブース状況
IMG_4505

IMG_4506

IMG_4512

IMG_4513

IMG_4514

今回は展示だけではなくバーサーライターのミニワークショップを開催しました。
基板はEAGLEで設計して、Fusionpcbに発注。
半分ぐらいの部品は事前につけておいて残りは参加者に製作してもらいました。
はじめは表示パターンもオリジナルで作ってもらうかと思ったのですが、まったくそんな余裕はなかったです。20セット用意して何とか2日間でなくなりました。

IMG_4478

IMG_4509

1日目の夜は懇親会に参加しましたが、あっというまに食べ物がなくなってしまいお腹がすいたので帰りにラーメン屋へ。なぜか博多ラーメンより麺が堅かった。

IMG_4515

IMG_4516

2日目の夜は新山口駅近くの海鮮居酒屋でおひとり様宴会。

IMG_4521

IMG_4526

IMG_4528

3日目は角島に行ってきました。角島焼き食べたりウニ買ったり。

IMG_4536

IMG_4541

IMG_4537

IMG_4538

IMG_4539

昼過ぎに下関の唐戸市場へ、シルバーウィークということもあり人人人、
そして寿司、すし、鮨、フグ、貝。
IMG_4542

IMG_4543

IMG_4544

IMG_4545

IMG_4546

IMG_4547

夜は北九州の赤坂海岸で釣りをしましたが、小さな鯛しかつれず。

IMG_4554

Bluetoothスピーカーの製作

Microchip社のbluetooth音声モジュールRN-52をコアにbluetoothスピーカーを製作しました。

注)RN-42ではSPPしか対応していないので音声を送ることはできません。

製作の経緯
マイカー(軽トラ)で音楽を聞く時にiphone6+のスピーカーで聞いていましたが、音量が小さい、低音が弱い、軽トラにカーオーディオを付ける気にもならず製作することにしました。

まずRN-52はピッチが1.2mmで、そのままではユニバーサル基板に載せられないので、Eagleでピッチ変換基板を製作、FusionPCBに発注、3週間で納品されました。
11921699_871772032917841_2929287568387104794_n
回路図
11863432_871772062917838_623011709573009265_n
基板
12002083_883953988366312_5352947581669733380_n
納品され基板にRN-52を実装
12047093_889040114524366_5521011144390558240_n
ユニバーサル基板にRN-52、D級アンプ2個と電源回路を実装
12006298_885125844915793_4334882795058067862_n
完成したBluetoothスピーカー
BOXとスピーカーはFostexです。
12011384_885078618253849_1009504678996494116_n
軽トラックへの搭載状況

実際にiphone6+とペアリングして車内で聞いてみましたが、明らかに音量不足でした。最初はアンプが1Wで軽トラックの走行音が大きいのでしょうがないのかなと思っていましたが、RN-52について調べてみるとデフォルトでは音量が最大から5番目(15段階中)になっているようです。またD級アンプモジュールの入力抵抗を変更してゲインを上げることで十分な音量を出すことができました。
RN-52の内部音量を上げるためにはシリアルコマンドでの設定が必要になります。GPIO9ピンをGNDに接続することでコマンドモードに入ります。RXピンとTXピン(3.3Vレベル)をPCに接続してteraterm等でコマンドを送り設定します。

音量UPコマンド AV+
音量DOWNコマンド AV-
*ちゃんと音量は電源を切っても保持されます。

実際、車に乗ったときに毎回スピーカーとiphone6+をbluetoothで接続してたのですが、実は地味に面倒なのですが、コマンドにより前回接続していたデバイスと自動接続するように設定することも可能です。

実は完成した後になって、最初に購入したRN52-I/RM(マルツで購入)はSBCという方式(高圧縮、低容量)で音声データを送っているらしく、音質はよくないとのことで、MicrochipDirectでAACに対応したモジュールを購入して比較してみました。

追試結果報告

RN52-I/RM(マルツで購入)
ファームウェア Ver 1.10
シリアルコマンドで確認しても、そもそもAudioCodecの項目が表示されない、SBC専用であるため表示されないと推測される。

RN52AAC-I/RM116(microchip directで購入)
ファームウェア Ver 1.16
MBAとぺアリングしてyoutubeで動画を再生し確認したところAudioCodec=SBCとなっていた。MBA内蔵のbluetoothモジュールがAAC未対応と推測される。
iphone6+とペアリングしてyoutubeで動画を再生し確認したところAudioCodec=AACとなっていた。MUSICを再生した場合もAACとなっていた。

SBCとAACの音質の差については私の耳では確認できませんでした。






アオリイカとの戦い4

6月28日〜29日 何度もアタリがあってヤエンを投入するも、、、海面でヤエンが止まってる、、、
IMG_4258

ということで、のんきヤエンを購入

7月2日 21時10分 のんきヤエンでGET
IMG_4261


7月5日 16時 1回浮きが沈んで合わせたけど離してしまって、放置してたらまた抱いてきたので2回目は鬼合わせでGET
IMG_4263


7月12日 0時18分 活きアジの状態を確認しようと思って巻いてみたらアオリイカが抱いてたから慌ててのんきヤエン投入してGET
IMG_4269



7月19日 2時26分 前日の夕方から死にアジを遠投して何度もアタリがあってヤエンを投入するも離れていくので放置してたらこいつが針ごと丸呑みしてた。
IMG_4278

もしかしたらアオリイカより美味しい?アナゴさん

白焼きと天ぷらでいただきました。
IMG_4281

IMG_4282



今年のアオリイカ釣りは終了しました。来年の4月が今から楽しみです。
海釣り公園では5歳児でもサビキでヒラメを釣ってるようなのでこれからは魚を釣りにいきたいと思います。シイラとかヒラマサ、カンパチとかも釣ってみたいので情報があれば教えてください。(キーストンのかたと夜焚きのイカ釣りにもいってみたいな)

アオリイカとの戦い3

5月30日
21時41分
アジでの浮き釣り
IMG_4224


6月4日
23時10分
アジでの浮き釣り 1kg
IMG_4227


6月5日
20時00分
魚屋で買ってきたアジをお墨付きにセットして投げて一投目でゲット
IMG_4228


22時18分
またまたアジでの浮き釣り 2kg弱
IMG_4229


6月6日
0時48分
活きアジ泳がせ ヤエン 2kg
人生初ヤエンでゲットしました。アタリ自体は今までも何回もありましが、藻に引っかかったり、ヤエン投入のタイミングが早かったり遅かったりしてあげることが出来ませんでした。常連の方にやり取りのしかたを教えていただきながら何とか釣り上げることができました。
その後、2回アタリがありましたが、あげられず)爆。
IMG_4231

IMG_4233

IMG_4234








アオリイカとの戦い2

5月15日 深夜
アジでの浮き釣りで小さいアオリイカゲット

5月16日 6時50分
すでに明るくなっていたのにアジでの浮き釣りでゲット
IMG_4190

棚はお墨付きの仕掛けの長さの1.5mです。

お刺身でいただきました。
IMG_4192


5月22日 
21時28分
アジでの浮き釣り
IMG_4205


21時45分
ケンサキ?ヤリ?も釣れた
IMG_4206


22時04分
アジでの浮き釣り 1.4 kg
IMG_4207

IMG_4208


22時42分
隣の人が逃がしたイカに邪道エギ投げたらヒット、横取りさーせん。
IMG_4209


23時30分
アジでの浮き釣り
IMG_4210


5月23日
2時47分
アジでの浮き釣り
IMG_4211


結局、アオリイカ4杯、ケンサキ?ヤリ?2杯
アオリイカ2杯は帰りに友人にあげたので写っていません。
IMG_4212

この日移行、常連さんからアオリイカの浮き釣り名人と呼ばれるようになりました。
ちなみにヤエンによる釣果はゼロです。

アスパラ、アオリイカ、バター焼きで美味しくいただきました。
IMG_4214
Archives
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ