ETE 開発日誌

仕事や趣味で開発したロボットや、製作状況をレポートします。

TEC−1発売

15b5868f.JPG元々、2004年に国東農工高校で非常勤職員(事務仕事ではなくものづくりの指導)していたときに生徒が冬休みの時に、私も冬休みで退屈だったので暇つぶしに作ったものです。ロジクールからプレステワイヤレスのコントローラーが発売された時に、これを利用すればラジコンのプロポよりも安価なコントローラーが手に入ると思いプログラムを作りました。その後、高校生のロボット競技大会の有線コントローラーや相撲ロボットをラジコン化する際に利用していました。2足のロボットの製作を始めて、当然のごとくKRC−1の代わりにコントローラーとして使っていましたが、九州練習会の方で欲しいという方が多かったので、市販することになりました。販売の方は知り合いにお願いしました。

こちらで購入できます。
http://members2.jcom.home.ne.jp/hotproceed/mainB.htm

写真はTEC−1の零号機です。

TYRANTの開発状況その3

e995f58f.JPG現在のTYRANT

見た感じ違いが判らないが胴体以外は変わってます。
ロボスクェアのバトル用に腕は若干長くなってます。
ROBO−ONEまでには3cmほど短くしなければならない。

TYRANTの開発状況その2

c7e1a2f6.jpg2006年 9月

ROBO−ONEのエントリー写真

一応、配線等が終わった状態
結局、頭は置き場所に困ったプレステワイヤレスコントローラーの受信機になってしまった。
この頃は両腕に可動式のシールドを装備していたのでTYRANT type−sと呼んでいた。第11回のROBO−ONEでは腕の長さが制限されるので結果的に1度も実戦で使用することなく外してしまった。

TYRANTの開発状況

a5c6c009.JPG2006年 8月頃

とりあえずサーボとアルミパーツを組み上げた状態
この時は、頭をどうするか考えてなかった。

2005年8月から今日まで

長い間放置しておりましたが、ぼちぼち書いていこうと思います。

とりあえず、2005年8月から今日までの出来事を思い返してみようと思います。

2005年 10月?相撲ロボット九州大会出場
何とか1台が高校生の部で全国大会進出を果たす。

2005年 10月?高校生ロボット競技大会大分県大会
2台出場し2位と4位?入賞 2台とも全国大会進出

2005年 11月 宮崎県にて高校生ロボット競技全国大会出場
2台出場し、1台が3位入賞

2005年 11月 科学未来館にて高校生相撲ロボット全国大会出場
しかし、なぜか暴走して1回戦負け。東京まで何しに行ったんだか。

2006年 1月 中津工業高校機械科課題研究発表会
メンバーを三班にわけ独自ルールでロボコンを開催した。
発表会の中で決勝戦を行ったが大変好評だった。

2006年 3月 大分県立中津工業高等学校 臨時教員のため1年間の任期満了で退職

2006年 4月 次年度の臨時採用がなかったため無職に。
大分市の実家にお引越し

2006年 4月〜6月 実家の農業をお手伝い 

2006年 6月末 10年振りに福岡にお引越し

2006年 7月1日 某社入社
まさか、自分が民間の会社に勤めることになるとは思ってなかった。

2006年 8月 ROBO−ONE用機体 TYRANT 開発開始

2006年 8月末 TYRANT 機体完成

2006年 9月 ROBO−ONEに出場
しかし、本番1週間前に自作ボードの設計ミスが発覚
結果的に、資格審査すら通らず、ただの山形旅行になってしまう。

2006年 11月 軟弱にもRCB−3購入 TYRANT完成

2007年 1月 初めて稼動状態でロボスクェアの大会に参加
予選の3mスプリントで、あまりの遅さで予選敗退

2007年 2月 脚部の強度不足、あとデザインが気に入らないため設計変更、ルール変更による腕の設計変更
Archives
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ