制圧戦チキンスープ

2015年06月03日

テナガエビ釣り

自分とこには一級河川が近所に二本あって、河口で大きな湾に合流後、海に流れる様な地形になってる
以前からシーバスや、湾を堰き止めた人口湖でのブラックバス他の淡水魚、ある河川の河口近くはヘラブナ釣りで全国的に有名だったりする
 
で、以外にいるのに誰も釣らない、対象魚認定されてない連中もいる
 
a1150_000765_m

それが、テナガエビ
 
この辺の大半の釣り人はルアーか海釣りなんで(県北まで行くと、そうでもないけど)、そんなエビがいる事も、これが結構面白くてハマる事も知らない人が殆どだ

自分はテナガWebってサイトで関東の様子を知り、面白そうだったから始めた 
地元の釣り雑誌に数年に一回の頻度で特集されるけど、そういう釣りの文化自体に興味がないチヌ・バス・アオリイカに忙しい人々からはバカにされがちだ
お金も掛からないし、こんな楽しい釣りをやらないのはもったいない

丁度今の時期、梅雨から8月いっぱいまでが、この辺の釣期
池や湖なんかにも住んでいる(陸封型)けど、河川の方がこの辺だと釣りやすい
 
道具立てはシンプル&単純、加えて安価
クーラー入れて、ちょっとしっかりした値段に拘っても、合計で一万円いかないんじゃないかな?
ザリガニだと割り箸タコ糸スルメイカ括りつけて釣れるけど、テナガエビはそうはいかない
ミニサイズのメバルのサグリ釣りをイメージすると近いだろうか
 
1.6~1.8m位のノベ竿に、道糸0.6号、竿一本の長さに取ったら、発光体取り付け用のチューブと中通し錘の0.2号を入れて、極小のハリス止めを結ぶ。それにエビ針(ハリス付きが便利。♪エビバリセイッ)を付けたら、発光体を取り付けて完成

こんな簡単な仕掛けで釣れてしまう

時間は断然夜。テトラや護岸敷石の隙間狙いなら昼でも十分釣りになる
これから夜は涼しくなるし、シーズン中盤からは大物が来る!ただし虫やヘビなんかには注意
 
エサは喰いがいいのはアカムシにミミズ。ミミズは掘ってくればタダだし、輪切りで使うので匹数も少なくて済む
食べるのにミミズはちょっと…って人には(自分は試してないけど)カニカマやイカなんかでも釣れるそうだ
 
アカムシを針に通し刺し(ミミズは輪切りに)にして、ちょっとだけ針先を出しておく
(アカムシは刺し難いけど、大根の輪切りが便利。使うと分かるよ)
こうするとちょっとでもバレ難い
 
仕掛けは、底に着けるか障害物付近に近い場所に落とす
竿が一本の場合はそのタックルで底を狙える深さの場所を探すのが前提になる
ノベ竿師が、長さの違う竿を複数本持ち歩いている理由の一つ、でもある
 
仕掛けが底に付く様なら、発光体が水面ギリギリ出るように位置の調整をする
これは発光体を目印とウキ代わりにするため。水深も大よそ把握出来る。釣りの最中にはたまに調整する
 
暫くしてアタリが無い様なら、一回仕掛けを上げて確認
エサがない様なら何かいるとだけ判断してエサを付け直して再度仕掛け投入
エサが残っている様なら観察して、白濁してるならエサを交換し、仕掛けを下す場所を変える
それで喰ってくる事も多い
 
アタリは発光体が沈んだり、横にヒュッと動いたり、何か明確に変化があるから分かる
大事なのはアタリがあった後、発光体が停止して一呼吸してアワせる
テナガエビは、発光体が停止してる時にエサを喰っているからだ

初めて釣れたら、エビの引きの強さにビックリすると思うけど、バラさないうちに取り込もう
エビや小物用のタモも売ってるけど、携帯性や使い勝手はどうだろう。好き好きで良いと思う
掛かったエビから針を外すのには、100円ショップのピンセットが便利
 
キープして持ち帰るなら、この釣りで一番面倒でお金が必要なのがクーラー一式かもしれない
帰宅して調理するなら、活かして持ち帰る必要があるからだ
簡単なブクブクと水漏れし難いクーラー、あと温度管理用の保冷材は必須だ(暑い時期は簡単に水温が上がる)
取り敢えずキープしてたエビが水温上昇でみんな昇天!って事態は避けたい
 
持ち帰ったら、泥抜きして調理(詳しいやり方は、どっかのサイトに)
お酒で絞めた後の調理は、色々お好みで
串に刺して塩焼き、タレで付け焼き、小さいのは頭っから素揚げでバリバリも旨い
一応だけど、大きな腕も旨いから残さず調理しよう
エビチリやスープなんかも勿論旨いけど、手軽にササッと調理してお酒のあてにする感じが気分
こういう時だけは、お酒に激弱な自身の体質が悔やまれる瞬間だ
 
去年とその前の年は、色々あってエビ釣りもお休みしてた
今年はちょっと行ってみたいけど、どうだろうねー
 
海釣りばっかりだと勿体ないよホント、もっと楽しい釣りはある。それじゃ長くなったけど今回はこれで
生きてたらまた逢おう

typechinu at 21:00│Comments(0)TrackBack(0)釣り | その他

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
制圧戦チキンスープ