2015年06月07日

J-POPが海外で受けない理由を考えてみよう

J-POPが海外でウケない理由を外国人が指摘 アイドルの売り出し方など - ライブドアニュース
 
日本語の曲を有り難がって聞く国がどっかあったとしたら、自分は気持ち悪いって感情が出ると思う
喜びつつも内心「コイツ等絶対、意味分かってなくて雰囲気だけで聴いてるだろ」って感じるだろうって自信がある
絶対、間違っても"(日本のPOPSを愛してくれて)ありがとう"なんて思わない
寧ろ胡散臭さや、手触りを感じない程の薄い不信感を感じるだろう
 
…多分欧米人の大半は↑↑みたいな事をうっすら思ってるだろうから、無理してJPOPが海外で売れなくていいと思う
海外、特に欧米人(に紛れてしゃしゃり出て来てる某国人)がこの手に話でデカい顔が出来るのは、英語って準国際標準語と、海外マーケットの大半が欧米で、何人だろうがアメリカに出て来て英語で歌わざる終えないって環境による所が大きい
英語で話さなきゃ分からない程度の才能って何じゃそりゃ、と
 
この話は実はすごく難しい話で、自分自信まだハッキリした答えは出ていない
ただ云えるのは、音楽に限らず映画・芸能なんかでも、欧米人の芸術に対する態度や基礎以下の感性レベルでアジア人と全く違う部分が、たまたま商業音楽の売り上げって目で見える形に現れてるって事にすぎんのじゃないかと
だからこそ、やっかいだし重要なところだと思うんだけど
上手い事説明は出来ないなぁ適切な範例を例えられないし
例えば、どんな商業映画でもどこかの場面で美しい絵作りが出来てるのは何でか?とか
 
余計わからない事になる。この話は終わり!書き逃げが常習化。それじゃ生きてたらまた


typechinu at 10:41│Comments(0)TrackBack(0)よもやま話 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字