M4シャーマンを酒の肴にベイトリールで七転八倒

2015年06月08日

スピニングリールで暗中模索

初めて買ったリールは、ダイワのリーガルSだった気がする
拘りも何もなく、ロッドにあうリールを物色してたまたまダイワだっただけで、モノがどうとか二の次だった
そんなタックルでもブラックバスは釣れたから、そっから自分なりな釣り人生が何となくスタートしたんだと思う
ブラックバス釣りはその後、ベイトリールとロッドを手に入れて本格的に始める訳だけど、そこまで紆余曲折あったけど、それはまた別のお話
 
次に勝ったリールは、シマノのエアレックスXT500
これはバイクでの旅行中にどうしても釣りがやりたくなって、徳島の釣具屋(だったかなぁ)で購入した
小型だけど当時としては軽量で、細い糸でも問題なく使えてこのサイズのリールがお気に入りになってしまった
今でもこのサイズ(表記で750~500、UL表記のモノ)のモデルがあるリールは意識してしまう
 
この旅行は、色々あって途中で挫折して帰宅する羽目になったけど、自分にとっては色々な事を学べた点でとても良かったと思っている
何を学んだかは秘密、だけどね

その後、釣り再開した時手に入れたのはダイワの初代フリームス
これは当時からしたら"値段の割にパーツ配置が上級機種"な結構コスパの良い(これは現行フリームスにも受け継がれている)モデルだった
よいリールだったけど、磯竿4mに2500番は大きすぎて(当時は竿に合わせてリールサイズを変わるって発想が無かった)、手持ちだと妙に重いなぁって当時感じた印象を今でも思い出す
コイツは近所の堤防でブッコミ釣りしてた時に、近くを通った漁船に道糸を引っ張り込まれて竿と一緒に落水、海の藻屑になっちゃった
この後また買い直し、10ftのシーバスロッドにピッタリ合って、長らくルアーロッドとセットで使ってた
今では後継の二代目フリームスに現役を譲って、ウナギやブッコミ用兼待機要員として今も手元にある
 
そういや、エギング用にエメラルダス買ったんだった
それまでは新型フリームスのスプールやパーツを交換しながら使ってたけど、『エギングしっかりやろう』と一念発起して、当時モデルチェンジ直後のエメラルダスをやや衝動買い気味に購入
巻き心地や軽さ、マグシールドの恩恵はまだ深くは感じない。これは多分、自分の釣りスタイルだとフリームスクラスのリールでも十分対応できるって事なんだと思う
もっと上手くなったら良さが見えてくるんだろうけど
 
ここ一発用として、AR-Cエアロ4000を買った
これは、自分の中のカンで"このモデルは昔のES4000エアロ(小型軽量の投げ専リール)の現代版だな"と決め打ちして購入したもの
予想通り、大口径スプールの割に小型軽量(4000番で255gだから凄い)で、去年はアジの遠投カゴ釣りに大活躍してくれた
ジャンク品を入手して、もう一台使うかどうか検討中。アオリイカのウキ釣りなんかにも適性ありそうだ
 
他にも自分なりに拘って色々買ってはみたものの、一過性のものだったり使ってみてガッカリしたりで結局自分には根付かなかった。OKUMAのVSシリーズが良くてたまに使う位で、大抵引き出しの肥やしになってた
今はもう大分整理してしまったけど、結構無駄遣いしたなぁ。これは反省だわ
 
こう書き記してみると、あれだけ色々考えてた割に、結局その時代に応じた堅実なリールを使ってる感じだ。自分の中では偏屈にアブの普及品や第三メーカーのリール使いのつもりだったけど、そんな感じは一切なかった
 
考えてみたら当たり前で、シマノやダイワは(ネットで云われてるほど)悪いメーカーではないし、造りだけを考えると国内でこの二社に勝るリールを作れてあの値段で売れる会社は無い
普通に釣りするなら、変な拘りを捨ててこの辺のメーカーの普及品で何の不都合もない
単なる宣伝・イメージ戦略だけで売れる程、ユーザーはバカじゃないって訳だ
 
取り敢えず自分には数年先まで新型の導入する予定はない感じだ
シーバス用にフリームスのPE巻き替えよっかな。三代目が出てきたけど、自分とこでは二代目はまだまだ現役
 
自分には高級機種もマニアな機種も似合わない。収まる所に収まった、かなぁ?じゃあまた、生きてたら

typechinu at 21:00│Comments(0)TrackBack(0)釣り | 雑感

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
M4シャーマンを酒の肴にベイトリールで七転八倒