フランス

2015年06月13日

シャルリー事件を、個人的にまとめてみる

シャルリー・エブド襲撃後、はたして私たちは笑っていて良いのか? · Global Voices 日本語
 
おおっ、日本マスコミや市民団体がグッチャグッチャ過去の遺産を反芻して食い繋いでる中、ダイナミックに世界は動いてるんだと実感する記事だ
 
この国の団体(官民右左問わず)が世界に広がりを持てず、いつまでも過去に向いている理由は、結局のところ成功体験(高度成長+バブル経済)から脱却できない点がデカい
ある程度の時期までは、"日本だからしょうがない"と顧みられる事無くやってこれた為、その体験自体が特別で特殊な事例だという内外の合意を不問にして来てしまった。そのためそれ自体が世界に通用する体験であるという間違った認識が、国内全体において支配的だ
 
例えば、日本のジャーナリズムは世界に通用しない
それはある面では、海外において砲弾飛び交う中を越えて共有されて来たものだし、主義主張の違いで幾多の血が流された土地に根付いた思考であったし、革命前夜の死線を越えて届けられる声であるからだ
 
互いに争う事はあっても、決して一線を踏み越えない国民性であり、それで(結果はどうであれ)何とか出来た当時の状況
そういう時代が長期に渡って続いた事が奇跡であり、世界から見たらおかしな事なのだ

その良い面として、この国独自のものがあっても、そこの過程で育まれた"文化"は、外部から発見される事はあっても、内部独自のコードで作られたもののため系統だった解説が不能だから、それをこちらからプレゼンテーションする事は出来ない
その解決の一つとして"恥"でもプレゼンし続けるしかないが、保守的な層は否定的だ
続きを読む

typechinu at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年06月10日

その"表現の自由"で世界にコミットできるか

池田信夫 blog : 「脱宗教革命」としてのフランス革命
 
なぁんでこのエントリーを考えたかっていうと、結構自分の中で考えた事もあって
一言で"表現の自由"なんて、自分もだし周囲もマスコミメディアも、割と簡単に発する言葉だけど、それって本当に正しいのかいな?って疑問があって
"表現の自由"って事を、世界共通の言論のルールに出来んのかって
  
例えば、フランス
新聞社へのイスラム過激派のテロなんかもあって、テロへの反発やそれを支持するデモもあったし、"テロへの反発"って部分では先進国の間では足並みが揃った感はあった
ただし、肝心の"表現"に関しては各国結構バラつきがあったように思えた
日本でもそうで、あんな風刺画に…って気持ちが、どこか下手したらテロへの共感になりかねない感情も伴う違和感があって、それがあと一歩"世界へ、なのか?国内へ、なのか?"向きの定めきれない座りの悪さを感じてた人も多かった様に思った
 
当時思ったのは、これは当事者のフランスが考える事で、これからの行動にしろ何にしろフランス国民自体が決めて責任を負うのであれば、その選択や行動を支持しない理由はない。と云う事
理由は、それが一国の民主主義国家に対する信頼じゃないかなって事が一つ
もう一つ、果たして日本がフランスに他に有効な道を提示出来るのか?っていう事があった
 
で、上のリンクだ
読み解こうと思ってキーワードを遡って考えたりもしたが…

ライシテ - Wikipedia
 
マルティン・ルター - Wikipedia
 
贖宥状 - Wikipedia
 
…フランスの歴史、特に宗教が絡むと難しいね。学校でも習った筈だけど、大まかな触りしかやってなかった事を今この歳になって知る続きを読む

typechinu at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)