December 31, 2010

絵文字や顔文字は不要なので wordpress へ移転。

(23:00)

December 11, 2010

毎年恒例 BMJ のクリスマスプレゼント。
今年はスチールフレーム(13.5kg)とカーボンフレーム(9.5kg)の 2 arm によるジテツー時間の  randomized trial。

BMJ 2010; 341:c6801 doi: 10.1136/bmj.c6801 (Published 9 December 2010)

--------
Method

Sheffield - Chesterfield Royal Hospital 間の往復 43.5 km を冬から夏にかけて、合計56回計測(スチール 30回、カーボン26回)
計測にはサイクロコンピュータ(SIGMA BC906)を用いた。

Result
冬/夏でジテツー時間に有意差はあったが
The difference between the mean journey time in winter (20 January to 19 April 2010) and summer (21 April to 22 July 2010) was 00:06:50 (95% CI 00:04:39 to 00:08:59; P<0.01).
スチール/カーボン間で有意差なしという非常に不思議な結果。
The difference in the mean journey time between the steel and carbon bicycles was 00:00:32 (hr:min:sec; 95% CI  00:03:34 to 00:02:30; P=0.72).

フレームの重量差(4kg) が体重(76㎏)に比べれば軽微というのは確かにそうだが、軽いほうが速くていいはず。
しかし、Table 2 にあるように最速、最遅、平均 いずれもカーボンよりフレームのほうが速い。
記事を読むと、カーボンで最遅だったときは大雪だったとか、スチールで最速だったときは同僚と競っていたとか、  confounding factor が Result に大きく影響している印象がする。
--------
Conclusions

A 30% reduction in bicycle weight did not reduce commuting time over a distance of 27 miles (43.5 km). A new lightweight bicycle may have many attractions, but if the bicycle is used to commute, a reduction in the weight of the cyclist rather than that of the bicycle may deliver greater benefit and at reduced cost.

ということで "It's not about the Bike"。自転車ではなく自分が痩せようね、というヒルクライムレースのような結論に落ち着いている。



--------
Government’s Green Transport Plan

この論文により、イギリスには ”Cycle to Work Scheme - Implementation guidance” という、自転車通勤者に対する税制優遇処置があることを知る。
"cycle to work guarantee" というサイトもある。






(02:00)

December 08, 2010

昨年に続き、今年も avalanche night に参加。
昨年は1時間遅れだったが、今年は15分遅れで済んだ。

2部構成。
前半が理論編。
後半が事例編。

雪崩の種類
  • 点発生雪崩
  • 面(スラフ)発生雪崩    ←多くの雪崩はこれ

面発生雪崩のメカニズム
・スラフが存在
・じゃくそう、もしくは、隣接する層どうしの雪質が異なっており、うまくくっついていないウィークインターフェース
・刺激が伝わり、破壊がおこる
・破壊が伝播


雪崩に流されたら?

重量があると、上に浮き上がりやすい。何もしなければ、沈む
ストックを握ったままだと、アンカーの役目を果たしてしまい、下に引っ張られる。
2M以上沈むとほぼ生還しない

エアポケットの重要性
雪崩発生後、時間が経過しても助かっているものは、エアポケットを確保できている場合のみ。
ゴーグル、ヘルメット、手、何でもよいから確保すること。
アイスマスク現象(呼気により一旦融けた雪が再度凍り口の周りに氷の壁が形成されて呼吸が出来なくなる)

雪崩の死亡原因(スイス、カナダなどの統計結果)
65%  地即死
25%  外傷
10%  低体温。ショック(大腿骨骨折による大量出血←外傷じゃないの?)


Research carried out in Italy(Nature vol. 368, p. 21.) based on 422 buried skiers indicates how the chances of survival drop:
  • very rapidly from 92 percent within 15 minutes to only 30 percent after 35 minutes (victims die of suffocation
  • near zero after two hours (victims die of injuries or hypothermia)
(Historically, the chances of survival were estimated at 85% within 15 minutes, 50% within 30 minutes, 20% within one hour).

-> Historically はどの研究(報告)を指しているのか、気になる、、、


雪崩判断材料
  • 斜度
  • 斜面形状
  • 植生

雪崩の走路と思えない場所で木がえぐれている
→雪崩が起きていると判断できる

雪の安定性の評価
class 1  直接証拠
class 2  積雪情報
class 3  気象情報

「短期間の***」、「数時間の急激な***」のような気象予報があれば、そのエリアでは雪が不安定と判断できる。

ダイナマイトによる雪崩誘発の目的
不安定な雪の除去
刺激に対する雪の反応を調べる

安定性
同じエリアであっても
・時間
・わずかな場所の違い
によって、雪の安定性は大きく異なる。

リスク軽減は習慣化すべき。
・朝起きて、顔を洗うように、山に入るときには必ずビーコンをつける


ヒューマンエラーを防ぐ
どんな雪崩事例も、自分にも起こりうると認識。
今日は大丈夫と、自分は雪崩に遭わない、などと思いこまないこと。
  • 悪い行動習慣を排除する。
  • つねに何かしらリスクを軽減するような行動習慣を心がけること。
Avalanchehazzard




参考書籍







後半

昨シーズンの雪崩事例

2010/1/16  尻別岳    
2010/1/22  ニセコ  東尾根
2010/2/23  乗鞍  位ケ原  
2010/5/1  立山  黒部湖林道

雪崩による死者が多いとき
-> 一つの事故で多数の人が犠牲になった場合

乗鞍は、単独だったため、総人数=死亡数。そのため、事故の詳細は不明
-> 単独の調査の難しさ

事故遭遇のタイミング
・滑っている対中:13
・登行/移動中:16
・休憩中:3
トータル32ケース


尻別岳

面発生
サイズ2
斜度37
高度970

位ヶ原

単独
15分で掘り起こしたが、心肺停止
もともと雪崩が起きるようなエリアではない。
自分(発表者)もその場にいたら、遭遇していただろう。
そのくらい、雪崩のリスクは少ないと判断されてしまいそうな地形

蔵王

山の大ベテラン
山歴50年

目印をつけて、戻る。
翌日遺体発見

発生現場の気象予測の難しさ

通常0.6℃/100Mで気温が下がる
都市部の気温からすると、発生エリアでは雪でいいはず
しかし、スキー場の記録では、雨
理論がそのままきれいに当てはまるわけではない。

気象情報だけで、
  • 雪崩の危険性
  • 雪の安定性
は語れない

11月に不安定な要素ができ、それが翌1、2月まで残り、雪崩を引き起こした例もある。
不安定要素は、そのくらい長く残る可能性がある。


不安定な雪を形成する明瞭な気象イベント
→まとまった降雪

今後の課題

・山岳の積雪情報の充実→雪の掲示板
・地形利用とグループマネージメント

質疑応答から

Q:今日の例では、雪崩前後で気温が上昇している。関連はあるの?
A:たまたま
リスクの一つかもしれないが、たまたま、と思っておいたほうが良い。
また、北面であれば、気温上昇の影響も受けにくい

ただ、定量的な研究はないが、経験則として
気温があがる→スラフの硬度が下がる(=衝撃などで雪崩が起きやすい)というのはある

最近おこった国見岳の例
まとまったレポートを提出予定


11月28-29日ふぶく

北東面
強い横風

11/20 の降雪が原因かもしれない。
28-29 日に降雪->不安定性が上がる

一番大事なもの->地形
雪崩のリスクの小さいルートを選ぶべき

今シーズンは12月から1月にかけて、まとまった雪が降る可能性大


2010/10/29(金)に参加申し込み。
デジカメの電池切れのために、写真はとれず。
前回参加して以来1回も山には登っていない。山に疎遠になりすぎているので、来年こそは!
「雪崩通信」が発行されているのであれば、今年もお布施しようかと思ったが、今年は無し。
「第14回雪崩安全セミナー」に参加予定だったが、都合がつかず、不参加。


(23:00)

December 07, 2010

Google Alert 経由で見つけた ”トライアスロンにおける競技中の傷害 - 近畿地区における過去7年間のデータから-, スポーツ傷害(J. sports Injury)Vol.15:45 2010" のグラフ化。

次の分類に従って傷害・疾病発生頻度を1000 athlete-exposures で算出しカテゴリー間で比較
  • エリート(ショート)
  • 学生選手権(ショート)
  • 一般(ショート)
  • スプリント(24.75km〜28.75km)
  • 初心者(12.8km)
  • キッズ・ジュニア(2.3km〜12.8km)

スポーツ傷害(J. sports Injury)Vol.15:45 2010


MEMO

"1000 athlete-exposures" という用語を初めて見かけた。
この辺によると "Athlete-exposure is defined as 1 athlete participating in 1 game or practice" ということらしい。レースに出場するたびにカウントされるので、仮にある選手が3レースに出場していれば、3としてカウントされるということだと思う。

「熱中症はエリートで頻度が高く,一般の18.3 倍を示した」とあるのだけど、具体的な数字は不明。

{エリート, エイジグルーパー} x {ショート, スプリント, スーパースプリント}の直積で分類するのが素直ではないかと思うのだけど、そうはなっていない。

年齢分布は不明。

クロス集計表があってもいいのだけど、abstract だからか、一つもない。


(02:00)

November 11, 2010

暇つぶし中にみつけた雑多な NFL & Concussion 関連記事のメモ書き。

Chronic traumatic brain injury

McCrory P, Meeuwisse W, Johnston K, Dvorak J, Aubry M, Molloy M, Cantu R. Consensus statement on concussion in sport--the 3rd International Conference on concussion in sport, held in Zurich, November 2008. J Clin Neurosci. 2009 Jun;16(6):755-63.


"6.3. Chronic traumatic brain injury" に関連する話題がある。

Epidemiological studies have suggested an association between repeated sports concussions during a career and late-life cognitive impairment. Similarly, case reports have noted anecdotal cases where neuropathological evidence of chronic traumatic encephalopathy was observed in retired football players. ([108]-[112]) A panel discussion was held and no consensus was reached on the significance of such observations at this stage. Clinicians need to be mindful of the potential for long-term problems in the management of all athletes.

References もコピペ。

108. Guskiewicz KM, Marshall SW, Bailes J, et al. Association between recurrent concussion and late-life cognitive impairment in retired professional football players. Neurosurgery 2005;57:719-26.
109. Nandoe RD, Scheltens P, Eikelenboom P. Head trauma and Alzheimer’s disease. J Alzheimers Dis 2002;4:303-8.
110. Stern MB. Head trauma as a risk factor for Parkinson’s disease. Mov Disord 1991;6:95-7.
111. Omalu BI, DeKosky ST, Hamilton RL, et al. Chronic traumatic encephalopathy in a national football league player: part II. Neurosurgery 2006;59:1086-93.
112. Omalu BI, DeKosky ST, Minster RL, et al. Chronic traumatic encephalopathy in a National Football League player. Neurosurgery 2005;57:128-34.


Position Statement On Sports Concussion

Science Daily で知った気がする。

具体的な中身は次の PDF を確認のこと。
この PDF から recommendation をコピペ
  1. Any athlete who is suspected to have suffered a concussion should be removed from participation until he or she is evaluated by a physician with training in the evaluation and management of sports concussions
  2. No athlete should be allowed to participate in sports if he or she is still experiencing symptoms from a concussion.
  3. Following a concussion, a neurologist or physician with proper training should be consulted prior to clearing the athlete for return to participation.
  4. A certified athletic trainer should be present at all sporting events, including practices, where athletes are at risk for concussion.
  5. Education efforts should be maximized to improve the understanding of concussion by all athletes, parents, and coaches.

他のスポーツの例

ちょうど同じ時期に、ScienceDaily でラグビー、 ジュニアアイスホッケーの脳震盪に関する報告があったので、ポインターだけ。

# Rugby
Headgear, Mouth Guards Have Little or No Impact on Reducing Concussions in Rugby Players, Study Finds, ScienceDaily (Nov. 5, 2010) 
Cusimano MD, Nassiri F, Chang Y. The effectiveness of interventions to reduce neurological injuries in rugby union: a systematic review. Neurosurgery. 2010 Nov;67(5):1404-18; discussion 1418.

CONCLUSION: There is limited evidence to support the effectiveness of mouthguards and headgear in reducing neurological injuries; however, system-wide, mandatory interventions are useful in reducing neurological injuries in rugby.

# Junior Ice Hockey
Junior Ice Hockey Study Uncovers Alarming Concussion Rates, ScienceDaily (Nov. 5, 2010) 
Echlin PS, Tator CH, Cusimano MD, Cantu RC, Taunton JE, Upshur RE, Hall CR, Johnson AM, Forwell LA, Skopelja EN. A prospective study of physician-observed concussions during junior ice hockey: implications for incidence rates. Neurosurg Focus. 2010 Nov;29(5):E4.

CONCLUSIONS: The incidence of game-related concussions (per 100 athlete exposures) in these fourth-tier junior ice hockey players was 7 times higher than previously reported in the literature. 

Game Changers : How BU’s brain discoveries are influencing America’s most popular sport
Center for the Study of Traumatic Encephalopathy のある Boston University の大学新聞の特集記事。※動画付き

内容は NFL, concussion, CTE(chronic traumatic encephalopathy) について。
layperson 向けに仕上がっている。
大学新聞らしく alumni に対する Q&A がある。

Cumulative effects associated with recurrent concussion in collegiate football players: the NCAA Concussion Study.

Guskiewicz KM, McCrea M, Marshall SW, Cantu RC, Randolph C, Barr W, Onate JA, Kelly JP. JAMA. 2003 Nov 19;290(19):2549-55.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14625331

Collegiate football plyaer に対して以下を調査
  • Incidence of concussion and repeat concussion
  • type and duration of symptoms and course of recovery among players who were injured with a concussion during the seasons.
Conclusions
Our study suggests that players with a history of previous concussions are more likely to have future concussive injuries than those with no history; 1 in 15 players with a concussion may have additional concussions in the same playing season; and previous concussions may be associated with slower recovery of neurological function. 
 
原論文より Conclusions に関連するテーブルの抜粋

 table-3





table-4

table-5


(23:00)

November 10, 2010

The New York Times の次の記事のまとめ
October 20, 2010

Summary

コンタクトスポーツである アメリカンフットボールではヘルメットの着用が同然ながら義務付けられている。
そのヘルメットには"MEETS NOCSAE STANDARD"というように規格を満たしていることを示すステッカーが貼られている。
しかし、この規格は数十年前に頭蓋骨骨折を防ぐために定められたものであり、近年問題になっている脳震盪をおこすような衝撃に対して有効であるというエビデンスはない。また、フットボール用ヘルメットはシーズンごとに reconditioning を経て何年も使いまわすのが通例。
reconditioning の作業内容、品質管理にも問題がある。
1020-spt-HELMET

----------

 アメリカンフットボールのヘルメット規格(NOCSAE STANDARD)

Helmets both new and used are not --- and have never been --- formally tested against the forces believed to cause concussions.
The industry, which receives no governmental or other independent oversight, requires helmets for players of all ages to withstand only the extremely high-level force that would otherwise fracture skulls.

The standard has not changed meaningfully since it was written in 1973.
The one helmet standard was written by the National Operating Committee on Standards for Athletic Equipment, or Nocsae, a volunteer consortium that includes, and is largely financed by, the helmet makers themselves.


規格制定の経緯

After more than 100 high school and college football players in the 1960s were killed by skull fractures and acute brain bleeding. 
This standard has accomplished its intent: skull fractures in football have essentially disappeared, and the three or four football-related deaths each year among players under 18 are caused by hits following a concussion that has not healed (known as second-impact syndrome) rather than by a single fatal blow.

An estimated 100,000 concussions are reported each season among high school players alone, according to Nationwide Children’s Hospital in Columbus, Ohio, but many times that figure are believed to go unreported or unrecognized.

While bicycle helmets are designed to withstand only one large impact before being replaced, football helmets can encounter potentially concussive forces hundreds of times a season.
Helmets cannot get too large or heavy, so helmet designers say they face a trade-off:
  • make helmets stiff enough to withstand high impacts and allow less violent forces to cause concussions
  • more softly cushion against concussive-type forces while allowing large impacts to crack the skull.
The helmet industry has essentially chosen the former.

Nocsae’s standard for lacrosse and hockey helmets includes tests for concussive-type forces. But because football helmets have already prevented deaths so effectively for decades, and because football’s faster and more violent environment leaves biomechanists unsure of how to prevent concussions in the sport, Nocsae has not asked helmets makers to even try.

Concussion Aware Helmets








規格を満たしているだけのヘルメット

Riddel の study

特に Riddel の Revolution モデルは前向きコホート研究により脳震盪が31%も削減したことを示せたと主張している。しかし、その数字は "notoriously inaccurate, and compared new Revolution helmets with old helmets of
unknown age and condition." と記事内では扱われている。

Riddel Press Release"Neurosurgery Study: Research shows a 31% reduction in the risk of concussion in players wearing Riddell Revolution helmets when compared to traditionally designed helmets."(2006/02/01)

University of Pittsburgh Medical Center for Sports Medicine のグループによる前向きコホート

Collins M, Lovell MR, Iverson GL, Ide T, Maroon J. Examining concussion rates and return to play in high school football players wearing newer helmet technology: a three-year prospective cohort study. Neurosurgery. 2006 Feb;58(2):275-86; discussion 275-86.

CONCLUSION: Recent sophisticated laboratory research has better elucidated injury biomechanics associated with concussion in professional football players. This data has led to changes in helmet design and new helmet technology, which appears to have beneficial effects in reducing the incidence of cerebral concussion in high school football players.

規格を変える困難さ

Nocsae receives no oversight from any independent agency. Its 16-member board features five representatives of the helmet industry, six volunteer doctors, two athletic trainers, two equipment managers and one coach.

If Nocsae were to supplement its helmet standard in an attempt to address concussions, it could open itself to lawsuits brought by players saying that their helmet did not prevent the injury.

One use of the standard often emerges after a young player sustains a head injury and sues a school district or helmet manufacturer.
the primary (and usually successful) defense is that the helmet met the Nocsae standard.

Sander Reynolds(Xenith’s vice president for product development)
“If there’s a lawsuit, they all look to Nocsae to say, ‘Hey, see, the product met the set standards.’ They’re all ultimately on the same side when it comes to liability. Nocsae exists for two reasons --- to avoid skull fractures, and to avoid liability.”


National Federation of State High School Associations(NFHS) ではヘルメットは“met the Nocsae test standard at the time of manufacture.”とだけ定められている。
※NFHS サイトには e-ラーニングの "Concussion in Sports - What You Need To Know" という無料コースも用意されている。

リコンディショニング

To the extent that 1.7 million helmets do undergo reconditioning each year, they encounter procedures and practices that industry experts described as laughable if they didn’t compromise the safety of children’s brains.

1.7 million helmets do undergo reconditioning each year
Only about 10 to 20 percent of football players of high school age or younger wear a new helmet
But data closely held by the National Athletic Equipment Reconditioners Association, Naera, indicated that about 500,000 young players this fall were wearing helmets that had not undergone this basic safety check, which encounters glaring failures of its own.


Nocsae’s sole means of quality control is to require each reconditioning facility to perform the Nocsae drop test
The test is failed by about 1 in 300 reconditioned helmets, according to Naera reports.
This largely faith-based process allows for significant errors.
※ テスト内容は the NYTimes 記事の画像にあり


Mr. Fisher of Naera and most everyone involved in the helmet industry agreed that helmets older than about 10 years present an unacceptable safety risk. Riddell and Adams both strongly recommend that their helmets be discarded after 10 years. Schutt sets no such limit.

“There’s no scientific evidence that a helmet has to be pulled after 7, 10, 12 years, that there’s some line in the sand,” Schutt’s Erb said. “There are helmets that are out there that are performing fine. Do you want your car manufacturer to tell you that your car, at the end of 10 years, you have to destroy it? That’s a decision for the user.”


10年を超えたヘルメットは安全性に問題があるものもあるとする主張に根拠はなく、逆にそう主張することで10年間メンテしなくても済むと曲解することの温床になっている。A helmet that is reconditioned properly, recertified properly and inspected properly, is suitable for returning to the field --- no matter how old. といったことを主張。

Nocsae の今後の対応

Nocsae decided earlier this month to consider moving on the matter of a concussion-related helmet standard.
the process will take at least three or four years.

----------



UPDATE ON 2010/12/09

The New York Times の次の記事から
"N.F.L. Invites Helmet Safety Ideas" By ALAN SCHWARZ, 2010/12/08

NFL の head, neck and spine committee がヘルメットメーカー(The National Organizing Committee on Standards for Athletic Equipment (Nocsae))、外科医、生物力学などと会合をもった。

  • 既知:Football helmets worn at all levels are held to an industry standard that addresses only the extreme forces that would otherwise fracture skulls, not the less severe impacts that are believed to cause concussions.
  • DONE:One matter that achieved some consensus, attendees said, was that football helmets worn by children should be held to different standards than those worn by N.F.L. players. 
  • TODO:science has not yet identified the conditions under which a player sustains a concussion.
  • TODO:There are scientific revolutions...New materials will come up that are stronger and lighter. The question is will it work for eliminating concussions.



(01:30)

November 09, 2010

The New York Times の次の記事のまとめ
September 13, 2010

Penn State で lineman だった Owen Thomas(21歳) が a sudden and uncharacteristic emotional collapse のあと首つり自殺。
autopsy の結果 CTE(Chronic traumatic encephalopathy) にかかっていたことがわかる


nlf-Owen Thomas

------------------------------
------------------------------

Owen Thomas は no previous history of depression だった。死後 Boston University のグループが脳組織を調べると初期 C.T.E にかかっていたことがわかる。
# Boston University には "Center for the Study of Traumatic Encephalopathy(CSTE)" という部門もある。

同グループは "Thomas’s suicide should not be attributed solely or even primarily to the damage in his brain" としながらも "a 21-year-old’s having developed the disease so early raised the possibility that it played a role in his death, and provided arresting new evidence that the brain damage found in N.F.L. veterans can afflict younger players."

医者の中には "his C.T.E. - whose only known cause is repetitive brain trauma - must have developed from concussions he dismissed or from the thousands of subconcussive collisions he withstood in his dozen years of football, most of them while his brain was developing." というものもいた。

Dr. Daniel Perl(a professor of pathology at Uniformed Services University of the Health Sciences)も独立して検査を依頼される。
  • “This is real”
  • “This is a call for a broader range of research into this problem that extends beyond the heavy duty N.F.L. level of athletics.”
C.T.E.

  • a disease linked to depression and impulse control primarily among N.F.L. players, two of whom also committed suicide in the last 10 years.
  • only known cause is repetitive brain trauma
  • Thomas is the youngest and first amateur football player to be found with clear C.T.E.
Dr. Robert Stern(a director of the Boston University group)
  • the identification of factors like genetics would probably someday explain why some people develop C.T.E. while most do not.
  • Thomas’s case proves that the disease can begin, and perhaps influence behavior, among football players below the N.F.L. level.

CTE について wikipedia を読むと(21 October 2010 at 22:33 時点)さらに以下のことがわかる。

メジャーリーガーの Lou Gehrig はALS(別名"Lou Gehrig's disease")  ではなく ETS にかかっていたのかもしれない
A peer-reviewed paper to be published Wednesday in a leading journal of neuropathology, however, suggests that the demise of athletes like Gehrig and soldiers given a diagnosis of amyotrophic lateral sclerosis, commonly known as Lou Gehrig’s disease, might have been catalyzed by injuries only now becoming understood: concussions and other brain trauma.  --- the New York Times "Study Says Brain Trauma Can Mimic A.L.S."  Aug 17, 2010

CTE はアメフト、野球だけでなく、プロレスラーやNHL(アイスホッケー)の選手(Reg Fleming)にも見られる
dementia pugilistica(パンチドランカー)は CTE の亜種
2010年時点で 250人以上の現役/引退選手が研究推進のために CSTE Brain Donation プログラムに登録している。


YouTube : WVU Doctors Discuss Chronic Traumatic Encephalopathy (CTE)




------------------------------
------------------------------
用語


------------------------------
------------------------------

Related Study

1. Omalu BI, Hamilton RL, Kamboh MI, DeKosky ST, Bailes J.  Chronic traumatic encephalopathy (CTE) in a National Football League Player: Case report and emerging medicolegal practice questions. J Forensic Nurs. 2010 Spring;6(1):40-6.


Andre Waters の記事で登場した Dr. Omalu が著者の一人


2. Jordan BD, Relkin NR, Ravdin LD, Jacobs AR, Bennett A, Gandy S. Apolipoprotein E epsilon4 associated with chronic traumatic brain injury in boxing. JAMA. 1997 Jul 9;278(2):136-40.

"Chronic traumatic encephalopathy" で検索するとボクシング系のペーパーが良く引っかかる。
アルツハイマー病と Dementia pugilistica(パンチドランカー)は症状が似ていることに着目

CONCLUSIONS: These preliminary findings suggest that possession of an APOE epsilon4 allele may be associated with increased severity of chronic neurologic deficits in high-exposure boxers.


3.  McKee AC, Cantu RC, Nowinski CJ, Hedley-Whyte ET, Gavett BE, Budson AE, Santini VE, Lee HS, Kubilus CA, Stern RA. Chronic traumatic encephalopathy in athletes: progressive tauopathy after repetitive head injury. J Neuropathol Exp Neurol. 2009 Jul;68(7):709-35.


4. McKee AC, Gavett BE, Stern RA, Nowinski CJ, Cantu RC, Kowall NW, Perl DP, Hedley-Whyte ET, Price B, Sullivan C, Morin P, Lee HS, Kubilus CA, Daneshvar DH, Wulff M, Budson AE. TDP-43 proteinopathy and motor neuron disease in chronic traumatic encephalopathy. J Neuropathol Exp Neurol. 2010 Sep;69(9):918-29.


the New York Times に掲載された Lou Gehrig の記事内で紹介されていた BUの研究グループ 



(00:30)

November 08, 2010

The New York Times の次の記事のまとめ
Expert Ties Ex-Player’s Suicide to Brain Damage
January 18, 2007

元 NFL プレイヤー(defense back) の Andre Waters が現役引退後の44歳で自殺した。
脳組織を調べてみると、85歳の老人のようで、アルツハイマー病の兆候を示していた。
脳の老化は度重なる脳震盪が原因と疑われている、という話。

------------------------------
------------------------------

元 NFL プレイヤー(defense back) の Andre Waters が現役引退後の44歳で自殺した。
晩年は鬱を患っていた。

Harvard 大学の defensive tackle であり、WWE プロレスラーであった Christopher Nowinski は Andre Waters の家族とコンタクトをとり、脳組織を調べてもらうよう取り付ける。


担当した neuropathologist の Dr. Bennet Omalu によると

Waters' brain tissue had degenerated into that of an 85-year-old man with similar characteristics to those of early-stage Alzheimer's victims. 
Waters would have been fully incapacitated within ten years.



Mr Waters のプレースタイル

  • one of football’s hardest-hitting defensive players while with the Philadelphia Eagles
  • Asked in 1994 by The Philadelphia Inquirer to count his career concussions, Mr. Waters replied, “I think I lost count at 15.”


Dr. Bennet Omalu によると
brain trauma “is the significant contributory factor” to Mr. Waters’s brain damage, “no matter how you look at it, distort it, bend it.
It’s the significant forensic factor given the global scenario.
although he planned further investigation, the depression that family members recalled Mr. Waters exhibiting in his final years was almost certainly exacerbated, if not caused, by the state of his brain and that if he had lived, within 10 or 15 years “Andre Waters would have been fully incapacitated.”

一方で、 "The NFL declined to comment on Waters' case specifically."


Christopher Nowinski

Harvard 大のフットボールプレイヤー時代に2回
プロレスラー時代に2回脳震盪を起こす
その後 Post-concussion syndrome により 2004 年に引退
nfl-Christopher Nowinski
2006年には "Head Games: Football's Concussion Crisis from the NFL to Youth Leagues" という本を執筆
in which he detailed both public misunderstanding of concussions as well as what he called “the N.F.L.’s tobacco-industry-like refusal to acknowledge the depths of the problem.”






Dr. Bennet Omalu
University of Pittsburgh の neuropathologist
 Bennet Omalu


Andrew M. Tucker, MD

当時の the NFL Mild Traumatic Brain Injury Committee(現在の the NFL Head, Neck and Spine Medical Committee) メンバーであり Baltimore Ravens のチーム医
2009 年には公聴会 "Hearing on: Legal Issues Relating to Football Head Injuries" に出席している

cnet.tv の"What parents need to know" というビデオの中でも concussion について committee の一人としてインタビューに答えている。
インタビュアーが中盤あたりからガンガン切り込んでいるのが面白い
"Current researchhas not shown that having more than one or two concussions leads to permanent problems if each injury is handled properly" Do you stand by that?

------------------------------
------------------------------

Related Study

1. Guskiewicz KM, Marshall SW, Bailes J, McCrea M, Cantu RC, Randolph C, Jordan BD. Association between recurrent concussion and late-life cognitive impairment in retired professional football players. Neurosurgery. 2005 Oct;57(4):719-26; discussion 719-26.

CONCLUSION: Our findings suggest that the onset of dementia-related syndromes may be initiated by repetitive cerebral concussions in professional football players.

記事内で "Studies of more than 2,500 former N.F.L. players by the Center for the Study of Retired Athletes ..." と引用されていたもの。タブン


2. Omalu BI, DeKosky ST, Hamilton RL, Minster RL, Kamboh MI, Shakir AM, Wecht CH.  Chronic traumatic encephalopathy in a national football league player: part II. Neurosurgery. 2006 Nov;59(5):1086-92; discussion 1092-3.

CONCLUSION: Our first and second cases both had long careers without multiple recorded concussions. Both manifested Major Depressive Disorder after retirement. Amyloid plaques were present in the first case and completely absent in the second case. Both cases exhibited neurofibrillary tangles, neuropil threads, and coronary atherosclerotic disease. Apolipoprotein-E4 genotypes were different. Reasons for the contrasting features in these two cases are not clear. Further studies are needed to identify and define the neuropathological cascades of chronic traumatic encephalopathy in football players, which may form the basis for prophylaxis and therapeutics.

記事内で "A new study, to be published later this year, finds a similar relationship between sustaining three or more concussions and clinical depression." と引用されていたもの。タブン

Dr. Omalu も執筆者の一人。


3. Pellman EJ, Viano DC; National Football League's Committee on Mild Traumatic Brain Injury. Concussion in professional football: summary of the research conducted by the National Football League's Committee on Mild Traumatic Brain Injury. Neurosurg Focus. 2006 Oct 15;21(4):E12.
Pellman EJ, Viano DC; National Football League's Committee on Mild Traumatic Brain Injury. 

記事内で "The N.F.L.’s mild traumatic brain injury committee has published several papers in the journal Neurosurgery defending that" と紹介されているものの一つではないかと勝手に予想。
caveat として記事内に次の指摘がある。
A primary criticism of these papers has been that the N.F.L. studied only active players, not retirees who had reached middle age. 


4. I. R. Casson, D. C. Viano, J. W. Powell, E. J. Pellman. Twelve Years of National Football League Concussion Data. Sports Health: A Multidisciplinary Approach, 2010; DOI: 10.1177/1941738110383963

上記に 2002-2007 も追加したもの。
最近 ScienceDaily に流れていたので、記憶の片隅にあった。

Conclusions: The most recent 6 years of NFL concussion data show a remarkable similarity to the earlier period. However, there was a significant decrease in the percentage of players returning to the same game, and players were held out of play longer.



(07:30)

October 30, 2010

千葉県総合スポーツセンター特別トレーニング講習会 (平成22年度 谷本道哉 トレーニング講習会)に参加。

プログラム

2010/10/30(土曜日)
13:30 - 15:15 座学(15分遅延)
15:30 - 16:30 実技(30分遅延)
16:30 - 17:00 QA

使える筋肉・使えない筋肉


概要

  • 補助トレーニングとしての筋トレの役割
  • 筋肉の性能はなにに依存するのか
  • 筋肥大・筋力増強をもくてきとしたトレーニング
  • 競技動作と筋トレ動作の違い
  • 筋トレ動作が競技に与える(悪)影響とその回避策
  • 基礎的スキルトレの実技 
 「競技パフォーマンス = 筋肉の基本性能 x スキル」
というのが根底にあり、競技パフォーマンス向上のために、筋肉、スキルそれぞれを鍛えましょう、という話。
------------------------------------------
気になるときは、質問してもらってOK
人間の体なのでこれが絶対正しいというものはない。
いろんな研究結果をもとに谷本が理解したものを解説
鵜呑みにせず理解すること。
------------------------------------------
座学編

筋トレの位置づけ

・競技練習
全般的にある程度向上
・補強トレ
特定の体力要素を強力に向上
競技そのものが筋肉負荷、持久力負荷が高い場合、補強は不要
ex)レスリング、体操

筋肉の基本性能
 
筋肉のエンジンとしての基本性能
  • 収縮力∝太さ
  • 短縮速度∝長さ
  • パワー∝ボリューム
筋肥大->力、速度の向上->パワーの向上

筋肥大させるためのトレーニング
 
筋肥大を促すのに適したトレーニング刺激
  • ヘビー(外向的/いわせ系)物理的ストレス
  • パンプ(内向的/きかせ系)化学的ストレス

(P.5 の資料では 「Fleck と Kraemer, 1978 など」とあるが Kraemer の年齢的に本当に1978年であってるのかなぁと思う。試しに pubmed で検索してみても、一番古いのは 1988年。)
中重量・中回数80%1RM程度で8-12回がベース

動作の違い
 
・競技動作
競技に最適化された動作
・筋トレ動作
標的の筋肉に負荷をかけるために最適化された動作
要領のいい、自然な動き(反動動作)を封じ込めている
=競技動作とは異なる動作
競技パフォーマンス
= A:筋肉(エンジン)の基本性能 + (B1:力・速度発揮能力 & B2:競技特異的スキル)
= 筋肉 + 神経系統
A:筋トレで強化
B1:プライオメトリクス、クイックリフト
B2:競技

・競技動作
反動を使う
チーティング
・筋トレ動作
反動を使わない

反動動作が強いパワーを発揮できる理由
 
  1. 筋-腱の短縮能力を上げる「SSC」の利用
  2. 「SSC」と「関節間力」を使った Energy Flow
筋肉をチューンナップさせるスキル
  1. プライオメトリクス
  2. クイックリフト
  3. チーティングテクニック
  4. 初動負荷トレーニング(R)
NSCA は競技以外のトレーニングとして次の3つを推奨
  • 筋トレ
  • プライオメトリクス
  • クイックリフト 
------------------------------------------
実技編

以下の実技
  • プライトメトリクス
  • クイックリフト
  • マシンを使ったチーティング
  • 寸勁(すんけい)
時間が推していたので、かなり巻きで進行。
その後、参加者各自がやる
 
クイックリフトに挑戦してみたが、スムーズに動作できず軽い重量でも一苦労。フリーウェイとを全くやったことがない人には敷居が高かった。
翌日は、腰痛に悩まされた。
------------------------------------------
メモ
 
話し方について

・聴衆の前提知識を意識せずに話す。(レスリンググレコローマンスタイルフリースタイルの違いとか)
・野球/格闘技の細かいネタがあちこちに差し込まれるのも、これらにきわめて疎い自分にはつらかった。
・漢字がわからないと意味をとりにくいことも適切な補足説明なし話す。
・2chに強い思い入れがあるのか、「2chでは・・・と書かれていますが、、、」と何回もフォローを入れていた。
・時間が押していても、重要なことをピンポイントで話すというようなことはせず、あくまでも本能の赴くままマイペースに話す。

静的ストレッチによる筋力・パフォーマンス低下

極端な例、対象で統計的有意差を出している。
通常の静的ストレッチであれば、筋力・パフォーマンスは落ちない。

筋肥大について

トレーニングすればだれでもボディービルダーのようになる(なれる)わけではない。
人により
・筋細胞
・筋応答
は大きく異なる。
石井直方の大会優勝時の体型は80%が素質

持久力競技者の筋トレ/プライオ

有酸素運動をすると筋肉が萎縮するので、筋力維持のためにやったほうが良い
また、同じ動作を繰り返すスイム/バイク/ランのトレーニングとしても、プライオメトリクスは有効
 
千葉県総合スポーツセンター

千葉県総合スポーツセンター
は年間3万人の人が利用
公共のジムにはめずらしく、外国製の Hammer Strength が数多く取り揃えられている。
片道2時間の道のりは長かった。 
講習会の参加者は30名程度。年齢は20代から60(70?)代まで男女ともに幅広く参加。
参加費: 1,500円(スポーツ傷害保険・トレーニングルーム利用料含む)
------------------------------------------
参加までの経緯

「月刊スポーツメディスン公式ブログ」で知り、 座学ということで参加。


2010/09/05 に申し込み

きかれた内容
  • 名前
  • 年齢
  • 性別
  • 住所
  • 電話番号
  • トレーナー OR 競技者
  • やっているスポーツ
  • レース/大会への参加の有無

当日の持ち物一覧を口頭で伝えられ、キャンセルの場合は連絡するよういわれる。



(23:59)

October 22, 2010

Ford Ironman World Championship 2010  Shoe Count 編

Method

Zoot 野鳥の会の皆さんが Kona 2010 contenders を観察し、カウント

Results

* Footwear

asicsAsics がダントツトップ
2位〜5位は拮抗していて、順に

新興の Newton が2位につけているのは、バイクの Cervelo のようなポジションであり、いかにも、という感じ。
kona2010-footwear

比較のために、2009年版のシューズカウント
Newton Japan がフィニッシュラインをくぐった上位1000名を対象にカウントしたもの。
元データはパーセントでしか表示されていなかったため、x10した値を利用。1000に満たなかった分を other としてカウント。
SlowTwitch では Nike が一足もカウントされていないのはおかしいだろ、とか突っ込みを受けている。
(Nike は Zoot 調査の2010年版では6位)

kona2009-footwear


* Compression Calf Sleeves
が2強。
2XU

compressport


効果あるのかな?
NOTE:調査はCompression Calf Sleeves を履いている人が対象であり、全部足しても 205 でしかない。

kona2010-compressioncalfsleeves

* Compression Socks
CEP がダントツ

cep

効果あるのかな?
NOTE:調査はCompression Sock を履いている人が対象であり、全部足しても 191 でしかない。
kona2010-compressionsocks
Apparel

Apparel はTop/Bottom/Racesuit  いずれもカスタムがトップ、続いて
が3強。

2XU

zoot

skinfit

skinfit は初めて名前を聞いたが、 オーストリアに本社のある企業。
プレスリリースでは、次のようにコメントされている。
"An astonishing feat considering that most competitors are from North America where Skinfit does not yet have as strong of a presence as it does in the European markets. Skinfit is by far the most popular European brand ..."
Apparel Top/Down と Racesuit の違いは1ピースか否かだと思う。

* Racesuits

kona2010-racesuits
* Apparel Tops




kona2010-appareltops

* Apparel Bottoms


kona2010-apparelbottoms

* separate or suit
セパレートと一体型の比率
kona2010-apparel


Memo

LAVA Magazine のサイトでは Craig Alexander が "Nice work to all 204 athletes on your choice of Newton running shoes today." とコメントしている。

Related Articles

References



(23:00)