August 10, 2009

最近ちょくちょく本を購入している出版社 Human Kinetics のブログで見つけた次の記事から "What are the top five books in YOUR locker?"

アメリカの "USOC OLYMPIC COACH E-MAGAZINE" の 2009/07/09 号で特集が組まれていた、アメリカのトップコーチ4人による "top five books that should be in a coach’s library"
様々なスポーツ、経歴のコーチがあげたバイブル5冊。

本だな


#1 : Bob Bowman

Michael Phelps のコーチとして有名。
北京オリンピック後は Michigan 大学を離れて、古巣の North Baltimore Aquatic Club に戻っている。



  1. 競技力向上のトレーニング戦略 - テューダー ボンパ
  2. 「やればできる!」の研究―能力を開花させるマインドセットの力 - キャロル S.ドゥエック
  3. The Science of Winning : Planning, Periodizing and Optimizing Swim Training - Jan Olbrecht
  4. My Personal Best -John Wooden (UCLAバスケットボールの著名なコーチ)
  5. タオのリーダー学―世紀の変わり目を生き抜くための81の戦略 by ジョン ハイダー

#2 : Guy Baker

アメリカ女子水球チームを銀(2000, 2008)・銅(2004)メダルに導いたコーチ。



  1. Peak Performance - Gilson, Pratt, Roberts, Weymes
  2. ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則 by ジェームズ・C. コリンズ
  3. シカゴ・ブルズ 勝利への意識革命 by フィル ジャクソン
  4. Vision of a Champion - Anson Dorrance : Advice and Inspiration from the World's Most Successful Women's Soccer Coach (アメリカ女子サッカー)
  5. Who Will Do What By When? by Tom Hanson

#3 : Adam Bleakney

パラリンピック車いす競技の元オリンピアン(Sydney, Athens, Beijing)で、現在は同種目のコーチ

  1. 競技力向上のトレーニング戦略 - テューダー ボンパ
  2. Flow: The Psychology of Optimal Experience - Mihaly Czikszentmihaly
  3. Athletic Development: The Art and Science of Functional Sports Training - Vern Gambetta  (#4 Vern Gambetta の書籍)
  4. 創発―蟻・脳・都市・ソフトウェアの自己組織化ネットワーク - スティーブン ジョンソン
  5. Sport Specific Speed: The 3S System- Gary Winckler and Vern Gambetta

#4 : Vern Gambetta

オフィシャルサイトの biography  を見ればわかるように、実に雑多なスポーツでコーチとしてのキャリアを積んできた。
KEYWORD : functional training.
この人だけ6冊もあげている。



  1. Running : Biomechanics and Exercise Physiology Applied in Practice.- Frans Bosch, Frans and Ronald Klomp
  2. You’ve Got to Be Believed to Be Heard ? The Complete Book of Speaking in Business and In Life- Bert Decker
  3. 「やればできる!」の研究―能力を開花させるマインドセットの力 - キャロル S.ドゥエック
  4. 達人のサイエンス―真の自己成長のために by ジョージ レナード
  5. ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代 - ダニエル・ピンク
  6. プレゼンテーション Zen -  ガー・レイノルズ

複数選ばれているのは次の2冊

コーチのため、スポーツ・運動だけでなく、組織をまとめる、コミュニケーションといった能力も当然必要。

#2の Guy Baker はチームスポーツのコーチ故か、個人スポーツコーチの#1, #3 とは若干系統が異なるように感じる。

この中で読んだことがあるのは #4-6「プレゼンテーション Zen -  ガー・レイノルズ」のみ。自分はコーチではないけれども、日本語に訳されている本くらいは、目を通してみよう。



(21:00)

コメントする

名前
 
  絵文字