終わりましたよ逆裁4。
ネタバレしとくとコナン=新一で、犯人はヤス。

カプンコ・・・じゃなかった、カプコンから
今月12日に出たADVゲーム、逆転裁判4。
ついにシリーズ4作目ですね。

今回は前作から7年後の世界。
1〜3の主人公である成歩堂龍一をゲスト的な扱いに
新主人公として王泥喜法介が登場します。
ヒロインも新キャラ、みぬきに交代。

シナリオ関係はゲームの特性上、詳しく書けませんが
逆転逆転の繰り返しで面白かったと思います。
このシリーズは推理関係にオカルトな要素が
絡んできたりするのでリアリティに欠けるんですが
それを逆に上手く使って話を盛り上げてくれるので
そこがまた面白いところです。
ただ今作は話が破綻している部分が今まで以上に多く
ちょっと気になりました。
笑って許せるくらいの心の広さは必要です。
過度の期待は禁物ぐらいに思っていた方が楽しめます。

僕の感想はよく出来た法廷版ガンダムSEEDディスティニー
と言ったところです。
序盤の、特に1話の盛り上がりは異常ですね。
SEEDディスティニー見た人ならなんとなく分かると思います。


1〜3と、DSリメイクの蘇る逆転をプレイした人が
ニヤリと出来る要素が割と盛り込まれているため
前作のからプレイする事をオススメします。
( ̄ー ̄)ニヤリ・・・
新主人公ということでDSから新規にやり始めるには
ちょうど良いと言えばちょうど良いのかもしれませんが
それでは楽しみが半減する気がします。
DSでは1と2がベスト版で出ていますので
とっつき易いのではないかと。
3のDSリメイクも近々出るとのウワサです。

操作はオーソドックスなADV。
あやしい場所調べる時はタッチペンといった感じで。
カガク捜査というDSの機能を中々上手く使った
捜査も盛り込まれています。いい感じです。
マイクを使えば自分の声で待った!や、意義あり!を
仕掛ける事も出来るので
テンションが盛り上がってしまった場合や
辱めを受けるのが好きなマゾな方はどうぞ。
( ゚Д゚)/ <意義アリ!


ゲームとしての出来は良いです。
シナリオもシリーズ特有の面白さを失ってはいません。
ただ、シナリオの辻褄について考えすぎてはいけません。
どう考えても伏線は次回作に持ち越しな空気でした。
ハリーポッターかよ!

上でも述べましたが過度な期待は禁物。
今までのシリーズをプレイ済みの方にとっては
期待しすぎれば凡作、大した期待もしてなければ良作
なんじゃないかなぁ。
十分、合格点レベルのゲームではあるとは言える
と思いますけども。
次回作をプレイしてこそ、評価が変わってくる
タイプのお話ではないでしょうか。
今までの1〜3が3部作としてつながっているように。

早く続き出せ!カプンコ、コノヤロー!
サイコロックぶつけんぞ!


<チラシの裏>
僕が過度な期待をしていた事は言うまでもありません。
伏線多くてなんか生殺し(・x・)
ま、不満が出るのは期待して大丈夫なレベルだからですよ。

FCのたけしの挑戦状なんて不満点無いもんね。