2008年04月13日

違憲判決

編集者A「日本国憲法における最高裁判所の判断について考えてみよう
編集者B「めちゃめちゃ真面目ですやん。最後の絵文字が気になるけど」

A「ちなみに、現在の訪問者数は27名です」
B「人気ブログランキングのクリックもお願い申し上げます

A「さて、と。衆議院の場合。選挙人の投票価値に相当程度の格差が生じていた場合、その議員定数配分規定について、違憲であると判断したことがあるんだ」
B「では、その選挙結果は無効だったんですか」

A「いや、選挙自体は有効だったんだ」
B「なるほど」



人気blogランキングへ




tyuseinobushi at 21:58|Permalinkclip!

江戸時代の経済

編集者A「江戸時代の経済について考えてみよう
編集者B「最後の絵文字は何ですか」

A「いや、面白いかな、と思って……」
B「何でゴルフですか」

A「適当に選んだんじゃ。さて、江戸時代には問屋制家内工業が一般化したのは御承知の通り。織物業や醸造業では工場制手工業(マニュファクチュア)の段階まで発展するものもあったんだよ」
B「分業による作業形態ですね」

A「
B「何ですか、そのリアクション!」

人気blogランキングへ

tyuseinobushi at 18:55|Permalinkclip!

唐代

編集者A「唐代に関する事は興味あるかな」
編集者B「無いです」

A「またかい!均田制。これは隋代に既に採用されていたんだ。唐代の均田制では16〜59歳の男子に口分田が支給されていた。これは本人が亡くなると国に返還しなければならなかったんだ」
B「そうですか」

A「こらこら!755〜763年に安禄山の乱が起こった。皇帝の玄宗は失脚したんだけど、この乱はウイグルの援助を受けて鎮圧されたんだよ」
B「良かったですね」

A「あっさり言うんかい!」


↓更新意欲の増大にも繋がりますので、クリックして頂けると嬉しいです。


紀伊国屋


人気blogランキングへ

tyuseinobushi at 18:44|Permalinkclip!

2007年09月10日

オセアニアの農業について

編集者A「久々の更新だね」
編集者B「昨日の訪問者数は5名です」

A「1名って日もあったから、5倍アップだね」
B「全然、凄くないですって!」

A「オセアニアの農業なんか、興味あるかな」
B「無いです」

A「即答かい!例えば、オーストラリアの農産物の多くは輸出目的に生産される羊毛・肉類・小麦なんかが挙げられる。特に羊毛の生産量・輸出量は世界最大だ」
B「強引に解説しちゃいましたね」

A「ちなみに、オーストラリアは鉄鉱石・ボーキサイト、石炭などの資源にも恵まれている。特にボーキサイトの産出量は世界一だ」
B「そうですか」

A「こらこら!」

↓更新意欲の増大にも繋がりますので、クリックして頂けると嬉しいです。


紀伊国屋


人気blogランキングへ

tyuseinobushi at 15:44|Permalinkclip!

2007年08月12日

直接請求権

編集者A「直接請求権について考えてみよう」
編集者B「まずは社会問題からですか!」

A「芸能情報も今後充実していく予定です」
B「過去ログを見ても、ほとんど社会問題です!」

A「まあまあ。大事なことだから」
B「そら、そうです」

A「地方公共団体の長に対する解職請求権は、有権者の3分の1以上の連署で選挙管理委員会に対して行うんだよ」
B「条例の制定や改廃についても教えて下さい」

A「うむ。これは有権者総数の50分の1以上の連署でOKだね」
B「事務監査請求も50分の1以上ですか」

A「そうそう。議会の解散請求は3分の1以上だけどね」
B「選挙管理委員会に対して行うんですよね」

A「この部分、時々引っかけで【地方公共団体の長に対して行う】となってる場合もあるよ。間違えないようにしないとね」


紀伊国屋


人気blogランキングへ

tyuseinobushi at 11:33|Permalinkclip!

2007年06月04日

政治学

編集者A「『リヴァイアサン』って著作があるよね」
編集者B「ホッブズでしたっけ」

A「そうそう。『市民政府二論』は?」
B「ロックですよね」

A「正解。『社会契約論』。これはルソーだね」
B「『法の精神』モンテスキューですか」

A「そうそう。こういった著作は記憶しておこう」

tyuseinobushi at 10:38|Permalinkclip!

2007年06月03日

国会の委員会制度

編集者A「かなり久々のブログ更新だね」
編集者B「昨日の訪問者数は2名です!」

A「更新してなかったからねえ」
B「ちゃんと更新して下さい!」

A「さて。国会の委員会制度だ」
B「議員以外は傍聴出来ないんですよね」

A「いやいや、報道関係者なんかは委員長の許可を得れば傍聴が許されるんだよ」
B「なるほど」

A「決議により、秘密会にすることも出来るよ」
B「予算委員会については……」

A「もちろん、予算を審査する常任委員会なんだけど、実際は国政全般を議論してる場になってるねえ」

tyuseinobushi at 12:04|Permalinkclip!

2007年05月04日

行政契約

編集者A「公法上の契約には単に当事者間の利害調整の見地から定められている私法規定はそのままの形では適用出来ない場合があるんだ」
編集者B「何故でしょう」

A「公法上の契約には、公益を目的としているものもあるよね」
B「確かに」

A「私法規定をそのまま適用すると不都合が生じる。これが主な理由だね」




↓次回の更新の励みになりますので是非1クリックをお願い致します。上手く画像が表示出来ない場合もありますが、一度戻って頂いて再びクリックして頂ければ上手く表示されます(それでも上手く表示されない場合もありますが……)



人気blogランキングへ

tyuseinobushi at 19:17|Permalinkclip!

2007年04月08日

支配

編集者A「支配については、ドイツの社会学者M・ウェーバーが著名だね。彼は支配に三つの型を認めたんだ」
編集者B「例えば……」

A「うん。まずは伝統的支配。昔から存在している秩序と権威に基づく支配のことだね。君主制の国家などがこれに該当するよ」
B「お次が……」

A「カリスマ的支配。そして最後が合法的支配だ。法律とその秩序に基づく支配のことだね。官僚制による支配がこれの純粋な型だ」




↓次回の更新の励みになりますので是非1クリックをお願い致します。上手く画像が表示出来ない場合もありますが、一度戻って頂いて再びクリックして頂ければ上手く表示されます(それでも上手く表示されない場合もありますが……)



人気blogランキングへ

tyuseinobushi at 16:01|Permalinkclip!

企業形態

編集者A「企業形態は色々なものがある。例えば、カルテル。企業集中の一形態だね。通常は価格協定が多い。カルテル価格と言われるよ」
編集者B「トラストってのも聞いたことがあります」

A「そうそう。これは同一産業部門の巨大企業が市場支配を目的として合併することだね」
B「コンツェルンは………」

A「これも企業集中の一形態だ。カルテルトラストの結合を人的なものによって強固にしたものを言う。財閥とも言うね」




↓次回の更新の励みになりますので是非1クリックをお願い致します。上手く画像が表示出来ない場合もありますが、一度戻って頂いて再びクリックして頂ければ上手く表示されます(それでも上手く表示されない場合もありますが……)



人気blogランキングへ

tyuseinobushi at 15:50|Permalinkclip!