サカイの視点(IT・経営・経済)

中小企業のIT経営に役立つ情報をお届けします。 当ブログは(株)サカイiT経営とサカイiT企画のコラムページです。愛知県一宮市でIT経営コンサルティングを提供しています。http://www.sakaiit.com/

販売単価を見直す

 ここ1~2年の間にパート・アルバイトの時給が高騰していることは皆さんご存のところだと思います。私の感覚としては(愛知県一宮市)近隣のパートの求人は以前850~900円が多かったですが、今や950~1,000円が当たり前になりました。また、働き方改革などをきっかけに労働基準監督署の労働時間に関する監督も強化され、中小企業の外部環境はますます厳しくなるばかりです。

 人件費が高騰すれば、当然に利益が減ります。それを防ぐために販売単価を改定できればいいのですが、そうした取組みをしないというか、そうした感覚がない企業が少なくありません。

 ここで簡単な試算をしてみたいと思います。

 中小企業の粗利益に対する人件費の割合(これを労働分配率と言います)は、国の統計上では70%前後となっています。仮に粗利益率が平均70%の製造業とすると、売上高×70%×70%で、売上高の49%が人件費ということになります。一方で、他の統計によると、中小企業の売上高に占める経常利益の割合(これを売上高経常利益率と言います)は3%前後。仮に先のパート求人の時給のように人件費が10%伸びれば、売上に占める人件費の割合は49%⇒53.9%と4.9%増加し、売上高経常利益率約3%を上回るため、赤字に転落します。

 利益を圧迫するのは、人件費だけではありません。中部電力エリアでは、2014年4月に電気料金の値上げがされています。業界によっては円安の影響を受けて材料費や部品代が高くなっているところもあると思います。

 知らぬ間に利益が徐々に減って、茹で蛙のように、会社を蝕んでいく。危機的な状況になる前に、是非考えて欲しいことは、まず販売単価の見直しです。

 単価の価格交渉は容易ではないことは重々承知しております。そのため、年1%程度のちょっとずつでも良いので上げていく努力が必要です。近年では、同業他社が減り、元請企業が発注する先が減少し、売り手市場になりつつある業界もあります。

 価格決定権が自社にある場合には、見積書提出の際に少し多め出してみる。元請企業が価格決定する場合は、自社の状況を説明し、理解を得るなどのちょっとした努力の積み重ねが、会社を強くすることは間違いありません、


 なお、蛇足ではありますが、弊社では適正単価の算出や、取引先の単価交渉資料の作成などのご相談にも応じることができますので、お気軽にご相談ください。

職人不在で会社廃業へ。事業承継のもう一つの要点

 先日、後継者もいて、お金もあるのに廃業された会社の話を聞きました。廃業の原因は職人がいなくなってしまったことです。その会社の経営者は齢70前後で、職人もまたその世代だったようです。また社長は職人ではなかったので、仕事を受けても自社でできず、外に出すにしても単価が安すぎてどの業者にも引き受けてもらえず、実質事業が継続できないので廃業されたということでした。

 事業承継というと、社長から後継者への代表権の交代や、後継者の経営者教育、自社株対策や債務整理などの財務的な対策などが事業承継の課題として一般的なセミナーや情報誌のテーマに挙げられることが多いですが、人や技術の承継についても十分考えておく必要があると思います。

 中小企業の多くは優秀な方を採用できなくて苦労されています。ということは、技術を習得するにはそれなりに時間を要することになります。今の技術を後任の社員にもし継承するとするなら、一体どれほどの時間を要するのでしょうか?また、今在籍している職人はあと何年働いてくれるのでしょうか。技術が高ければ高いほど付加価値は高いですが、その分、技術の承継に時間を要することになります。

 また、そうした社員を雇用するにはそれなりに生活の保証として給与を支払う必要があります。70前後の人の給与とこれから雇用しようとする例えば30台~50代の人の給与では大きな開きがあると思います。そうすると会社はそうした人を雇用できるだけの収益体制になっている必要があります。

 長年の不況で同業他社の廃業・倒産していく中で、取引先から見て御社の技術が他社に代えがたいものであれば、事情を説明し積極的に単価交渉することをオススメします。また、外注先が廃業して新たな外注先を探している取引先もこの時代少なからず存在しますので、そうした新たな取引先を開拓し、適正価格で交渉する準備を整えておくとより良いと思います。

 このように色々と考えるとそれなりの時間を要することが想像できます。技術の承継も合わせてその時間はざっと10年ぐらいはかかるのではないでしょうか。これは一大事業と呼べると思います。この技術継承をすすめる事業を社長と後継者が共に考え、実行していくことも事業継承にとって大切なことだと思います。


 なお、蛇足ではありますが、弊社では適正単価の算出や、取引先の単価交渉資料の作成、また技術承継ほか事業承継のご相談にも応じることができますので、お気軽にご相談ください。

7/6(金)「IT 導入補助金マッチングセミナー・個別相談会 」(尾西信用金様主催)にて商品PRします

みなさん、こんにちは!

尾西信用金庫様 主催の次のセミナーにて
IT導入補助金が使えるソフトのご紹介をいたします。
是非この機会にご参加ください。

■弊社オリジナルのソフト
 ・らくらく受発注管理
 ・らくらく生産管理
 ・ホームページ制作

■他社
 ・応研「販売大臣」
 ・フォトロン「頭脳RAPID19」(CADソフト) など

--------------------------------------------------------------------------------------------
        尾西信用金庫様 主催
   IT 導入補助金マッチングセミナー・個別相談会 

【開催日時】平成 30 年 7 月 6 日(金) 13:30~16:10
【 会 場 】 尾西信用金庫 事務センタービル 2 階(コミュニティーホール)
【参 加 費】 無料

詳しくは、こちらのページをご確認下さい。
http://www.bi-shin.co.jp/pdf/it_dounyu30.pdf



自己紹介

酒井是和

会計事務所を母体とする大手コンサルティングファームにて15年間、税務会計、営業、経営コンサルティング、広報、採用、システム管理などに従事し、2013年5月に退職し、同年11月にサカイiT企画を開業。そして、平成28年7月株式会社サカイiT経営を設立。愛知県一宮市在住。

・(経産省認定) 中小企業診断士
・(経産省認定) 経営革新等支援機関
・(経産省認定) ITコーディネータ
・(経産省認定) 情報セキュリティスペシャリスト

<専門家登録>
・中小企業庁 中小企業・小規模事業者ワンストップ総合支援事業(ミラサポ)
・(公財)あいち産業振興機構 経営技術専門家
・中小機構 経営実務支援アドバイザー

サカイiT経営 主なサービス
お問い合わせ先
電話:050-3578-5138
住所:愛知県一宮市浅井町大日比野字如来堂1534
メール:お問い合わせフォーム
RSS
facebook
累計訪問人数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: