お知らせが遅くなってしまいましたが、
昨年12月18日に平成27年度補正予算案、平成28年度予算案が閣議決定されました。

ほぼこちらの予想通りでした。

早いものだと1月、2月から公募が始まると思われます。
前年の募集要項を参考に事前に準備しておくと申請がスムーズに行えます。

■ものづくり・サービスの新展開(ものづくり補助金)

  ・試作品やサービスの開発、生産工程の改善のための設備投資を支援
  ・1件あたり500万円~3000万円上限(補助率2/3)

■省エネ設備の導入

  ・設備ごとの省エネ効果等で簡易に申請が行える制度を創設し、
   高効率な省エネ設備(空調・工業炉・給湯など)への更新を支援します。
  ・補助率:設備取得費用の1/3
  ※これまで補助されやすかったLEDへの切り替えは対象に含まれるのか注目です。

■小規模事業者の販路開拓等(持続化補助金等)

  ・販路開拓のチラシ作成、商品パッケージ制作、集客を高めるための設備導入など
  ・1件あたり50万円上限(補助率2/3)

■創業・第2創業の支援

  ・産業競争力強化法に基づく認定市区町村から創業支援を受ける中小企業が対象。
  ・若者・女性の創業のための店舗賃借費や設備導入費などの1件200万円上限(補助率2/3)
  ・事業承継を契機に新分野に挑戦する第二創業の在庫処分費や解体費などの廃業コストを
   1件1,000万円上限(補助率2/3)


その他、中小企業向け補助金(・税制改正)の情報はこちらにまとめられています。
是非、ご参照ください。

中小企業庁:中小企業・小規模事業者関係 予算・税制改正のポイント
(平成27年度補正予算案、平成28年度予算案、平成28年度税制改正)
http://www.meti.go.jp/main/yosan/yosan_fy2016/pdf/chushokigyo3.pdf