鉄塔 中富線―自転車歩行者道

 以前にご登場願っている、多摩湖自転車道と中富線52号

soudentettou_nkt52_e
中富線52号

 画像左側のこの道路、一昨年(2018)、自転車と歩行者の間での事故多発を受けての事であろう、安全の為「多摩湖自転車歩行者道」と名称が変更された。
 確かに旧名称では、自転車中心であるような印象を受ける。こうした道路は、河川堤防上に多く見られる「サイクリングロード」「サイクリングコース」などと同様、自転車も走れる「自転車歩行者専用道路」で「自転車専用道路」ではなく、あくまで歩行者優先だ。
 自転車優先道路との誤解を招かないようにする名称変更の動きは他にもあり、府中市の「多摩川サイクリングロード」も「府中多摩川かぜのみち」とすでに変更され、対岸川崎市の「多摩川サイクリングコース」も変更のため愛称の市民投票実施中だ(2月に結果発表予定)。

 多摩湖自転車歩行者道(都道)は、前も書いたように下に水道管が通る水道道路で、玉川上水記事で触れたあの多摩湖(村山貯水池)から、境浄水場へと水を送る導水管の上を遊歩道化したもの。野山北公園自転車道と同じだ。そう言えばあちらも、誤解を生む名称である。其れに彼方は大分狭く、また生活道との交差が多く自転車では可也走り難い(ディスりではありません)。

soudentettou_nkt52-umanose_a
左下に自転車歩行者道

 こちらは「馬の背」。水道はここで、石神井川を越える。この細道の下が導水管だ。住宅地に突如出現の、草の土手。川の堤防ではないので、誤解の無い様。
 52号手前のエノキが、もう少しで黄葉を迎えそうだ。

2020年睦月22日
(取材は12月初旬)

――――――――――――――――

・取材の際はマナー遵守を心掛け十分配慮しておりますが、もしご近隣の皆様にご心配及びご迷惑をおかけしておりましたら、お詫び致します

・この鉄塔の建つ場所は小平市花小金井、最寄り駅は西武新宿線花小金井駅です

*多摩湖自転車歩行者道:東京都道253号保谷狭山自然公園自転車道、が正式名称らしい。長い

鉄塔に昇るのは非常に危険です。絶対にやめましょう

(スマートフォン版は、通信の最適化により画像の画質低下・サイズ縮小となっている場合があります。ご了承下さい)