民主党の渡部恒三元衆院副議長は15日夕、TBSの番組収録で、小沢一郎幹事長の資金管理団体事務所などが土地購入をめぐって家宅捜索を受けたことに関し「捜査結果が出たら、小沢君も『政治は国民のためにある』と言っているのだから、民主党がしっかり景気対策をやれるように、決断してくれると思う」と述べ、捜査の行方によっては幹事長辞任もあり得るとの見方を明らかにした。
 渡部氏は小沢氏と距離を置く有力議員の一人で、党内で幹事長辞任に公然と言及したのは、渡部氏が初めてだ。収録で渡部氏は「彼の潔白を信じたい」としつつ、「国民の疑問に対し、できるだけ分かりやすく説明するのが、民主主義社会の政治家として当然だ」と述べ、捜査中を理由に説明を拒む小沢氏を批判した。
 この後、渡部氏は記者団に「(小沢氏は)自分のためにじゃなく、国民のためということで判断してくれるだろう。国民のために頑張るという判断もあるし、国民のために潔く身を引く判断もある」と語った。 

<自民会派>田村氏ら3氏が離脱(毎日新聞)
暫定税率、ガソリン価格が3か月連続160円超で課税停止(レスポンス)
「官房長官のマスコミ批判おかしい」自民・浜田氏(読売新聞)
臓器移植 範囲は親子・配偶者 親族優先提供開始へ 厚労省指針(産経新聞)
小沢氏の資金管理団体捜索=東京地検(時事通信)