環境に優しい「エコカー」の普及のため、国会近くの議員会館の駐車場にプラグインハイブリッド車(PHV)や電気自動車(EV)用の充電スタンドが設置されることになった。

 地球温暖化問題に国会議員が率先して取り組む姿勢を示そうと直嶋経済産業相や小池百合子・元環境相ら超党派の有志議員が昨年12月、衆参両院の議院運営委員長に設置を申し入れたことがきかっけだ。

 国会事務局によると、設置するのは200ボルトのコンセント2基で4月1日から利用できる。

 使用料金はPHV車が1回90円、EV車が1回220円で歳費から料金を引かれる。

 利用には事前登録が必要で、現在登録している議員はわずか2人にとどまっている。

<鳩山邦夫氏>首相が母親に資金提供を求めたかは不明と説明(毎日新聞)
立松さん“第二の故郷”知床、早い死惜しむ(読売新聞)
医療援助隊、13日で活動終結=ハイチ大地震(時事通信)
支持率下落、政治とカネ影響=「民主らしさ」で回復期す-鳩山首相(時事通信)
普天間、5月までに結論=米上院太平洋小委員長に説明-岡田外相(時事通信)