経理担当の立場を悪用し勤務先の建設会社から現金約2千万円を着服したとして、警視庁巣鴨署は業務上横領の疑いで、埼玉県春日部市中央、飲食店店員、江川恒彦容疑者(39)を逮捕した。

 同署によると、江川容疑者は「仕事のストレスがあってやった。銀座の高級クラブ代や競馬代などに充てた」などと容疑を認めている。建設会社には平成16年12月から昨年8月にかけて、計約2億円の不明金が確認されており、同署が関連を調べている。

 逮捕容疑は21年2月上旬~8月下旬、東京都豊島区の銀行など建設会社名義の預金口座から、数十回にわたり、現金計約2千万円を横領した疑いが持たれている。

 江川容疑者は平成16年4月から建設会社の経理課長代理に就任。昨年9月に後任者が帳簿などを調べたところ、不明金が存在することに気付き、不正が発覚した。

【関連記事】
小1の1500円ネコババ巡査長、別の落とし物の現金も着服
交番の巡査長、落とし物の財布から1500円横領 落とし主は6歳児
火葬料410万円着服の斎場職員を懲戒免 忌引も不正取得
「ブランド品に6千万」 福岡で 業務上横領容疑で女逮捕
着服は1・7億円? 容疑の元信金職員を逮捕 「車、旅行…」

小沢氏、証人喚問出席「考えておりません」(産経新聞)
新たな高齢者医療制度でヒアリング-厚労省(医療介護CBニュース)
普天間、徳之島町議と面会へ=官房長官が鹿児島訪問(時事通信)
小惑星探査機 「はやぶさ」地球撮影 6月帰還、故郷目前(毎日新聞)
米へ密入国?引き返し便の2人、旅券所持せず(読売新聞)