民主党幹部は12日夜、小沢一郎幹事長が衆院政治倫理審査会での弁明を検討していることについて「東京地検の聴取要請があった段階で政倫審に臨む意向を示せば、説明責任を尽くす姿勢をアピールできる」と歓迎した。別の幹部も「小沢さんが政倫審に出たら、野党も審議を止める理由がなくなる」と述べ、国会審議の促進につながるとの見方を示した。
 一方、自民党の大島理森幹事長は党本部で記者団に「遅きに失したぐらいだ」と指摘するとともに、「鳩山由紀夫首相も自ら政倫審で説明したらいい」と強調した。また、同党の国対幹部は「(疑惑解明の)第一歩だ。政倫審でお茶を濁すというのは許さない。(小沢氏の)参考人招致、証人喚問につなげたい」と語った。
 公明党の井上義久幹事長は都内で「国会での説明責任をしっかり果たしてもらいたい。政倫審が実現したら、その中身によって課題がいろいろと出てくるのではないか」と述べた。 

糖尿病治療題材に寸劇 医師らの本音、黒子が代弁(産経新聞)
もんじゅ運転員を再教育 操作ミスで制御棒トラブル(産経新聞)
<労働問題>17日ネット番組開始 市民グループが情報発信(毎日新聞)
無症状キャリアーは対象外=救済案、国側が一時検討―B型肝炎訴訟(時事通信)
泉南アスベスト判決 国の不作為責任を断罪(産経新聞)