菅直人副総理・財務相と松野頼久官房副長官が、昨年11月に挙行された政府主催の「天皇陛下ご在位20年記念式典」の最中に居眠りしていた疑惑が、政府が12日に閣議決定した答弁書で“暴露”された。

 自民党の木村太郎氏が質問主意書で「(式典の)実行委員会副委員長である菅副総理は、天皇陛下のご臨席で、首を何度も何度もこっくりこっくりとし、居眠りをしていた」と指摘。松野氏に関しても「数回、これまた居眠りをして隣の席の松井(孝治)副長官から注意を受けていた」として、「式典に臨む姿勢としていかが」と鳩山内閣の見解をただした。

 これに対し答弁書は「政府の参列者は天皇陛下のご在位20年を慶祝する気持ちで臨んだ」「鳩山内閣は天皇陛下をはじめとする皇室の方々に、尊崇の念を持って対応している」としつつも、2人の居眠りについては否定も肯定もしていない。

【関連記事】
天皇陛下、ご即位20年式典で国民とご交流「絆大切に困難克服を」
「絆大切に」 天皇陛下ご即位20年で相次ぎ祝賀行事
鳩山首相、皇室典範改正は「時間をかけ議論するテーマ」
羽毛田長官「様子見たい」 陛下の「夜のご執務」で 
「陛下に前日連絡、努力している」 官房長官、夕方の閣議指摘に

イラン人密売組織のリーダー逮捕=住宅街で薬物密売-警視庁(時事通信)
10日からグアム視察=普天間移設で政府・与党検討委(時事通信)
違反切符を破棄、消防士逮捕=シートベルト未装着-広島県警(時事通信)
荒川区の小学校 徴用と拉致同一視 女性講師、児童に説明(産経新聞)
仁和寺の「御室桜」を守ろう=苗木増殖に成功-住友林業(時事通信)