ミュージカルを全国で上演する劇団「ふるさときゃらばん」の運営会社(東京都小金井市)が経営破綻(はたん)し、東京地裁の破産手続き開始決定を受けていたことが分かった。破産管財人の弁護士によると、負債総額は関連会社「ふるきゃらシネマ」と合わせて約6億4700万円。今後は事業譲渡の交渉を進め、公演の継続を目指すという。

 帝国データバンク東京西支店によると、劇団が文化庁主催芸術祭賞を受賞した1985年から運営会社が事業を開始。日本文化や環境問題などをテーマにした創作ミュージカルの上演を続け、05年の「愛・地球博」にも出演。05年8月期には約9億3900万円の売り上げを計上したが、景気後退によるスポンサーの撤退、地方自治体からの招待の減少などで採算が悪化していた。

【関連ニュース】
映画製作配給会社:シネカノンが民事再生法の適用申請
1月倒産:負債総額2兆6032億円 日航3社で9割
倒産:4年ぶりに前年下回る…09年
いづみや総本社:自己破産申請へ 愛知で飲食40店
企業倒産:負債総額2兆6032億円 日航3社で9割--1月

<集団暴走>57歳が軽トラで容疑…昔暴走族だったのでつい(毎日新聞)
火災 男児救出…お手柄の高校生2人に感謝状 京都府警(毎日新聞)
あす男子フィギュア 関大コンビに「金」期待(産経新聞)
<固体化リチウム電池>常温以下で作動、世界初 三重で成功(毎日新聞)
自民、佐藤ゆかり氏ら公認(スポーツ報知)