柱谷 哲二(はしらたに てつじ、1964年7月15日 - )は、京都市出身の元サッカー選手、サッカー指導者・解説者。Jリーグ選手協会初代会長。現役時代のポジションはディフェンダー、守備的ミッドフィールダー。実兄の柱谷幸一も元サッカー選手、サッカー指導者。来歴日産自動車サッカー部、ヴェルディ川崎、日本代表等でセンターバック、守備的MFを務め長年活躍した。出場時の多くはキャプテンとしての出場であり、チームを激しく鼓舞するその姿から「闘将」と呼ばれた。「闘将」という愛称ながら、クレバーなプレーも得意。ヴェルディ黄金期ならびにオフトジャパン時代にはラモス瑠偉とともに指揮官に呼ばれ、先発メンバーについての相談も受けるなどした。1998年のシーズン終了後、高年俸だったことと、チームの若返りを図る意図からヴェルディから「0円提示」。現役続行の意思を表明していたが、他チームからオファーがかからずそのまま現役を引退した。その後NHKなどで解説者を務めていたが、2002年に岡田武史監督の後任として、プロチームの指導者としての現場経験のないままコンサドーレ札幌監督に就任。ところが、J1リーグ戦と Jリーグヤマザキナビスコカップを含めた公式戦13試合でわずか2勝と低迷し、2002年FIFAワールドカップ開催によるJリーグ中断期間中に解任された。柱谷の札幌就任が濃厚となった時点では、またJリーグの監督を務めるために必要なS級ライセンスを有しておらず(前年に講習を受けてはいた)、プロ監督としての能力や資質が不透明なまま、同ライセンスの判定を前倒しにしてもらった経緯があった(知名度最優先の契約)。就任後もチーム作りに未熟さを露呈し、「ロブソンには責任を取ってもらう」という責任転嫁とも受け止められかねないコメントを残した。解任直前まで若手の積極登用やユース選手を練習に参加させるなど、チーム建て直しへの意欲は見せていたが、結果として札幌はこの年の16チーム中最下位でJ2へ降格となり、札幌サポーターからは戦犯として挙げられた。その後、国士舘大学サッカー部のコーチに就任したが、天皇杯で国見高校に敗れる失態を見せる。2003年に浦和レッドダイヤモンズのコーチに就任し、主にサテライトを中心に指導。浦和が多数タイトルを獲得する上昇期に若手を指導した事で、コーチとしての能力が再評価された。2005年にJ2降格と

<特別背任容疑>パチンコ大当たり台を教え損害 元店員逮捕(毎日新聞)
夜間・休日の急病、「救急車を呼ぶ」が半数近く(医療介護CBニュース)
退役「しらせ」、環境基地に=海自横須賀基地を出港(時事通信)
広島の無人島落札者、隣島の運送業者だった(読売新聞)
法改正なら時効廃止も 世田谷一家殺害、八王子スーパー強殺…(産経新聞)