☆☆ Game27 9月4日 TZダム釣行 ☆☆

3日遅れの更新です。m(__)m

そして第4弾はTZダムで夏休み釣行の締めくくり。

20190904_055403

秋っぽくなってきたし巻きの釣りが出来るかなと期待しての釣行だった。

9月から出船時間が変わって6時からとなっていた。

20190904_055311

この日はヘラ師も多くてサービススタートもなく6時きっかりに出船。

前回、ボイルが多数発生していたUの背へ向かう。

20190904_060122

今回はそれほどでもなく、所々ポツポツくらい。

向かう途中のバンクをジャークベイトで流していくが反応無し。

そしてフッとバンクに見えバスを発見。

ウロウロしていたがスーッとその下のレンジに消えていった。

透明度が2m弱なのでうっすらとボトムが見える範囲から下への急なバンクが恐らく狙い目だと思った。

ソッコー、スピニングの3ポンドライン+2.5インチレッグワームを投入。

これってレイクのオープンウォーターを攻める時の定番中の定番。

見えてるバンクに落としてからシェイクしながらその下のレンジにズル引くか小さくバンプさせる。

最初のアクションでコンっとアタリが入って早速ヒット!

6時22分、32.1cm・460gでサクッと1本目。

20190904_062250

同様な手法で3本追加で計4尾キャッチ。

6時30分、24.4cm・180g

20190904_063058

6時36分、25.5cm・210g

20190904_063652

7時7分、28.2cm・310g

20190904_070749

正直これで今日のパターンが分かった感じ。

岬状に張り出した両脇のバンクの下の3~4mレンジの斜面のボトムというのが釣れる魚っぽい。

決してショアラインではないしシャローフラットでもなくディープフラットでもない。

平らに張り出したシャローフラットから急激に深くなるバンクも狙い目だった。

そうはいっても魚は小さい。

デカいのはやっぱりTOPかカバーというのは揺るがない気がしていた。

Uの背の立ち木エリアでポンパドゥールとノーシンカーで少々遊んでみたけどノーシンカーにバイトがあっただけ。

しかし、可能な限り狙いたいので川筋を上がっていく。

その途中でやっぱりダウンショットで1本追加で5本目。

ここはカバーやレイダウンが絡む場所なのでベイトフィネスのダウンショット。

7時34分、26.1cm・220g。

20190904_073435

川筋に入ると本湖と同様な地形ではないので本来のTOP狙いでポンパドゥールと野良ネズミ、ノーシンカーでローテーションしていく。

20190904_074204

野良ネズミでバイトが出たけど乗らなかった。_| ̄|○

ハンプ状に盛り上がった地形のやっぱり3mレンジのバンクでまたもやダウンショットで1本追加で6本目。

8時14分、38cm・780gとサイズアップ。

20190904_081426

TOPルアーに飽きてきたのでスピナベを追加すると1本出た。

といってもこれは巻きではなく垂直岩盤に落としてフォール中にバイトしてきたので落ちパクに近い。

8時30分、26.5cm・220gと7本目。

20190904_083020

かろうじてキーパーサイズだが、30cmを超えないと引きはイマイチだよね。

9時30分には最上流に到達するもここのTZダムはあまり見えバスも居ないし案の定、何も収穫なしでUターン。

戻りつつ、TOPルアーローテーションを続ける。

が、全くダメ。

また浅くなっている場所がありそこでベイトフィネスのダウンショットを探ると1本追加。

10時15分、33.1g・370gで8本目とした。

20190904_101553

その直後だった。

反対側から来ていたJBのあるプロがデカいのを釣り上げた。

グリーンのベルトをエレキに巻いていたからそう思ったが顔は知らない方だった。

もう1台ボートを牽引しながらビデオ撮影をしていた。

取材なのかYouTube撮影なのかは分からない。

どうやらクローラーを川筋のど真ん中で引いていて掛けたらしい。

そんな~、ついさっきまで私もポンパドゥール巻いてましたけど…
( ̄ロ ̄lll)

またもや自信喪失。

が、諦めたくない。

そのままローテーションを続けていった。

川筋を出た直ぐのワンドでいい感じの木の根元に3インチヤマセンコーをスキッピング。

着水、ちょっと沈んだタイミングでバイト。

アワセると凄い生命感。

ギュギュっとドラグが悲鳴を上げて出ていく。

そして突然ラインブレイクでサヨナラ!! _| ̄|○

ラインが切れたが私も切れた。笑

そこからはTOPをすっぱり止めちゃった。

11時20分頃の話。

その先のUの背の入り口付近の急バンクでダウンショットであっさり追加して9本目。

11時34分、31.7cm・350gと30cmあれば楽しい。

20190904_113432

そのまま朝のポイントに入り直す。

朝と同じ攻め方で1本追加でやっと2桁安打。

11時49分、36.7cm・570g。

20190904_114934

ボート屋を過ぎてもう一つの川筋へ。

釣れそうな岬状の両脇の急バンクを求めて彷徨う。

意外にそういう場所は多くなくて外れもある。

K園ワンドで2本追加して12本まで数を伸ばした。

12時45分、24.5cm・210g。

20190904_124538

12時52分、36cm・600gちょうど。

20190904_125245

そこから約1時間低迷する。

K園下のゴミ溜りカバーに目がくらんでテキサスでかなり頑張ってチェックしてしまった。

これが完全に不発、まぁ1回だけバイトは出たのだが乗らなかった。

水位が2.5m減水で少なすぎるのが不調の原因かも。

それでまたもや、ちょっと私も切れてシャッドとクランク、スピナベで巻いて遊んでみた。

するとスピナベにギルが衝撃のバイト!!

スピナベでギルを釣るなんて生まれて初めての事だった。

しかもアシストフックをかわして本フックにフッキングしていた。( ゚Д゚)

バイトする瞬間まで丸見えの興奮の瞬間でした。

てっきり小バスだと思ったのだが…。( ̄ロ ̄lll)

13時11分、17.2cmと20cmにも満たないギルのナイスファイト!

20190904_132332

この日巻きにガツンと来たのは、結局このギルだけだった。

家の用事があって17時までに帰らなくてはいけないので、15時までに桟橋帰着と時間制限があった。

なのでここで巻きも止めちゃった。

その後は今までの経緯から攻め方をダウンショット1本に絞っていった。

すると、13時30分から約1時間30分で、ある程度想定できた5本を追加することが出来た。

13時57分、26.8cm・260gで13本目。

20190904_135755

14時9分、28.7cm・300gで14本目。

20190904_140958

14時21分、23.7cm・180gで15本目。

20190904_142146

14時37分、25.1cm・220gで16本目。

20190904_143734

14時44分、26cm・230gで17本目。

20190904_144446

それこそ、ここでしょうっていう所にキャストして誘っているとコンとくるお決まりのバイト。

定番中の定番の本領発揮といったところだが、30cm以下のマメばっかりで飽きるし面白くない。

H湖でも同様だがH湖はもう少しサイズが大きくて30cm以上はあるので引きがあって全然面白い。

20190904_145113

予定通り15時前には桟橋に帰着。

数は17尾とまずまずだと思った。

だがボート屋の釣果ノートでは全然。

その時の最多は30尾で私のダブルスコア近い釣果。

サイズは大して変わらず39cmというのが最大。

まぁ、その時は早々にパターンを絞り込んでいってれば30尾はいくのは当然だろうと納得できた。

いつになったら巻きの釣りになるのかな~。

次が楽しみだ。

それではまた。


☆☆ 総括 ☆☆ 
家へ帰ってからボート屋のHPを見て驚いた。
なんと最多は50匹だって。
最大は50UPだったがこれは間違いなくあのJBの人が釣ったやつだろう。
それにしても50匹は凄い!
TZダムの釣れ方に興味を持ったのでネットで調べてみると詳細に分析している方のブロブに行きついた。
それによると、今の時期は3~4mラインのブレイクに一番魚が集まってるらしい。
要はワカサギがそのレンジにいるのでそれに付いているらしい。
なので場所は移動するし立ち木エリアにもそのレンジにいるようだ。
釣り方は勿論私のやり方でもOKだが、もっと深い所でも3~4m沈めてからのスイミングでも食うらしい。
フワフワと軽いスモラバやジグヘッドでそのレンジを通していくのもアリのようだ。
いわゆるミドストってやつだな。
もしかするとクランクやシャッドでも深いそのレンジを通せるのなら当然巻きでの釣りも成立するとみた。
私は地形ばっかり魚探で見ていたが、やはり上手い人はベイトの動きも見逃さないよね。
まだまだ私は勉強不足のようだ。
ますますリザーバーの釣りが面白くなってきた。


☆☆ 釣行データ ☆☆
時間 9時間 6時から15時
天気 曇りのち晴れ          
気温 23℃~28℃
風  微風から弱風           
水温 28℃~28.8℃
釣果 25バイト17フィッシュ1外道(ギル)1ラインブレイク1バラシ
    MAX 38cm
    アタリ- ダウンショット、ノーシンカー、スピナベ、テキサス
    キーパーサイズ14本 5100g
    リミットメイク 5本 2780g

さらにHOTなバス釣りブログは下記バーナーをクリック!

バス釣り ブログランキングへ