☆☆ Game31 10月3日 M湖釣行 ☆☆

5日遅れの更新です。m(__)m

この所の貧釣果に欲求不満が溜まる一方。

よし、TZダムへ行こうと思ったら木曜日で休み _| ̄|○。

じゃぁと選んだのが同じ房総のM湖。

いつものようにBロッジから。

20191003_060106

10月からは6時10分の出船。

いきなりどの方面へ行くか悩む、というかどういう釣りがしたいかハッキリしないからなのだが…。

トップか横の動きかフォールか、シャローマンだから2m以下のシャローでボトムを取るような釣りがしたいのだが、上流という感じもないしね。

結局、ダムサイト方面へ向かいつつ岸際から浮きゴミや朽ち竹、立ち木周辺を縫うように野良ネズミやポンパドゥール、バドを通していく。

20191003_063727

これが中々結果が出ない。

野良ネズミにチェイスしてきたのでいけるかと期待したのだがそれが1回こっきり。

しかも、大して大きくなかった。

日が出てきたので今度は横はシャッド、クランク、シャッドテールワームなどを使い基本は垂直岩盤主体、ゴミ溜りや立ち木の密度が濃い所はテキサスとベイトフィネスのダウンショットでピンポイントで探っていく。

水深が5mより深い時の探り方が難しい。

どの程度の所まで落としていくのか、いつも分からない。

スーッとボトムまで落としていく事ばっかりしていたが、これはダメだろうって事は分かる。

活性が高ければフォール中にバイトするか追いついて食うかだろうがそうでなければそのまま中層に浮いている魚は見送っちゃうよね。

そんな事を考えながらRK沢の立ち木エリアでベイトフィネス・ダウンショットで探っていた。

6mくらいある水深で真ん中くらいまで少しずつ落としつつ誘っていくが無反応。

ちょっと上げてチョンと下げた瞬間グーッと抑え込まれるバイトが出た。

夢中でアワセを入れて掛けた!

枝に囲まれたエリアだったが木化けをする事もなく無事にネットイン!

8時19分、31.2cm・320gとまぁまぁ。

20191003_081903

一瞬、全部このパターンかな、なんて思ってそれから立ち木エリアを見つけちゃ試していったがそんなに甘くはない。

確かに数バイトはあったものの直ぐ離したり小さかったりして乗らなかった。

そのまま大して進展もないままKS広場を経てもう1つの川筋へ向かった。

20191003_124557

収穫もないまま13時頃折り返す。

もうこの頃になるとフィネスな釣りが主体になっていた。

岩盤か立ち木か浮きゴミ周辺にネコリグかダウンショットで少しづつ落としていく作戦だ。

ショートバイトはあれど釣れない! (T_T)

とあるストレッチでネコリグをシェイクしつつフォールさせていくとバイト!

20191003_142823

アワセて掛けるも引いている途中でバレた!

掛りが浅かったので、もしかしたらと思ってそのままネコリグで再度キャスト。

同じように攻めていると再びアタリが!

今度こそと一呼吸待ってのアワセで捉えるとそのままキャッチに成功。

14時26分、34.8cm・490gとサイズアップ。

20191003_142614

釣れても釣れなくても帰着は15時30分と決めていたのでこれが最後のバイトとなりそのまま納竿となった。

ボウズは逃れたものの2尾はやっぱり寂しい。

簡単じゃないよね。

それではまた。


☆☆ 総括 ☆☆ 
秋だし横の釣りって言ってもそう簡単には出ない。
引き方や引き場所も重要な事は分かってはいるがそれを見つけ出すのは容易じゃない。
帰宅後HPで確認したが釣れてる人は軽く2桁はいってる。
まぁ凡人はせいぜい5匹くらいが関の山かなってとこかな。
レンジは2~3mが多く巻き倒した人は1匹でも50cmゲットできていたようだ。
Bロッジの店主も言っていたがトップはそう簡単に出ないよって。
殆どの人がワームでネチネチしてスコアを地道に重ねていく感じだって言っていた。
数も釣りたいし少しでもデカいのをって夢見ると中途半端な結果になってしまう。
分かっちゃいるんだが…。


☆☆ 釣行データ ☆☆
時間 6時10分~15時30分 9時間20分 
天気 晴れ時々曇り          
気温 18℃~27℃
風  微風から中風           
水温 24℃~25.2℃
釣果 5バイト2フィッシュ1チェイス0バラシ
    MAX 34.8cm
    アタリ- ダウンショット、ネコリグ
    キーパーサイズ2本 810g


さらにHOTなバス釣りブログは下記バーナーをクリック!

バス釣り ブログランキングへ