黒鱒ハンター出没中

ブラックバスの釣れる所なら何処でも出没中 夢は日本中、いや世界中のフィールドを駆け巡りたいってか。

2019年07月

お久しぶり!

☆☆ Game17 M湖釣行 ☆☆

1日遅れの更新です。m(__)m

長引く低温と長雨。

近くの河川や湖沼は芳しくなさそうだし、ここは気分を変えてダム湖へ行くことにした。

どこでもいいのだが木曜日とあって年中無休のM湖を選択した。

大人気のTMボートから出船しようと行ってみると滅茶苦茶の人混み。

利用したことが無いのでどういう点が評価されているか知らないがバスもヘラも利用者でいっぱい。

朝の4時20分だけど、遠くの駐車場まで埋まってるほど。
( ̄Д ̄;;

面倒になってお約束のBロッジへ。

ガラガラの2番手入場。笑

20190711_050607

確かに施設は古いし汚いけど、空いている方が準備しやすい。

桟橋の場所も悪くないしね。

定時の5時10分出船。

3m減水だが、ダムの修理が終わっていないので、これ以上の水位は保持できないらしい。

なので、これで満水状態との事。

桟橋目の前の川筋を遡っていく。

20190711_051057

TMボートの客が多いので彼らより少しでも早く入りたかったからだ。

そういう意味でもBロッジにちょっとだけアドバンテージがある。

水色は濁りが合って透明度は1m程度。

ローライトだから先ずはTOPから。

人気の野良ネズミを使ってみるがバイトなし。

次はその日の状況を確認する意味で3インチヤマセンコーのノーシンカーとオフセットジグヘッド+4インチグラブの両方でチェックする。

これも何もなし。

立ち木ではダウンショット、浮きゴミではテキサスと要所要所を然るべきリグで攻めているのだが何も答えが返ってこない。
_| ̄|○

いよいよ川筋へ入り川幅が狭くなってきたので、ここからは巻いてみることにした。

そうフォール系がダメなら巻いてみるってな具合。

メガバスのクランクをショアラインから巻いてくる。

何投かすると突然ゴンとアタリが出た。

引きが弱いので小バスだろうと思ったらなんとデカギルだった。 笑

20190711_064534

6時45分、クランクで21cmのギルをゲット!

今まで20cmが最大だったからギルの自己記録更新、まぁどーでもいいけど…。

20190711_064720

続かないので今度はシャッドへシフト。

同じように巻いていく。

レイダウンのソバを通過した時だった。

カツ、ゴンと当たってきた。

が、やっぱり小さい引き。

またギル?

いや、今度はバスだがマメだった。

7時6分、ガリガリの28.5cm・250g。

20190711_070659

ギリキーパーで何とか1本目。

その後は何も起きずに、7時23分には最上流まで到達。

20190711_072357

40cm弱の見えバスがいたが、何を投げてもガン無視された。

水温は0.5℃くらいしか下がらず若干透明度が増した程度だが笹濁りのまま。

最初に巻きで釣れたのが勘違いの始まり。

折り返しも巻き続けたが何もない。

9時30分ごろ本湖へ戻ってきた。

ダムサイト方面へ向かって過去実績のショアラインを流してみるけど、ジグヘッドによるギルや小バス以外のアタリが全くない。

絶対の自信をもって浮きゴミ下へのテキサスアプローチも空振り。

立ち木もそうで完全に心がバキバキに折られてしまった。

かってあんなに通っていた場所ではあるがレンタルボート屋のバサーへの解禁以来格段に難しくなってるのを痛感した。

20190711_122158

12時30分頃にはダムサイト終端まで行ったので折り返した。

帰りは垂直岩盤の際とか一段下のブレイク中心をジグヘッド、ノーシンカー、ネコリグやダウンショットで試していくも全然だめ。

13時にBロッジへ戻ってきてこのまま上がろうと思ったが、あまりに口惜しいのでKS広場まで足を伸ばしてみることに。

20190711_142015

橋の際でダウンショットのドラッギングで小バスがヒット。

13時46分、23cm・130gで2匹目。

20190711_134609

続いて近くでバイトを得るも乗らず。

どうやら3m前後のボトムが良さそうな印象を得た。

このKS広場の垂直岩盤エリアの地崩れ場所でも同様の攻めで再びヒット。

14時13分、30cm・350gで3本目とした。

20190711_141343

15時まで粘っていたが雨が強く降り出してきたタイミングで納竿とした。

結局マルチヒットは得たが40UP出ないどころか35UPも無し。

長雨はダム湖にもいい影響は与えてないようだ。

それではまた。


☆☆ 総括 ☆☆ 
Bロッジでは客が8人くらいしかおらず、誰も40UPはいなかった。
全員苦戦していた模様。
帰宅後TMボートの釣果を見てみるとさすが人気店。
つわものが良い釣果を上げていた。
竿頭は14本を頭に3人以上が2桁安打。
エリアはもう1本の川筋の方が良かったようだ。
KS広場も釣れていた。
自分は果たせなかったが浮きゴミ下のヒットパターンも目立っていた。
朝一の巻きでマメが釣れた事でそれに引っ張られて2時間くらい攻め方に迷いが出たのが失敗だったね。
巻きで釣れている人は誰もいなかった。


☆☆ 釣行データ ☆☆
時間 10時間 5時10分から15時10分
天気 晴れのち曇り雨          
気温 17℃~22℃
風  微風から弱風           
水温 20.8℃~23.1℃
釣果 8バイト3フィッシュ1外道(ギル)0バラシ
    MAX 30cm
    アタリ- クランク、シャッド、ダウンショット、
    キーパーサイズ2本 600g


さらにHOTなバス釣りブログは下記バーナーをクリック!

バス釣り ブログランキングへ

TMカップ第5戦 2019

☆☆ Game16 ST川釣行 ☆☆

1日遅れの更新です。m(__)m

プライベートなバス釣り大会TMカップ

場所を再びST川へ移して5戦目が行われた。

今回の参加者は7名で今季最小人数かもしれない。

20190702_050206

連日の小雨続きで水が悪い中、5時出船、帰着は13時でスタートした。

少しでも水が良いのは勝手に上流と判断。

アウトサイドベンドをメインに釣り上がっていく。

20190702_050434

朝一だしローライト、まずはTOPからやっていくが反応なし。

ノーシンカーで魚が浮いている感じがあるかどうかを確認するが何にもない。

水が濁っているのでショアラインか杭などのストラクチャー周りにベッタリと思って狙っているがチェイスもない。

勿論、フォール中心のネコリグの定点攻撃も行ってみるがバイトが出ない。

それで自分の得意のオフセットジグヘッド+4インチグラブを投入するやいなや即バイトが出た。

20190702_053658

こうなると、どうしても正解へ近づいたと思うのが自然。

さらに数投しているとコンとバイトがありラインが変化。

そんなに走るという感じでもないのでマメではなさそうだ。

スラックを取ってじんわりとアワセて1本目!!

5時55分、33.5cm・530gと予想通り。

20190702_055544

TMカップ初の開始早々の1尾ゲット!

1番乗りだろうとグループラインの投稿を見るとがっかり。

前回大会で最多賞のY氏が既に33・34cm2尾をキャッチ済み。

追い打ちをかけるように6時30分までに更に3本追加された。

その内の1本は37cm。

私も直ぐ追随できると思っていたが全く次が出ない。

たまにバイトがあるもののどうみてもギルバイト。

20190702_091358

他の人たちはどうかというと外道のギルをスピナベやデカいキャットをギルタイプクランクで釣り上げたという釣果は出るもののバスについては沈黙のまま。

お昼近くまで時合が悪いらしく何も動きが無い。

私は数ではどうにも勝負にならないので何とか37cmを超える40up1本に絞ってビッグ賞狙いでテキサス、TOPに絞って狙い続けていた。

しかし、答えが出ないまま。

Y氏はトップでもノーシンカーでもダウンショットでも多様な攻め方で追加していった。

その後、他2名の方も1本づつ釣り上げY氏も更に追加して8本と断トツ。

結局、そのままY氏が8本で最多賞、37cmでビッグ賞を独占した。

また私はマルチキャッチならずで苦杯を舐めた。

段々慣れてきたグループラインでの投稿。

このリアル実況報告がとにかく面白い。

いつどういう釣果が飛び出すかワクワクドキドキするし釣れだすと他も釣れだすという時合も分かる。

反応するルアーも公開するのでその辺の情報も得られる。

これだったらライブウェルも要らない。

この日の証明になる何かを出船直前に配ってそれを写しこむのを義務化すれば、事前撮影の画像を投稿する不正も防止できる。

プライベート大会ならうってつけではないだろうか。

それにしても入賞できない。

次回こそ! 笑

それではまた。


☆☆ 総括 ☆☆ 
こんな結果を誰が予想しただろうか。
水が悪く変な匂いさえしていたフィールド。
帰着を1時間早めたのも釣れないだろうという予測があったからこそ。
事実、大変厳しい内容となっていた、ただ一人を除いて。
偶然バスが溜まっていた所を探り当てたというわけでもないしアタリルアーだからということでもない。
彼が流した場所は他の方もやっているし同じようなルアーも使用している。
これはやっぱりタイミングとその攻め方のリズムの違いしかないと思える。
渋い時こそ、その違いが大きな差を生むんだろうと今回見せつけられた気がする。
とってもそれが参考になった。


☆☆ 釣行データ ☆☆
時間 8時間 5時から13時
天気 雨のち曇り          
気温 21℃~27℃
風  微風から弱風           
水温 23.1℃~23.4℃
釣果 4バイト1フィッシュ0バラシ
    MAX 33.5cm
    アタリ- ジグヘッド、テキサス
    キーパーサイズ1本 530g


さらにHOTなバス釣りブログは下記バーナーをクリック!

バス釣り ブログランキングへ
プロフィール

ヒゲオヤジ

アクセスカウンター

    ギャラリー
    • TMカップ最終戦 2019
    • TMカップ最終戦 2019
    • TMカップ最終戦 2019
    • TMカップ最終戦 2019
    • TMカップ最終戦 2019
    • TMカップ最終戦 2019
    • TMカップ最終戦 2019
    • TMカップ最終戦 2019
    • TMカップ最終戦 2019
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    記事検索
    livedoor 天気
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ