黒鱒ハンター出没中

ブラックバスの釣れる所なら何処でも出没中 夢は日本中、いや世界中のフィールドを駆け巡りたいってか。

M湖

中層を釣る!?

☆☆ Game31 10月3日 M湖釣行 ☆☆

5日遅れの更新です。m(__)m

この所の貧釣果に欲求不満が溜まる一方。

よし、TZダムへ行こうと思ったら木曜日で休み _| ̄|○。

じゃぁと選んだのが同じ房総のM湖。

いつものようにBロッジから。

20191003_060106

10月からは6時10分の出船。

いきなりどの方面へ行くか悩む、というかどういう釣りがしたいかハッキリしないからなのだが…。

トップか横の動きかフォールか、シャローマンだから2m以下のシャローでボトムを取るような釣りがしたいのだが、上流という感じもないしね。

結局、ダムサイト方面へ向かいつつ岸際から浮きゴミや朽ち竹、立ち木周辺を縫うように野良ネズミやポンパドゥール、バドを通していく。

20191003_063727

これが中々結果が出ない。

野良ネズミにチェイスしてきたのでいけるかと期待したのだがそれが1回こっきり。

しかも、大して大きくなかった。

日が出てきたので今度は横はシャッド、クランク、シャッドテールワームなどを使い基本は垂直岩盤主体、ゴミ溜りや立ち木の密度が濃い所はテキサスとベイトフィネスのダウンショットでピンポイントで探っていく。

水深が5mより深い時の探り方が難しい。

どの程度の所まで落としていくのか、いつも分からない。

スーッとボトムまで落としていく事ばっかりしていたが、これはダメだろうって事は分かる。

活性が高ければフォール中にバイトするか追いついて食うかだろうがそうでなければそのまま中層に浮いている魚は見送っちゃうよね。

そんな事を考えながらRK沢の立ち木エリアでベイトフィネス・ダウンショットで探っていた。

6mくらいある水深で真ん中くらいまで少しずつ落としつつ誘っていくが無反応。

ちょっと上げてチョンと下げた瞬間グーッと抑え込まれるバイトが出た。

夢中でアワセを入れて掛けた!

枝に囲まれたエリアだったが木化けをする事もなく無事にネットイン!

8時19分、31.2cm・320gとまぁまぁ。

20191003_081903

一瞬、全部このパターンかな、なんて思ってそれから立ち木エリアを見つけちゃ試していったがそんなに甘くはない。

確かに数バイトはあったものの直ぐ離したり小さかったりして乗らなかった。

そのまま大して進展もないままKS広場を経てもう1つの川筋へ向かった。

20191003_124557

収穫もないまま13時頃折り返す。

もうこの頃になるとフィネスな釣りが主体になっていた。

岩盤か立ち木か浮きゴミ周辺にネコリグかダウンショットで少しづつ落としていく作戦だ。

ショートバイトはあれど釣れない! (T_T)

とあるストレッチでネコリグをシェイクしつつフォールさせていくとバイト!

20191003_142823

アワセて掛けるも引いている途中でバレた!

掛りが浅かったので、もしかしたらと思ってそのままネコリグで再度キャスト。

同じように攻めていると再びアタリが!

今度こそと一呼吸待ってのアワセで捉えるとそのままキャッチに成功。

14時26分、34.8cm・490gとサイズアップ。

20191003_142614

釣れても釣れなくても帰着は15時30分と決めていたのでこれが最後のバイトとなりそのまま納竿となった。

ボウズは逃れたものの2尾はやっぱり寂しい。

簡単じゃないよね。

それではまた。


☆☆ 総括 ☆☆ 
秋だし横の釣りって言ってもそう簡単には出ない。
引き方や引き場所も重要な事は分かってはいるがそれを見つけ出すのは容易じゃない。
帰宅後HPで確認したが釣れてる人は軽く2桁はいってる。
まぁ凡人はせいぜい5匹くらいが関の山かなってとこかな。
レンジは2~3mが多く巻き倒した人は1匹でも50cmゲットできていたようだ。
Bロッジの店主も言っていたがトップはそう簡単に出ないよって。
殆どの人がワームでネチネチしてスコアを地道に重ねていく感じだって言っていた。
数も釣りたいし少しでもデカいのをって夢見ると中途半端な結果になってしまう。
分かっちゃいるんだが…。


☆☆ 釣行データ ☆☆
時間 6時10分~15時30分 9時間20分 
天気 晴れ時々曇り          
気温 18℃~27℃
風  微風から中風           
水温 24℃~25.2℃
釣果 5バイト2フィッシュ1チェイス0バラシ
    MAX 34.8cm
    アタリ- ダウンショット、ネコリグ
    キーパーサイズ2本 810g


さらにHOTなバス釣りブログは下記バーナーをクリック!

バス釣り ブログランキングへ

お久しぶり!

☆☆ Game17 M湖釣行 ☆☆

1日遅れの更新です。m(__)m

長引く低温と長雨。

近くの河川や湖沼は芳しくなさそうだし、ここは気分を変えてダム湖へ行くことにした。

どこでもいいのだが木曜日とあって年中無休のM湖を選択した。

大人気のTMボートから出船しようと行ってみると滅茶苦茶の人混み。

利用したことが無いのでどういう点が評価されているか知らないがバスもヘラも利用者でいっぱい。

朝の4時20分だけど、遠くの駐車場まで埋まってるほど。
( ̄Д ̄;;

面倒になってお約束のBロッジへ。

ガラガラの2番手入場。笑

20190711_050607

確かに施設は古いし汚いけど、空いている方が準備しやすい。

桟橋の場所も悪くないしね。

定時の5時10分出船。

3m減水だが、ダムの修理が終わっていないので、これ以上の水位は保持できないらしい。

なので、これで満水状態との事。

桟橋目の前の川筋を遡っていく。

20190711_051057

TMボートの客が多いので彼らより少しでも早く入りたかったからだ。

そういう意味でもBロッジにちょっとだけアドバンテージがある。

水色は濁りが合って透明度は1m程度。

ローライトだから先ずはTOPから。

人気の野良ネズミを使ってみるがバイトなし。

次はその日の状況を確認する意味で3インチヤマセンコーのノーシンカーとオフセットジグヘッド+4インチグラブの両方でチェックする。

これも何もなし。

立ち木ではダウンショット、浮きゴミではテキサスと要所要所を然るべきリグで攻めているのだが何も答えが返ってこない。
_| ̄|○

いよいよ川筋へ入り川幅が狭くなってきたので、ここからは巻いてみることにした。

そうフォール系がダメなら巻いてみるってな具合。

メガバスのクランクをショアラインから巻いてくる。

何投かすると突然ゴンとアタリが出た。

引きが弱いので小バスだろうと思ったらなんとデカギルだった。 笑

20190711_064534

6時45分、クランクで21cmのギルをゲット!

今まで20cmが最大だったからギルの自己記録更新、まぁどーでもいいけど…。

20190711_064720

続かないので今度はシャッドへシフト。

同じように巻いていく。

レイダウンのソバを通過した時だった。

カツ、ゴンと当たってきた。

が、やっぱり小さい引き。

またギル?

いや、今度はバスだがマメだった。

7時6分、ガリガリの28.5cm・250g。

20190711_070659

ギリキーパーで何とか1本目。

その後は何も起きずに、7時23分には最上流まで到達。

20190711_072357

40cm弱の見えバスがいたが、何を投げてもガン無視された。

水温は0.5℃くらいしか下がらず若干透明度が増した程度だが笹濁りのまま。

最初に巻きで釣れたのが勘違いの始まり。

折り返しも巻き続けたが何もない。

9時30分ごろ本湖へ戻ってきた。

ダムサイト方面へ向かって過去実績のショアラインを流してみるけど、ジグヘッドによるギルや小バス以外のアタリが全くない。

絶対の自信をもって浮きゴミ下へのテキサスアプローチも空振り。

立ち木もそうで完全に心がバキバキに折られてしまった。

かってあんなに通っていた場所ではあるがレンタルボート屋のバサーへの解禁以来格段に難しくなってるのを痛感した。

20190711_122158

12時30分頃にはダムサイト終端まで行ったので折り返した。

帰りは垂直岩盤の際とか一段下のブレイク中心をジグヘッド、ノーシンカー、ネコリグやダウンショットで試していくも全然だめ。

13時にBロッジへ戻ってきてこのまま上がろうと思ったが、あまりに口惜しいのでKS広場まで足を伸ばしてみることに。

20190711_142015

橋の際でダウンショットのドラッギングで小バスがヒット。

13時46分、23cm・130gで2匹目。

20190711_134609

続いて近くでバイトを得るも乗らず。

どうやら3m前後のボトムが良さそうな印象を得た。

このKS広場の垂直岩盤エリアの地崩れ場所でも同様の攻めで再びヒット。

14時13分、30cm・350gで3本目とした。

20190711_141343

15時まで粘っていたが雨が強く降り出してきたタイミングで納竿とした。

結局マルチヒットは得たが40UP出ないどころか35UPも無し。

長雨はダム湖にもいい影響は与えてないようだ。

それではまた。


☆☆ 総括 ☆☆ 
Bロッジでは客が8人くらいしかおらず、誰も40UPはいなかった。
全員苦戦していた模様。
帰宅後TMボートの釣果を見てみるとさすが人気店。
つわものが良い釣果を上げていた。
竿頭は14本を頭に3人以上が2桁安打。
エリアはもう1本の川筋の方が良かったようだ。
KS広場も釣れていた。
自分は果たせなかったが浮きゴミ下のヒットパターンも目立っていた。
朝一の巻きでマメが釣れた事でそれに引っ張られて2時間くらい攻め方に迷いが出たのが失敗だったね。
巻きで釣れている人は誰もいなかった。


☆☆ 釣行データ ☆☆
時間 10時間 5時10分から15時10分
天気 晴れのち曇り雨          
気温 17℃~22℃
風  微風から弱風           
水温 20.8℃~23.1℃
釣果 8バイト3フィッシュ1外道(ギル)0バラシ
    MAX 30cm
    アタリ- クランク、シャッド、ダウンショット、
    キーパーサイズ2本 600g


さらにHOTなバス釣りブログは下記バーナーをクリック!

バス釣り ブログランキングへ

サクラ咲け

☆☆ Game 3 3月28日 M湖釣行   ☆☆

1日遅れの更新です。 m(__)m

そしてついにフィールドへ出撃!

場所はM湖

いつものBロッジにて6時10分出船。

冬とは違い暖かくなってきたのでバサーが増えて桟橋も大賑わい。

ヘラ師もそこそこいて、車は第2駐車場に停めるほど。

20180328_060659

ボート店主によると桟橋周りのシャローにもバスがどんどん入ってきてるようだ。

ただいつも居るわけではなく差してくるのでそのタイミングが難しそう。

今日の作戦はゴミ溜りをテキサス、カメラバで撃ち抜き、その周辺を巻く。

また並行してシャローフラットを中心にして巻きつつ要所をダウンショットやネコリグで攻めるというのが基本プラン。

深場に隣接するオーバーハング下のショアラインも巻きの対象となる。

最近、調子が良いというY島周辺を目指す。

20180328_061054

途中のゴミ溜りをテキサス、カメラバで撃っていく。

対岸の岩盤下で釣れるのを目撃したが自分は空振り。

Y島周辺でも同じで不発そのもの。

20180328_111618

シャローフラットをクランクやスピナベで巻きつつネコリグ、ダウンショットで探っていくが、またもや別な方が釣るのを目撃しただけ。

かなり粘ったが収穫がないので、上流を目指すことにした。

本流筋か支流か悩んだがY島が支流に近かったので支流を遡っていくことにした。

いい感じのシャローが絡むゴミ溜りがあり、過去実績のあるポイント。

入ろうとしたがカヌーの先行者に入られてしまった。

気になるので遠くから観察していると案の定カバーからデカい奴を釣り上げていた。 

クソー、この辺が昔と違うところ。

レンタルボート解禁でバサーが増えたので好きなところへ好きなタイミングで入れなくなったのが痛い。

その後、ゴミ溜り、岩盤下、立ち木、レイダウンとチェックしていくが無のまま。

とあるオーバーハング下の小規模ワンドのシャローエリア。

何気なくネコリグを投入。

ゆっくりシェイクしていると、いきなりコンとバイト。

ソッコー合わせ。

1mもないシャローなので直ぐにバシャバシャ水音をさせて水面直下で暴れるさまを見れた。

ネットですくおうとした瞬間、フッと軽くなってバレた。😞

オーバーハング下でアワセ幅が足りず針掛かりが薄かったのかも。

40cmはあったと思うが、所詮逃がした魚なので何を言っても虚しい…。

気が付けば最上流までたどり着いたが、結局アタリはそれだけ。

浅瀬でコイのはたきが凄かったがバスのボイルではなかった。

20180328_105133

本湖へ戻っていく途中でオカッパリが50オーバーを釣り上げるのを目撃。

今日は自分は釣れずに人が釣るのを見るばかり。

そのうち追憶の鐘が鳴り焦るばかり。

Bロッジまで戻ってきて、本流筋を遡るか迷ったが結局ダムサイト方面へ下った。

4・5月ころにいい実績ポイントを中心に巡っていくがとあるゴミ溜りでグーっと引き込まれるようなバイトがあったもののアワセるとすっぽ抜けてしまった。

20180328_120245

本湖とダムサイト周辺での収穫はこのバイトのみであった。

最後の最後にY島周辺に再び入り直してみたものの何もないまま15時30分になり、力尽きて納竿とした。

片付け時にあるバサーと話をしたがゴミ溜りは私と同じく不調だったと仰っていた。

途中でスクールに出くわしたのでサイトで上手く40UPが獲れたとの事。

羨ましい~♪

私は釣れそうで釣れない苦しい釣行であった。

サクラが満開で暖かくて素晴らしい天気であったが、釣果の方はサッパリだった。

20180328_131806

私にはサクラは咲いてなかったね。

それではまた。


☆☆ 総括 ☆☆
人が釣るのを見てるだけというのは本当に辛かった。
自分にもそのうち来る来ると思っていたものの2度のチャンスをモノにできなかったのは実に痛かった。
暖かくなったからと急に釣りに出かけてもそんなに簡単に釣らせてくれなかったようだ。
結局何が良くて何が悪かったのかついぞ分からずじまい。
タイミングがうまく合ってればフツーに釣れたと思うのだが。
少なくとも探し場所と釣り方は合っていた気がするので…。


☆☆ 釣行データ ☆☆
時間 9時間20分 6時10分から15時30分 
天気 晴れ             
気温 11℃~22℃
風  微風~弱風              
水温 14.3~17.1℃         
釣果 3バイト0フィッシュ1バラシ  MAX 0cm
    アタリ- テキサス、カメラバ、ネコリグ
    キーパーサイズ0本 0g

さらにHOTなバス釣りブログは下記バーナーをクリック!

バス釣り ブログランキングへ

2018、初釣り

☆☆ Game 1 1月10日 M湖釣行   ☆☆

1日遅れの更新です。 m(__)m

2017年の総括も今年の目標の記事もなく、いきなり初釣りの釣行記事からのスタート。

まぁ、その内に昨年の釣行をまとめたいのだが、まだ集計が終わってないという体たらく。

2017年は一言でいえば、数もサイズも伸び悩み中途半端な1年だったというのは、はっきりしているのだが…。

さて、相も変わらずC水路は厳しい状況が続いているようだし、この時期はリザーバーしか釣れる気がしないので、もう私の準ホームといっていいM湖へ初バスを求めて行ってきた。

もうすっかり顔なじみになったBロッジの店主と談笑しつつ出船準備をして定刻の6時40分出船。

20180110_063711

今回はディープ攻略とカバー下の2本立て作戦。

それぞれ秘密兵器を用意した。

まずは魚探、ついに買ってしまった! \(^_^)/

エリート5の後継機種であるHOOK-5、サイズや操作は殆ど変わらず450kHz で探査できストラクチャスキャン映像もあるのでシューティングには有利。

20180110_131123

取り付け架台も同じなので新しく買ったという感じがしないくらい。笑

あとは使いこなせるかどうかだ。

次がKM湖で活躍している”カメラバ”だ。

スモラバの親せきでラバージグとの中間的な位置づけ。

スモラバだと根掛かり必至のカバーにドンドン撃っていけるフィネスなラバージグという感じのシロモノ。

ベイトフィネスでもいいしスピニングタックルにPE直結のパワーフィネスでもいいとの事。

私はパワーフィネスで今回は臨んだ。

さて、前置きが長くなったが肝心の釣行はというと、これらの秘密兵器をもってしても苦戦の連続。

20180110_070150

魚探にくっきりとフィッシュアーチが映るもののバスじゃないのかアタリも取れず、カバーでもノーバイトの連続。

特にPEラインの取り扱いが難しくライントラブルが多発。

上手にカバーで使いこなせるようになるまで結構時間が掛かった。(T_T)

だがカメラバの使い勝手は大変良く、4gのを使っていたが、大抵のカバーは入っていけるし、殆ど根掛かりしない。

ロストするだろと2個のスタンバイを用意していたが使わずに済んだ。

11時頃から爆風が吹き始めて、風裏でないと釣りにならなくなってきた。

20180110_103315

進入禁止エリア手前のダムサイトに近いカバーに入って、ゴミ溜まりにカメラバを撃っていく。

水深が結構あるので、狙うレンジはカバー直下、シェイクして誘って下からサスペンドしているバスを誘い出す作戦。

とあるストレッチでバイトがないので回収しようと巻き始めると根掛かり。

カバーに引っ掛けた印象があった。

引っ張って外そうとしたら、いきなりゴンゴンと下へ引っ張られるような強い生命反応。

全くアタリを想定してなかったので、もたもたしてしまいアワセが遅れすっぽ抜けた。

2.5インチのGテールサターンの尻尾だけ噛み切られていた。

20180110_101956

この1バイト後は迷走。

風裏を求めてレンタルボート店前の川筋を遡っていった。

前日の暖かい雨の影響で水温は9℃台まで上昇。

期待を持って色々試してみたが、反応なし。

天気はピーカン、気温は10℃はあったはずだが、風裏とはいえ風は吹き抜けていき身体は冷え切った。

蒙古タンメンで身体を温めて仕切り直し。

20180110_121712

午後3時になってようやく風が少し収まってきた。

いつものディープフラットで再びシューティングにトライ。

だが何も映らず何も起きない…。

容赦なく時間だけが過ぎていく。

下船時間の16時が迫ってきた。

その時、魚探に魚らしき画が映る。

小魚の群れらしきものとリンクしてるバスっぽいもの。

水深が10mあるから間に合うかどうか分からなかったが、4LBフロロのレッグワームのヘビダンを落とし込む。

着底後、ゆっくりシェイクして様子を見る。

ハッキリとしたバイト感ではないけどラインを通じて微かな違和感を感じた。

そして風でボートが流されているのにラインが動かないという不自然さ。

これは喰ってるでしょうとアワセをスイープに入れる。

クーっと抵抗感があるものの生命反応はある。

どうやら掛けることができた。

まぁ、引きが弱いのは冬バスだしマメだからしょうがない。

15時49分、27.5cm・280g。

20180110_154944

待望の1フィッシュゲット!!

上手な方からしたら笑っちゃうような事だが、私にとっては一大ドラマフィッシュ。

偶然獲れたのではなく、狙って獲れた意義というのは大きい。

しかも、2018年の初バス!

新魚探の入魂って言えるんじゃね。 笑

それではまた。


☆☆ 総括 ☆☆
片付け中に釣りの上手な方の話が聞けた。
40cmクラスを3尾仕留めたとの事で攻め方とエリアが私とはまるで違っていた。
元々ディープは越冬バスがメインで小型魚が中心。
デカいのはシャローというのは共通認識。
私はカバーにとらわれてしまったが、その方はディープはやらないと仰っていて本流の川筋でジャークベイトで釣っていったそうだ。
完全なパターンを見つけたのに発見が遅すぎたとすごく残念がっていた。
もっと早く見つけていれば連発できたのにと悔しさもにじませていた。
どっかで見た事があると思っていたら何とロデオクラフトのM氏だという事が後で分かった。
どちらかいうとエリアトラウトの達人というイメージが強かったけど、バス釣りも凄いんだね。
上手な方の話を聞くと本当に勉強になる。
釣りへの情熱とか意欲、姿勢が全く違っている。
マメを1本シューティングで釣ったなんて浮かれてる場合じゃなかったね。 笑


☆☆ 釣行データ ☆☆
時間 9時間20分 6時40分から16時 
天気 晴れ             
気温 6℃~10℃
風  微風~強風              
水温 7.2~9.1℃         
釣果 2バイト1フィッシュ0バラシ  MAX 27.5cm
    アタリ- カメラバ、7gダウンショット
    キーパーサイズ1本 280g

さらにHOTなバス釣りブログは下記バーナーをクリック!

バス釣り ブログランキングへ

2017年、釣り納め

☆☆ Game 58 12月27日 M湖釣行   ☆☆

2日遅れの更新です。 m(__)m

真冬のM湖へ釣り納めに行ってきた。

20171227_070021

いつものようにBロッジより7時10分の出船。

20171227_070033

何としてでも冬バスを獲って気持ちよく今年を締めくくろうという意図だったが、今回も空振りに終わった。

私は撃沈したが、ネットでその日の釣果を後で確認できるので、その日の答えが分かる。

結果は2~5本という事で自分が感じたノー感じとは程遠い。

20171227_071149

しかも、自分がじっくりと探り続けていたポイントでの釣果も含まれているので余計に悔しい。

最後の最後にダウンショットで探っていた時に小さくコンとアタリがあって、ラインがツーっと変化したのでゆっくりスラックを取ってアワセたがすっぽ抜けしてしまった。

あと2つくらい重くなるようなアタリらしきものがあったが、それはアタリかどうかは確証がない。

20171227_101745

それにしても真冬のバス釣りは難しい。

特に水温が一桁台になると何か特別なコツみたいなものが絶対必要だと感じた。

今回は8.5℃スタートで9℃まで上昇した。

20171227_083830

誰かが釣っている以上自分も出来るはずなので、諦めずに挑戦し続けるつもりだ。

それではまた。


☆☆ 総括 ☆☆
最後のアタリは惜しかったが釣れないのでは意味がない。
1匹は欲しかった。
反省点はただ一つルアーの動かし方がまだ速かった事のみ。
あれではリアクションバイトでも食わせでもない中途半端過ぎたに違いない。
1か所でじっくり丁寧に釣ってる方を見かけており、あとで釣れてる事をHPで知った。
まさにあれが真冬の釣り方なのだろう。
あと本気でシューティングしたいのなら魚探での400kHz以上は不可欠だが、私のは装備されてない。
探査幅は小さくなるがボート下の状況が200kHzとは比べ物にならない。
魚探のグレードアップをしたいのだが、予算が…。(´・_・`;)


☆☆ 釣行データ ☆☆
時間 8時間 7時 10分から15時10分 
天気 晴れ時々曇り             
気温 2℃~9℃
風  微風~中風              
水温 8.5~9.0℃         
釣果 1バイト0フィッシュ0バラシ  MAX 0cm
    アタリ- 5gダウンショット
    キーパーサイズ0本 0g

さらにHOTなバス釣りブログは下記バーナーをクリック!

バス釣り ブログランキングへ
プロフィール

ヒゲオヤジ

アクセスカウンター

    ギャラリー
    • TMカップ最終戦 2019
    • TMカップ最終戦 2019
    • TMカップ最終戦 2019
    • TMカップ最終戦 2019
    • TMカップ最終戦 2019
    • TMカップ最終戦 2019
    • TMカップ最終戦 2019
    • TMカップ最終戦 2019
    • TMカップ最終戦 2019
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    記事検索
    livedoor 天気
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ