☆☆ Game 26 5月18日 A湖釣行 ☆☆

2日遅れの更新です。 m(__)m

日本、バス発祥の地といえばバサーなら誰でも知っているA湖。

20160518_165425

過去トラウト狙いで2回、バス狙いで2回訪れている。

トラウト狙いの時はブラウン、レインボーが何とか獲れたものの、バス狙いでは芳しくない。

1回目はボウズで2回目はレインボーとギル1尾づつという結果に終わっている。

今度こそA湖バスに巡り合いたいという事で釣り友と行ってきた。

北岸エリアにあるボートハウスO店より14フィートのバスボートをレンタル

20160518_120431

釣る気満々で、6時30分、出船。

そのまま桟橋前のシャローフラットエリアを皮切りに大桟橋、キャンプ場前、F水門と流していくが全く反応なし。

20160518_072245

スポーニングが始まっていてネストもあるというが、バスの姿はごくたまに見かける程度。

そしてルアーには見向きもしない。

一番反応があったのはF水門前で、表層を泳ぐワカサギを捕食しているバスが居た。

ここは一日を通して捕食場面が見受けられた。

20160518_093110

これを獲ろうと躍起になって2人であの手この手を使ったが、チェイスはしてくるのだが見切られてしまう事が度々。

I 字系のアイウェーバー、ベントミノー、セイラミノー等が一番反応が良かったが結局バイトには持ち込めなかった。

ボート店のオーナにはデッドスローか放置がベストと言われたが、それでは簡単に見切られてしまう。

どのタイミングで動かすか、これはこれで中々スリリングであったが、アタリに持ち込めなかったのは口惜しいの一言に尽きる。

ノーシンカーワームなら何とかなるのだろうが、使えないので、もどかしい。

他にはスピナーベイトにもチェイスがあったくらい。

そして、ポークを使ったダウンショットやスモラバでシャローより一段下(4~5mライン)に居ると思われる魚も狙ってみた。

全ての可能性を潰しておきたかったので、クランク・バイブレーション・メタルバイブ・ダイラッカ・ビッグベイトなどやれることは全てやってみた。

多少やけくそ気味ではあったが…。

が、こちらはカスリもしなかった。

せっかく15馬力バスボートをレンタルしたので、南岸まで足を延ばしてみたが、見えバスに殆ど遭遇できず、F水門前が一番可能性があるように思えた。

20160518_113848

素晴らしい天気の中、絶景に囲まれた抜群の環境下での釣行であったが、ノーバイトのままの惨敗となった。

20160518_113837

めちゃくちゃ口惜しいがこの結果は素直に受け入れるしかないと思っている。

今の自分にはA湖バスは到底獲れないという事は分かった。 笑

まぁ、何回も挑戦していればポイントもタイミングも掴めるようになるだろうが、自宅から遠く交通費も時間も掛かるこの場所にそれだけ投資してる余裕は自分には無いと言えるのも事実。

いつの日かA湖バスを獲れることもあるだろう。

それでは、また!


☆☆ 総括 ☆☆

とにかく魚影が薄い。
この時期が本当にベストだったのか、多少疑問を抱かざるを得ない。
スポーニングを終えて体力回復した7月くらいが最も良かったのかもしれない。
近ければもっと挑戦したいのだが、景色の美しさだけではとても持たない。
もう少しハードルが低ければと思ってしまったそんなA湖釣行だった。


☆☆ 釣行データ ☆☆
時間 10時間釣行 6時30分から16時30分
天気 快晴
気温 12℃~19℃
風  微風から中風
水温 16.7℃
釣果 0バイト0フィッシュ0バラシ  MAX 0cm
    アタリ- 無し
    キーパーサイズ0本 0g




バス釣り ブログランキングへ