未公表の内部情報を基に株取引したとして証券取引等監視委員会は26日、東証マザーズ上場の化粧品販売会社「フェヴリナ」(福岡市)の元常勤監査役の男性(48)に金融商品取引法違反(インサイダー取引)の疑いで、課徴金15万円を科すよう金融庁に勧告した。

 監視委によると、元監査役は09年3月上旬、業務報告の際にフェ社が09年3月期の業績予想を上方修正するという内部情報を聞き、公表前にフェ社株150株を42万1255円で買い付けた疑い。元監査役は約20万円の利益を得たという。

【関連ニュース】
早大OB相場操縦:元投資会社社長に懲役2年2月求刑
粉飾決算:「ニイウスコー」元会長ら告発 証取法違反容疑
インサイダー容疑:味の素社員に課徴金命令
トランスデジタル:投資会社元役員を逮捕 架空増資事件
トランスデジタル:社長ら4人再逮捕 9億円架空増資容疑

「ADLIB」37年の歴史に幕 音楽雑誌「冬の時代」続く(J-CASTニュース)
鳩山首相、敵地攻撃「違憲でない」=参院予算委で集中審議(時事通信)
「ヤミ専従」北海道開発局4119人処分へ(読売新聞)
学費未納は卒業認めず、7県16校の私立高(読売新聞)
「レジ、オープン」英語講師、コンビニ強盗容疑で逮捕 (産経新聞)