参院民主党は14日、参院選のマニフェスト(政権公約)に、2013年参院選から参院の議員定数を「40程度」削減する方針を盛り込むことを決めた。

 昨年の衆院選マニフェストで民主党は衆院の比例定数を80削減することを盛り込んだが、参院については「選挙制度の抜本的改革の中で、衆院に準じて削減する」との表現にとどまっていた。衆院の定数(480)に対し参院の定数(242)が約半数となるため、40程度の定数削減が必要と判断した。

 参院は一票の格差解消に向けた選挙制度の見直し協議を参院選後に始める予定で、選挙区と比例代表の配分などの明記は見送った。

【関連ニュース】
小沢幹事長:事情聴取、17日軸に調整か 東京地検
自民党:参院選マニフェストの原案発表 6月に最終版
民主党:甘利・前行革担当相の懲罰動議提出 採決混乱で
政倫審:小沢幹事長出席で閣僚ら公開求める 党には慎重論
子ども手当:11年度以降減額も 目玉公約修正には慎重論

<北教組不正献金>木村被告、起訴内容認める 禁固6月求刑(毎日新聞)
支援者ら肩落とす=「不当判決」と批判-機関紙配布事件(時事通信)
「逮捕状なく逮捕」弁護側、裁判員に訴え 大阪地裁(産経新聞)
福島党首、普天間県内移設なら閣議了解応じず(読売新聞)
<口蹄疫>殺処分埋設に16ヘクタール必要…農水省(毎日新聞)