船井総研温浴チームの世界ゆるるん入浴記

銭湯、スーパー銭湯、日帰り温泉、サウナ、健康ランド、スパ、岩盤浴など温浴ビジネスの専門経営コンサルタント集団である船井総合研究所温浴ビジネスチーム。専門的な話しから、なかなか話せない温浴業界の裏話、温浴最新情報などをお届けします!!

◆◆大復活・大成功の温浴社長の奮闘記が無料レポートで!◆◆

〜 右肩下がりだったお風呂屋さん、

超地元密着型経営で前年比120%超の常勝店に大変身!〜

 のご紹介

↓ ↓ 無料レポートは、下記ホームページにてご紹介中 ↓ ↓

http://www.u271.com/seminor/100jirei_16.html

------------------------------------------------------------------------------------------------

  □船井総研 温浴チームへのお問い合わせ□
   http://www.u271.com/contactus.html

集客に必要なこと?!

先日、お問い合わせがありある施設へお伺いしてきました。

設備も立派で標準的な大きさよりやや大きく浴槽の種類もしっかり揃っており、掃除もきっちりされておいる施設様でした。
運営コストを下げるための投資も数年かけて計画的にされており、オーナー様のきっちりされている人柄が表れている様でした。

そんな施設でどんなお問合せか?と思うと“集客“についてでした。

一時に比べて施設の数も減ってきて業界として減少しているのを肌で感じている中、段々お客さんも減ってきており、この先どうしていったらいいのか?というご相談でした。

このご相談は1,2位を争うほど多くお問合せを頂くテーマです。

今まで施設を支えてくれた常連さんを中心とするお客様の層は段々先細りしている状況はどこのエリアでも一緒です。

s_s_浴場 (1)




そこで必要なのはやはり「新しいお客様の開拓」です。


この「新しいお客様の開拓」は何も温浴だけでなく、どのビジネス共通であり右肩下がりだから行うものではありません。

経営学の父ドラッカーは、企業の役割は“イノベーションと顧客創造だ“と言っております。

このようなお話を一緒にさせて頂いたところ、“まだまだやれることがわかってうれしい!”と面談の最初のころの目の輝きとは違うものでした!

あとは成果に結びつけて頂くことを楽しみにしております。

一人でこのオーナー様が考え込んでいても明るい道は切り開けないことが多い様です。

そんな時は温浴経営者同士の生の声を聴いて、逆に聴いてもらうことでこの先のヒントが沢山もらえます。
全国の温浴経営者が集まる「温浴施設経営研究会」はまさにこの場所です!

この研究会が2月22日に開催されます。
まだお見えになっていない初めての会社様においては“お試し”参加ができきます。

まずはお気軽にご参加ください!お待ちしております。

↓こちらからどうぞ!
https://aa1516l0qw.smartrelease.jp/u271.com/contactus.html

(えびはら)

2018年の温浴業界の環境とは?

s_アヒル2


あけましておめでとうございます。
2018年も何卒よろしくお願い申し上げますm(_ _)m

本日は鏡開きですね。
年末年始、3連休、今週と皆さんの施設ではいかがでしょうか?
良かったことと期待しております。


さて、2018年の温浴業界を取り巻く環境はどんな年になるのでしょう。
基本は17年の流れからそれず、より増すのではないかと推測します。

1. 温浴施設件数は減少傾向変わらず
  寂しいことですが、温浴施設件数の減少傾向に歯止めはかからないでしょう。
  新規開業の話をきいているのに?!と思うかもしれないですが、実は減少傾向です。

2. 原油価格は高値圏で推移するだろう
  温浴施設経営に大きな影響を与えるのエネルギーコストですが、その影響を与えるのが
  原油価格です。為替も相まって、温浴経営にとっては厳しい年になりそうです。

3. 人財競争はより一層厳しくなるだろう
  人不足と言われて久しいですが、この傾向はより一層進むものと推測します。
  全産業でそうなのですから、より一層の取り合いは強くなるでしょう。

明るい話題はないのか?!とお思いかもしれませんが、環境の現実は上述の通りです。

ならどうするか?

打つ手はありますので、楽しくチャレンジしていきましょう。

(えびはら)

会議でわかる?!

こんにちは、海老原です。


天気がなかなか安定しないですね。
被害に遭われていなけばいいのですが、、、。

また、この不安定さが業績にどのように影響しているか気になるところです。


さて、仕事柄、会議にはよく出席します。
(これが大半です)

これだけの会議を各社、様々なメンバーで行っていると、会議で会社の体質、メンバーの特性、関係性が見えてくることが多いです。

みなさんの会議はどんなですか?



しーん、として意見がでない、、、、

意見はあるが、言わない、、、、

意見はでるがすぐ脱線する、、、、

意見が活発にでる、、、、

意見から意見へいいものに変わっていく、、、、

意見からやることが決まる、、、


会議なんていいから数字だ、、、、

そこまで会議のことを考えても何も変わらない、、、




これまでの個人的な経験も、お客様との経験も加味したルールとして、業績がいい所はいい会議をしてます。


会議に臨む気持ちも違うのでしょうから、自ずと行動も変わり、アイディアは出て来ますし、いいものにどんどん変わり、何を誰がいつまでやるのか自然と決まって行きます。


気持ちを変えるを待っててもいつまでも変わりませんから、まずは行動を変えてみましょう。

次へのきっかけがつかめることでしょう。


(えびはら)

必要な時に必要な情報を届ける

こんにちは、海老原です。


夏にシャワー!

という一般の方も増えているようです。

そのせいで

暑いと客数が減る?!

と嘆いてる施設も聞こえてきます。


暑さは年々増して(個人的な体感です)いるなか、どんどんお風呂の需要性が増していると私は思ってます。


ぬるーいお湯に入って日頃の冷房疲れをとる機会をもっともっと提案できたらいいと年々思ってます。


適切なタイミングに、適切な情報を、適切な手段で、必要な人に届けたいですね。

マーケティングの基本的。



追伸

大型台風が縦断の様相です。
くれぐれも安全第一でお願いします。



(えびはら)

適正利益を目指して!

こんにちは、海老原です。

ここ数年の動きですがGWを中心に新店が開業されております。

これだけでもどんな戦い方に移行しているのかわかりますね。

リニューアルは随時行われてますが、これも見ていると方向性がわかります。


各施設様々ですが、お客様は無意識に、価値/価格を判断しています。

お客様側は当然、価値が高く、価格が安い方がいいのですが、経営者側はそうも行きません。

この価値はどこまでの価格がつけられるか?が常に求められます。

ここに挑戦して、バランスの良い施設(利益が適正にでてる)を目指したいです!


策に溺れるな!

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

1月もはや1/3が過ぎたところで、失礼いたします。



各地の積雪のニュースが目につきますが、皆さんのところは如何でしょうか。
くれぐれも、お客様はもちろん、、皆さん自身も安全第一でお願いします。


この3連休はどうでしたでしょうか??


集客、売上アップを目指して策をいろいろ練ったことと思います。

策士策に溺れる、という諺がありますが、策に集中あまりに、基本を怠ることだけは避けたいです。


そんなの当たり前だよ、と思う程、我が身を振り返った方がいいかも知れません。

現金収入源をどんどん割引いた策はよく見受けられます。

策と共に基本戦略を組んで底堅い売上を作りましょう。

これからの温浴に求められることと推測してます。

2017年を皮切りにスタートしましょう!



(えびはら)

今年もありがとうございました!

こんにちは、海老原です。

またまた、久しぶりの更新となってしまい失礼します。



あっという間に今年も終わりがよく見える日付まできました。

毎年のことですが、終わりが見えると早かったなぁ〜と思います。


今年はどんな年だったのか?!


温浴研究会で、経済面、業界面から振り返えさせていただきました。

それを踏まえ、来年はどうする?ということもご案内しました。


これまでと変わらず行うこともありますが、実行レベルというか深度というか、もっと追求していく必要があるでしょう。


これからも共に切磋琢磨して、有意義な業界としていきたいです。



さて、今年の年末年始は暦があまりよくありません。
しかし、3連休が年末前、年始後にあり気をぬくわけにはいきません。


くれぐれも怪我、事故ないよう、お客様を迎えてください!


今回にて今年の更新の締めとさせて頂きます。

今年も1年ご愛読ありがとうございました!
2017年もよろしくお願いしますm(._.)m


笑売繁盛(^_^)v


(えびはら)

繁盛店ツアーを終えて

こんにちは海老原です。


久方ぶりの更新になってしまいました。


昨日、温浴研究会の皆さんである会員さんの施設をみて回りました。


日頃、どんな取り組みをしているか、例会の中で発表し合ってはいるものの、実際に足を運んで触れることで、ストンと腹落ちします。


施設をみて、話を聞いて、意見・感想を言い合って、段々と理解が深まります。


まだまだできることがある、変わらなきゃ、という声が多く聞こえました。


船井メンバーはよく言ってることですが、「師」と「友」作りは経営者にとっては大事なことです。


会員さん同士があるときは「師」となり、あるときは「友」となり、共に事業を成功させる場づくりをご案内できたらとの思いで運営してます。


昨日はまさに、いつもの「友」が「師」として学ばせて頂きました。


情報だけとればいい、という方は研究会という場にお入り頂くことはできません。


「師」「友」として、共に事業を成功させる志のある方をお待ちしております!



■==<無料!お試し参加>=====
 第112回 温浴施設経営研究会
 http://u271.com/kenkyukai/index.html
 申込フォーム:https://s135.secure.ne.jp/~s135102/u271.com/contactus.html
 日時:2017年2月6日(月) 11:30〜17:00 
 会場:蠢グ譱躪膰Φ羹蝓‥豕本社
====================




創業精神

こんにちは、海老原です。

ここ数日で寒くなってきましたね、体調は大丈夫でしょうか?

施設に寄っては、ありがたい寒さですね。


個人的なことですが、私は船井総研を中途で入社しました。
以前に勤めていた会社には、おせいじではなく、その時その時でこんなバカな私を構ってくれて感謝してます。
今だに、恩人はその時の上司です。


ささやかな個人的な経験から感じるのは、創業精神のインパクトです。会社の大黒柱の様に組織に浸透した時の推進力たるや、凄いですね。さらに、その組織の成功体験が素直に受け止められた時は、グイグイ伸びてました。今でも忘れられません。
一方、成功体験の受け止め方がズレると、その後にしっぺ返しがきてました。今思うとよくわかります。


年の区切り、リニューアルなどの施設での区切りなどは、見つめ直すいいタイミングです。


永続されてる会社は、脈々と受け継がれてます、それに学ばない理由はありません。


私達はその精神を大事にしたいと思ってます。




とある会社様の変化をみて感じました。



(えびはら)

日常生活からヒントをもらう

こんにちは、海老原です。

今月はなかなか太陽が出てくれないですね。
雨、風の被害がないことを祈ります。


船井総研では、"直感"ということを言われます。ここだけだと怪しいですが、お気づきの方が多く居られる通り、創業者からの言葉です。


創業者も言っている通り、直感を鍛えるには、それまでの"数"が大事になってきます。
集中して、ある"期間、一定の数"を見ることで直感力が養われます。


情報のシャワーを浴びる研究会、1日に集中して見る視察ツアーなどは、1日という限定ですが、数に多く触れます。


そこで、いや〜ウチは、、、となっては終わりです。(閉店ガラガラが聞こえます)



"数"に触れた後に、仲間と語り合うのも大事なことです。


脳の働きからしても活性させることは、大事なことです。


温浴施設だけでなく、日常を過ごす中からも多くのヒントをもらえることでしょう。


そんな場作りを提供できるよう日々頑張ります。





(えびはら)
Profile

船井総合研究所温浴...

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ