劇団うるとら2B団稽古場日記

劇団うるとら2B団が公演や、イベントを企画し、その稽古の進行状況などを公に披露するブログ

2017年03月

第33回公演 トラベルトラブル 公演概要

お待たせいたしました。次回公演のお知らせです。
チケット購入方法等については準備が整い次第、
追ってお知らせいたしますが、
皆様 予定をぜひ押さえておいてくださいね。

うるとら2B団 第33回公演 「トラベルトラブル」   
●脚本・演出: 門間利夫 

●会場: 大塚 萬劇場

●公演日程: 2017年6月14日(水)〜18日(日)
14日(水) 19:30〜
15日(木) 19:30〜
16日(金) 19:30〜
17日(土) 14:00〜☆/19:30〜
18日(日) 13:00〜/16:30〜※(公演開演17時半)

受付は上記開演時間の60分前から
開場は上記開演時間の30分前から
※最終日夜公演前に特別トーク企画があるため
会場時間等上記とは少し異なります。 →詳細は後日
☆17日昼公演はファミリー応援プラン有 →詳細は後日

●チケット料金(全席予約指定) 
前売 ¥3,500 / 当日 ¥3,800


●CAST: 
はざま秀一
まあや
平川瑞穂
八乙女真記子
伊東武志
上嶋茂雄
池上映子(CAPTAIN CHIMPANZEE)
悠月乃愛(Bard am Horizont)
瀧澤由舞
新 勝洋
紺乃鳳文
古川創太(Studio Life)
河野孝佳
門間利夫          

●STAFF: 
舞台監督 阿部けん
照明 (有)アイズ
音響 持田勝久・前原 修・島村幸宏
宣伝美術 むらかみけい
記録 河村昌美 鎮目雅也
企画制作 うるとら2B団

001aaa











こども美術館 (別枠)

〜違った意味で海賊現る!〜

16990995_1153356661458563_949288576_o











・・・なんか残念な二人・・・(爆笑)


そしてこれが前回の舞台
「COIL」で演じたプラチナ。
16521604_10155088770452682_1879839880_n













あ!左手の装飾、「使い回しだ!」と思った方・・・甘い!!
井戸田の「あまぁ〜〜い」より甘い!
・・・いやもうそれすら古いネタ・・・
「使い回し」なんて野暮な事はしませんよ!

普通、舞台の小道具は近くで見せる事はあまりありません。
なので多少大雑把に作ります。
あまり細かいと遠くから見て、
ゴチャゴチャになって分かりませんから。

それがコレ!
IMG_0851













下がサポーターになっているので、
手を突っ込めば装着できます。

そして今回の海賊用に・・・
実はそのつもりではなかったけど、
ちゃんとした物(?)が作りたくなって、
制作したのがコレ!
IMG_1172













並べて見ると違いがよく分かります。
IMG_1173













そして海賊のコート。
リサイクルショップで皮のコートを入手。
(¥980 女性用)
腕が細くて入らなかったので、
肩口から切り飛ばし、
腕の生地を切り貼りして肩周りに。
IMG_1140













更に残りの生地でファスナー付けたり
フックを付けたり色々飾りました。
IMG_1144














最終的にはボタンも取っちゃって、
全体を茶色のスプレー(染めQ)して、
なんとなくスチームパンクになってきた!
IMG_1178














・・・あれ?
・・・スチームパンク???
え・・・っと・・・海賊だよな確か・・・
・・・あれぇ??・・・

はい!
結果、「スチームパンクにハマった海賊」
という事になりました!
まったく自然な設定だな!うん。
(苦情は受け付けません・・・笑)

いや、正直言うとですね、
腕の装飾と同時進行してたら、
コートまで影響出ちゃった訳で。

ちなみに腕とコートの装飾、
ほぼ100均からの流用。
最初はこんな感じから・・・
IMG_1159













修正テープの外側部分を使って
ギアのケースにしてみたり。
同じ形なの分かりますか??
IMG_1165













この赤っぽい皮。
実はこれもコートの腕の生地・・・
「使い回さず」捨てるなんて、
そんな野暮な事はしませんよ!!

・・・あれ?・・・

てな訳で「こども美術館(別枠)」でした!


ではでは。


ひで

こども美術館 2

〜海賊現る!〜

子供たちのストーリーの中で、
「海賊が現れてたたかう」
というのがありました。
もうほぼRPGですよね・・・

・・・RPG・・・
ならばまんまRPG風の流れで作っろう!
と思い立って、ドラクエ風のちょっと古い、
でも馴染みのある画面を作り始めました。

とは言えわたくし恥ずかしながら、
イラストレーターやフォトショップという
ような高価なソフトは持ち合わせておらず、
普通のPCに入っている、
普通の「ペイント」で作ってみました。

↓ こういうやつね。
ペイントツール












そして三人のボスをラフデッサンしたのがコレ。
IMG_1371






片目のボス



IMG_1372 (1)






ヒゲのボス



IMG_1370








ガイコツのボス









で、これをペイントで書いてみたのがコレ!
海賊1














だめじゃん・・・全くだめじゃん・・・

ところがどこでどうスイッチが入ったのか・・・?
まず海。グラデーションをつけてそれなりに。
海








そして背景。
船の上という設定で、
以前作った違う絵を切り貼りしながら
こんな感じに。
ボス背景








そして書き上げた片目のボスがコレ!
片目のボス2










おい、どうした?どうした?
なぜいきなり書けた????
で、ヒゲのボス!
IMG_1376
ヒゲのボス2




















ガイコツのボス!
ガイコツのボス











そして最後はボールを使って実際に倒す
「ラスボス」、大きさが1m50cmくらいあるパネル。
これは3人のボスを掛け合わせました!
ラスボス













このパネルに大きめの穴を二つ開けて、
いくつか玉が入ると横に倒れる仕組み。
このバランスを取るのが難しかった・・・。

といった訳で今回はここまで!

次回は・・・なんにしようかなぁ??


ではでは


ひで

こども美術館

ご無沙汰しております。

最近の2B団は、次回公演に向けて着々と・・・ぇ?
・・・それなりに・・・ぃゃ・・・なんとなく・・・
準備を進めております。

がその前に、お世話になっているNPO法人
「リンク・スマイル」さんのお手伝いとして、
江東区文化センターで先月末、
「こども美術館」に参加しておりました。

座長は『舞台装置技術』として、
プレイランドの仕掛けを担当。

平川・八乙女・伊東は仕込みや当日の案内、
最近ご無沙汰している我が劇団の「電気課」
野崎君が『特殊効果技術』を担当。

そして私ひでは『舞台美術』兼『総合プロデュース』
なんて大それた肩書をもらい頑張りました!

この「こども美術館」は、
小学低学年や年長の子供たちが
みんなでストーリーを作り、
それに合わせて粘土細工やら何やらと、
「海」の物語を作り上げていきました。

そこに、
「いけばな雪舟流」次期家元 増野光晴さん
「美術絵画講師」 板垣すが子さん
「プロカメラマン」 織田紘さん
「イラストレーター」 東京Aリスさん
という大人たちが加わり、
子供たちのストーリーをサポートしました!
(ちなみに僕以外はみんなプロ(汗))

つまり、子供と大人のコラボ美術館なのです。

で、ここでは僕が担当した「舞台美術」
の制作過程なんかを載せていきたいと思います。

まずは冒険にはお馴染みの「宝箱」(笑)
子供たちのイメージでは、
海の底に沈んだ金色宝箱との事。
なのでまず黄色のスチレンボードで
土台を作りました。
宝箱0











手前のジャンプは大きさの比較ね。
で、装飾をつけてこんな感じ。
5












問題なのが中身。
子供たちのストーリーでは、
「宝箱を開けるとそこにはもう一つの海」
無茶言うわ〜〜〜(涙)
なので透明レジンを使ったりして
こんな感じに。
宝箱1












周りにはスチロールで作った海底の岩。
そこに生け花の増野さんが周りをサポート
して下さって、こんな感じに。
宝箱2 (2)










写真では判りづらいのですが、
周りに泡の映像をプロジェクターで映して、
ものすごくいい感じになりました!

次回は「海賊現る!」をお送り致します。


ではでは

ひで
Recent Comments
メッセージ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
個人情報について
本ブログに掲載している個人情報は、すべて当該本人の承諾を得ているものです。
  • ライブドアブログ