『クレヨンしんちゃん 雲黒斎の野望』(クレヨンしんちゃん うんこくさいのやぼう)は、1995年4月15日に公開された『クレヨンしんちゃん』の劇場映画シリーズ第3作目。キャッチコピーは『しんちゃん、3回だいへんしん!』。上映時間は94分。興行収入は約14億円。注意:以降の記述で物語・作品・登場人物に関する核心部分が明かされています。あらすじ30世紀の未来のタイムパトロール隊員リング・スノーストームが、鉄アレイ型のタイムマシンに乗って、時空間を進んでいると、突然、謎の時空魚雷がタイムマシンを攻撃してきた。なんとか攻撃を振り払い脱出したが、たどり着いた場所はなんと、現代の野原家の地下だった。タイムマシンから出られないリングは、緊急非常用のマイクロマシンを使い、野原家のペット・シロの体を借りて、しんのすけ、みさえ、ひろしの3人に、戦国時代の謎の人物・雲黒斎が歴史を書き換えようとしている事を伝える。3人は万能ジャージ(タイムスーツ)に着替え、緊急用の3人乗り球体型タイムマシン(使い捨て)に乗り込むと、16世紀の戦国時代へとタイムスリップして行った。一家が降り立ったのは、春日部城の跡地であった。そこへ雲黒斎の手下の忍者軍団が襲いかかるが、謎の少年剣士がこれを蹴散らす。その剣士・吹雪丸は春日部城の跡取りで、城が雲黒斎に攻め滅ぼされてしまったという。吹雪丸は「城が危機に陥ったとき、3人と1匹の勇者が現れ、危機を救う」という言い伝えを聞かせ、野原一家に協力を求める。自身たちの身にも危険が迫ったことで最初は拒絶の意を示そうとした一家も、忍者にみさえのバッグ(預金通帳・実印入り)を奪い去られてしまった事から協力せざるを得なくなってしまう。目的地である雲黒城を目指す野原一家と吹雪丸の前に、雲黒斎の部下・またたび猫ノ進が現れ、吹雪丸は危機に陥る。しかし"たすけてケスタ"という不思議な呪文を唱えたしんのすけは、ゴキブリの姿に変身し、吹雪丸との連携攻撃により猫ノ進を撃破した。しかしその直後、今度は同じく雲黒斎の部下であるダイアナお銀が現れ、みさえとひろしはビー玉に姿を変えられてしまう。果たして、しんのすけとシロ、吹雪丸は雲黒斎を倒す事が出来るのか。そして、歴史を守る事ができるのか。概要『クレヨンしんちゃん』の映画シリーズ第3弾。タイトルは原作者の臼井儀人が直々に命名した。また、臼井が映画の原作漫

<殺人未遂容疑>仙台育英高の留学生逮捕 生徒刺す(毎日新聞)
毎日記者らの賠償確定 連載記事で名誉棄損(産経新聞)
マンション協力金 不在所有者の負担認める 最高裁判決(毎日新聞)
公訴時効見直しで対案=「撤廃」で一致せず-法制審部会(時事通信)
首相「税金払ってなかったことも知らなかった」(読売新聞)