鳩山由紀夫首相は23日午前の参院本会議で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を5月末までに決着させる方針に関し、「すべての政策に職を賭す覚悟で臨んでいる。その中に普天間の移設先の問題も当然含まれる」と述べた。山本一太氏(自民)への答弁。
 首相は21日の党首討論で「すべての政策実現に向けて職を賭して頑張る」と発言した。今回の答弁で、普天間移設に直接言及して「職を賭す」覚悟を示したことで、期限内に決着できなかった場合、進退を問われる可能性がある。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

ぞうきん無断で燃やした女逮捕 尼崎、周辺で数十件発生(産経新聞)
【私も言いたい】「郵政改革案」 「民業圧迫だ」7割に(産経新聞)
民主「飛んでイスタンブール」庄野真代さん擁立へ(産経新聞)
<掘り出しニュース>鉄道ファンもびっくり! 銭湯にNゲージ 愛知・一宮(毎日新聞)
<三笠宮妃百合子さま>愛育班員全国大会に出席(毎日新聞)