覚せい剤と大麻を所持していたとして覚せい剤取締法違反(所持)などの罪に問われた、さいたま市北区、京都大経済学部4年、吉岡風志被告(28)の判決公判が12日、大阪地裁であった。今井輝幸裁判官は「自分で密売人から購入しており、違法薬物に抵抗感がない」と指摘した一方「犯罪事実を認め、反省している」として懲役1年8月、執行猶予3年(求刑・懲役2年)の有罪判決を言い渡した。

 判決によると、吉岡被告は昨年10月、大阪市西成区の路上で覚せい剤約0.01グラムと大麻草約0.865グラムを所持していた。弁護側は、吉岡被告は統合失調症で犯行時、心神喪失状態だったと無罪を主張。これに対し判決は、警察官の職務質問を受けた際に、覚せい剤を「研究用で自分のものではない」と弁解したことなどから完全責任能力があったと認定した。【苅田伸宏】

【関連ニュース】
覚せい剤:JAYWALKの中村被告に有罪判決 東京地裁
覚せい剤密輸容疑:熊本大研究員を逮捕 引越し荷物に
覚せい剤裁判:JAYWALK中村被告に懲役2年の求刑
向精神薬:譲渡容疑で被告を追送検 神奈川県警
向精神薬:生活保護受給者の処方薬ネット転売 男追送検へ

6月に緩和ケア市民フォーラム(医療介護CBニュース)
女性遺体 死因はくも膜下出血 殴られたような傷 横浜(毎日新聞)
水道事業海外展開 都、国と協力で一致 3大メジャーに対抗へ(産経新聞)
覚せい剤密輸で邦人拘束=中国青島―2.5キロ所持、厳罰の可能性再び(時事通信)
<石神さん>「女性の願いを一つだけかなえる」 鳥羽・神明神社、女性参拝客増える(毎日新聞)