新手のインターネットビジネス「ドロップシッピング」をうたい、「すぐに元が取れる」との虚偽の説明で多額の請負代金を受け取っていたとして、消費者庁は9日、ネット関連業者「ウインド」(東京都品川区)に対し、特定商取引法に基づき6か月の取引停止を命じた。

 ドロップシッピングは、メーカーなどが在庫として抱える商品を個人で仕入れ、サイト上で宣伝・販売する。売り上げに応じて収入を得られるとして、ここ数年、サラリーマンや主婦の副業として人気がある。

 同庁によると、同社はドロップシッピングによる商店開設者を募り、サイト運営や仕入れ、発送といった一連の業務を約20万~100万円超で請け負う契約を結んでいた。勧誘時に「月100万円くらい稼げるのですぐ元が取れる」とうその説明をしたり、パンフレットに架空の人物の「成功例」を載せていたという。

 同社は2008年からの2年間で約600人と契約、約8億6000万円を売り上げたが、契約者から「開店しても売り上げがない」などの苦情が全国の消費者相談窓口に寄せられていたという。

諏訪大社の御柱祭、勇壮な「木落し」始まる(読売新聞)
<キヤノン工事脱税>大光前社長の腹心 被告に実刑判決(毎日新聞)
奈良先端大、業務効率化でも1位(読売新聞)
<転落死>ラグビー元代表・渡辺泰憲さん 鎌倉駅で (毎日新聞)
「1Q84」300万部突破=BOOK3、発売前に増刷(時事通信)