環境省は26日、新潟県佐渡市でひなの誕生が期待されていた放鳥トキのペアのうち、雄が卵1個を巣の外に捨てたと発表した。22日にもこのペアの雌が卵1個を捨てている。巣にはまだ1個以上の卵があり、ふ化の可能性は残っているという。

【写真特集】トキ:放鳥から半年…7羽、たくましく越冬(09年3月)

 同省によると26日午後5時15分ごろ、巣に座り込んで卵を温めていた雄が、卵1個をくちばしで割ったうえで巣の外に捨てた。様子を観察していた環境省佐渡自然保護官事務所の笹渕紘平自然保護官によると、割られた卵の中にひななどは確認されず、無精卵か、発育が止まった有精卵とみられるという。

 このペアは08年に放鳥された4歳の雄と09年放鳥の1歳の雌。3月28日に雄と雌が交代で卵を温める「抱卵」行動が確認されて以来、トキのひなが通常かえる28日を経過しており、近くふ化することが期待されていた。

 ふ化の36時間前には、ひなが卵の中から殻を突つく「はし打ち」という行動を取るとされるが、26日午前にはこのペアが巣の中で頻繁に立ち上がるなどの様子が観察されていた。笹渕保護官は「もう1個(の卵)が無事にかえることを願っている」と話した。【畠山哲郎】

【関連ニュース】
【関連写真特集】毎日動物園・鳥類別館
トキ:繁殖うらやましい? ペアの巣に別の雌接近
トキ:雌が卵1個を巣の外に捨てる 残る2個にふ化可能性
トキ:佐渡から「分散飼育」のひなかえる いしかわ動物園
トキ:新たに1組産卵か 3組目に 環境省が発表

子宮頸がん 若い世代、低い認知度 20代前半で半数以下(産経新聞)
普天間移設 沖縄の代表団官邸に 長官「負担軽減に配慮」(毎日新聞)
2つの政党が略称「日本」で 中央選管が受理(産経新聞)
公務員法成立は連休明けにずれ込み(産経新聞)
鳥海山のふもと原油噴出、1日ドラム缶3本分(読売新聞)