鳩山由紀夫首相は19日、韓国の李明博大統領と電話で協議し、北朝鮮が関与した疑いが強まっている韓国の哨戒艦沈没事件について、李大統領から調査状況の説明を受けた。鳩山首相は犠牲者とその家族に対する哀悼の意を表明したうえで、「(韓国を)しっかりと支持していきたい」と伝えた。両首脳は今後の対応について日韓、日米韓で緊密に連携することを確認した。調査結果は20日に発表される予定。【吉永康朗】

【関連ニュース】
上海万博:威信かけ、出番待つ 各国首脳が出席 1日開幕
韓国:光州事件から30年 追悼式典に2000人が参列
韓国:統一地方選 事実上スタート
韓国:ソウル市長候補に韓元首相を決定 野党・民主党
韓国:李大統領が北朝鮮関与を示唆 哨戒艦沈没で

首相、沖縄知事と会談=日米合意内容を説明―普天間(時事通信)
種牛49頭「助命」認めず…農水副大臣(読売新聞)
山崎直子飛行士 帰国後初会見 「月や火星にも行きたい」(毎日新聞)
<高額療養費制度>改善を…厚労相に要望書提出(毎日新聞)
遺棄女性へ保険2100万、発見直前に半分解約(読売新聞)