亀井静香郵政改革・金融相は29日の記者会見で、参院予算委員会でヤジに対して「うるさい」と怒鳴ったことについて、「うるさいからうるさいと言っただけの話だ」と開き直った。

 鳩山由紀夫首相が自制を促した28日の臨時閣僚懇談会についても、「注意のためじゃなくて、打ち合わせ」と悪びれずに語った。

 一方、民主党の平田健二参院国対委員長は29日の会見で、閣僚のヤジに関し「野党気分が抜けないんだねえ、閣僚の皆さん。嘆かわしいわ、ホント」と、こぼした。だが、亀井氏の“不規則発言”はとどまるところを知らず、29日の雑誌など向けの記者会見では、小泉純一郎元首相が進めた郵政民営化による郵政5分社化について、「純ちゃんが神戸の少年じゃないけれど、切り刻むのが趣味じゃなかったんだろうけれど、切り刻んだ」と発言したことが明らかになった。

NHK 福地会長、任期満了前に辞任の意向(毎日新聞)
船田・元衆院議員が週刊新潮を提訴 不倫報道は「事実無根」(産経新聞)
逮捕の3人、供述食い違い…陸山会事件(読売新聞)
男性胸切られ死亡=車に助け要請、殺人で捜査-福島県警(時事通信)
首相、日本郵政社長は「天下りではない」と強弁(産経新聞)