母親の遺体を自宅に約半年間放置したとして、長野県警諏訪署は4日、住所不定、会社員古市輝雄容疑者(66)を死体遺棄容疑で逮捕した。

 発表によると、古市容疑者は昨年8月頃、長野県諏訪市上諏訪にある母しづ江さん(93)の自宅で、しづ江さんが死亡しているのに気付いたのに放置した疑い。古市容疑者は容疑を認めているという。

 古市容疑者は、しづ江さんと2人暮らしをしていたが、現在は家を出ていた。遺体に目立った外傷はなく、同署は5日にも司法解剖して死因を調べる。

 4日昼頃、近所の人が、「昨年10月頃から、古市さん親子の姿が見えない」と通報。同署員が、1階居間でしづ江さんが死亡しているのを発見した。しづ江さんには布団がかけてあった。

入院患者から高濃度インスリン、殺人未遂で捜査(読売新聞)
<子ども手当>11年度から給食費に導入検討 首相が指示(毎日新聞)
貴金属2000万円相当窃盗 天満橋の宝石店 ケース割られ(産経新聞)
誤信殺人の被告に実刑=「責任重い」-横浜地裁の裁判員裁判(時事通信)
東京都立白鴎高校付属中学の適性検査で出題ミス(産経新聞)