真宗興正派本山の興正寺(京都市)は19日、同寺に伝わる雲龍図(縦1メートル15、横2メートル)の掛け軸が、江戸時代前期の絵師・狩野探幽(たんゆう)(1602~74)の作品であると発表した。

 三井記念美術館(東京)が鑑定したところ、落款が同館の所蔵する探幽の印鑑と一致した。同寺の依頼で1671年に描かれたものという。

【医薬最前線】第1部 ドラッグ・ラグの行方(3)混合診療「なぜ自己負担」(産経新聞)
<片山清司さん>十世片山九郎右衛門を襲名へ(毎日新聞)
秋篠宮さまのタイご訪問、日程を変更(産経新聞)
<岡田外相>「時の政権が判断」 米国の核艦船立ち寄り要求(毎日新聞)
SOPHIAがライブ活動休止(時事通信)