自民党は22日、持ち回りの選挙対策本部会議を開き、夏の参院選の比例代表候補として、プロ野球巨人前監督の堀内恒夫氏(62)を公認することを決めた。
 堀内氏は同日午後、党本部で記者会見し、「お子さんにバランスの良い体をつくって大きくなってほしい。それをやるためには野球界よりは、表に出て違う角度から見つめ直しながら、スポーツ界に恩返しができないかと思い、政治の世界に飛び込もうと思った」と立候補の決意を語った。 

【関連ニュース】
【特集】昭和の春「思い出甲子園」~怪物江川、ドカベン香川、KKコンビ~
〔写真特集〕阪神タイガース、高校野球を愛する人へ=甲子園歴史館
開成山野球場リニューアルオープン=福島県郡山市〔地域〕
発掘調査事務所燃える=国指定の鴻臚館跡

【高速道路新料金割引】 四国料金問題「見直すつもりない」…前原国交相(レスポンス)
水俣病 救済を閣議決定 未認定3万人超対象(毎日新聞)
「一国の首相に失礼だ」藤崎駐米大使が米紙のコラムに不快感(産経新聞)
「睡眠薬売れるねん」操られる生活保護受給者(読売新聞)
ホッキョクグマ、道具を使って餌取り 天王寺動物園(産経新聞)