政府は23日午前の閣議で、自衛隊の1等陸佐が日米関係に絡んで鳩山由紀夫首相に批判的な発言をしたことについて「幹部自衛官の公の場における発言としてふさわしくない」とする答弁書を決定した。鈴木宗男衆院議員(新党大地)の質問主意書に答えた。
 この1佐は「(日米)同盟は『信頼してくれ』などという言葉だけで維持されるものではない」などと発言。これに対し、答弁書は「国家の意思に基づき行われる政治や外交の役割を否定していると受け取られかねず、首相の発言をやゆしているという誤解を招く」としている。 

【関連ニュース】
自民、審議拒否続ける=駆け引き激化へ
納税義務果たした=鳩山首相
普天間、最善の案目指す=鳩山首相
自民、勝算なき欠席戦術=強気の民主に懸念も
知事選敗北、官邸に衝撃=参院選へ厳しさ増す

政治とカネ 企業なら「知らない」で済まない(産経新聞)
<自民党>予算委員長の解任決議案を提出(毎日新聞)
未明の西武新宿線踏切事故、高校入試も遅らせる(読売新聞)
<折りたたみ自転車>5製品でハンドル抜ける欠陥(毎日新聞)
<火災>住宅が全焼 82歳と79歳の夫婦死亡 三重・松阪(毎日新聞)