金沢市の山中でスーツケースに入った女性の切断遺体が見つかった事件で、石川県警捜査本部は22日、死体遺棄容疑で逮捕した同市安江町、無職、飯沼精一容疑者(60)を殺人容疑で再逮捕した。県警によると「自分で首を絞めた」と供述しているが、「殺すつもりはなかった」と殺意は否認しているという。

 容疑は、昨年10月6日未明、飯沼容疑者の自宅近くに止めた自分の軽ワゴン車内で、雑誌の風俗広告で知り合った韓国・済州島出身の女性、康善福(カン・ソンボク)さん(32)と金銭を巡って口論になり、康さんの首を絞めて殺害した、とされる。

 捜査本部の調べでは、飯沼容疑者は康さんを殺害後、頭部を切断し、胴体をスーツケースに詰めて金沢市二俣町の山中へ捨てたとされる。頭部も一緒に捨てたと供述しているが、発見されていない。スーツケースが先月29日に見つかり、飯沼容疑者は今月1日に自首。翌日、死体遺棄容疑で逮捕された。【松井豊、宮本翔平】

【関連ニュース】
金沢切断遺体:飯沼容疑者を殺人容疑で再逮捕へ
金沢切断遺体:韓国・済州島出身の女性と断定
金沢女性遺棄:遺体は行方不明の30代韓国人女性か
スーツケース遺体:逮捕の男「遺体は韓国人」と供述
スーツケース遺体:出頭の男逮捕、女性遺棄容疑で 金沢

新型スカイライナー 走行試験が本格化 成田と都心結ぶ(毎日新聞)
園田氏「郵政民営化は守る」(産経新聞)
バイクで500万円入りバッグひったくり 東大阪(産経新聞)
<東北新幹線>緊急ブレーキ作動で一時運転中止 7千人影響(毎日新聞)
所管全法人の会計を検査=千葉法相(時事通信)