政府は18日、世界遺産条約関係省庁連絡会議を開き、平泉の文化遺産(岩手県)と小笠原諸島(東京都)を世界遺産候補として正式に推薦することを決めた。月内に国連教育科学文化機関(ユネスコ)に推薦書を提出する。併せて、世界文化遺産の石見銀山遺跡(島根県)の登録範囲拡大も申請する。
 平泉と小笠原諸島は、2011年のユネスコ世界遺産委員会で登録の可否が審議される。平泉は08年にいったん登録が見送られており、構成を絞り込んだ上での再推薦となる。 

【関連ニュース】
【動画】岡本太郎のモザイクタイル壁画下絵を初公開
【Off Time】高野山-天空の宗教都市で過ごす時間
〔写真特集〕驚くべき自然 人類の英知 世界遺産
〔写真特集〕発掘・出土品
〔写真特集〕日本と世界の古文書

<陸山会土地購入>虚偽記載、池田元秘書も容疑認める(毎日新聞)
政治家、秘書と「同罪」ではない=鳩山首相(時事通信)
「11年に組員殺害」 強殺で起訴の男再逮捕へ 宮城(産経新聞)
「アバター」が作品賞、監督賞の2冠-米Gグローブ賞(時事通信)
新型インフルで血液製剤回収、昨年64件(医療介護CBニュース)