鳩山由紀夫首相は12日朝、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる収支報告書虚偽記載事件で起訴された石川知裕被告が民主党を離党したことについて、「自身が熟慮に熟慮を重ねて結論を出した。それなりに重い。出処進退は自分で判断すべきものだから、その判断のもとで党として最終的な判断を決めることになる」と述べた。首相公邸前で記者団に答えた。

 石川被告が離党を決断するまでに時間がかかったことについては「地元に帰ればいろんな、甘い声、ありがたい声も聞こえるから、そのような気持ちになったのかもしれない」と語った。

【関連記事】
世論無視…小沢幹事長ついに身内からも強烈ヤジ「辞めろ!」
(上)小沢氏の監督責任は「あたらない」 石川議員 離党会見詳報
平野官房長官「どうのこうのと言う立場にない」
石川議員離党は“尻尾切り” 公明・山口代表
「検察の暴走、別件逮捕だ」 民主・福田氏が石川被告捜査を批判

<石巻2人刺殺>元交際相手の少年ら侵入後すぐに2階に(毎日新聞)
枝野氏を行政刷新相に起用(時事通信)
老人施設火災 理事長ら2人を逮捕 業務上過失致死容疑(毎日新聞)
山本病院 死亡患者だけ執刀 理事長「簡単な手術や」(産経新聞)
<新衆院議員会館>「小沢系」「非小沢系」部屋割りくっきり(毎日新聞)